HOME 【Headline】今日の陸上ニュース(過去記事)※2024年6月~

陸上関連のニュース記事のLINKを毎日更新!
陸上関連のニュース記事のLINKを毎日更新!
●6月14日
女子三段跳び 浜松市立・冨士盛智咲、全国切符を目指す・・・陸上東海高校総体14日開幕(スポーツ報知)
【陸上】「世界一楽しい地獄」で走り、景色、キンメダイみそ汁など満喫 伊豆稲取キンメマラソン(日刊スポーツ)

●6月13日
開志国際の川浦もえ「どちらかと言えば悔しい」8センチ差2位 北信越高校総体陸上女子砲丸投げ(日刊スポーツ)
川内優輝「練習量は通常の8〜9割まで戻せてきたので…」(サンスポ)
瀬古利彦氏、井上咲楽は「マラソンだけじゃなくてトレイルランにも挑戦するらしい」(サンスポ)
IOCがメダリスト賞金に否定的な考え示す 世界陸連新制度など受け(サンスポ)
パリ五輪の難コースに挑むマラソン前田穂南 「20g軽くなった」新厚底シューズの威力(産経新聞)

●6月12日
陸上か就職か…揺れる思いを聞いた採用面接官、驚きの決断(毎日新聞)
五輪マラソン史上最難関コース “走って”みたら高低差、石畳、急坂…日本勢も警戒する難所は(スポニチ)

●6月11日
パリパラ代表内定の中西選手、東広島市長を訪問 「6メートル跳び優勝したい」(中国新聞)
県勢奮闘、3人V 伊勢市で日本パラ陸上(中日新聞)
男子やり投げ 元高校球児の比嘉遥が連覇 九州実業団陸上競技選手権(毎日新聞)
ウサイン・ボルト氏 サッカー試合中にアキレス腱断裂も「俺たちは戦士だ」SNSに投稿(スポニチ)
ボルト氏、アキレス腱断裂!サッカー試合中に転倒 それでも心は折れず「俺たちは戦士だ」(日刊スポーツ)

●6月10日
[パラ陸上・日本選手権]新潟県勢・松田將太郎(長岡AC)が男子100、200で2冠獲得 三須穂乃香(新潟村上市出身)は女子100で2位(新潟日報)
【陸上】サニブラウン パリ五輪で「メダルを獲りたい、目標は1位」 課題改善のため取り組んだこと(スポニチ)
【陸上】400m・佐藤風雅「人生を変えに行く」日本選手権V経由でパリ五輪へ(スポニチ)
【陸上】佐藤風雅「人生を変える」初五輪狙う28歳のロングスプリンター、日本選手権へ強い決意(日刊スポーツ)

●6月9日
全日本大学駅伝関東選考会に2年ぶり参加の東洋大はルーキーを積極起用へ(スポーツ報知)(スポニチ)
全日本大学駅伝関東選考会の出場校と登録選手発表 東洋大、早大などが7枠を争う 東農大の前田和摩はメンバー外(スポーツ報知)
【陸上】サニブラウン主催「DAWN GAMES」西日本エリア予選開催!小中高生約300人参加(日刊スポーツ)
【パラ陸上】5月の世界選手権銀の川上秀太が10秒98で優勝 男子100m視覚障害T13(日刊スポーツ)
【全日本大学駅伝】東農大・前田和摩がメンバー外れる…東洋大は石田洸介ら登録/関東地区選考会(日刊スポーツ)
【陸上】一山麻緒、パリ五輪前最後の実戦「良くはないけど許容範囲」10キロで35分41秒(日刊スポーツ)

●6月8日
一山は10キロで35分41秒 五輪マラソン代表、NYで(朝日新聞)
飯澤千翔が1500メートルで3度目の日本歴代2位「次こそ日本記録を出したい」(スポーツ報知)
駒大の山川拓馬が箱根駅伝以来、約5か月ぶりにレース復帰 藤田監督は「体調に問題ありません」(スポーツ報知)
大島健吾、100メートルで大会新 パラ陸上日本選手権(サンスポ)

●6月7日
東大史上最速ランナー・秋吉拓真 第101回大会へ「1区を走ってみたい」(スポーツ報知)
【箱根への道】東大史上最速ランナー「連合の存在意義を分かってもらう」4種目で東大記録保持(スポーツ報知)

●6月6日
パリ五輪とパラ 陸上で「メダル狙う」 スバルの男子2選手・三浦選手と唐沢選手が群馬県庁で抱負(東京新聞)
キプルトを6年資格停止 ドーピング違反の24歳ケニア選手 19年世界陸上1万メートル銅メダル(産経新聞)
サニブラウン 金だけ目指す 陸上男子100メートル日本勢初メダルへ強気「9秒8台も見えてくる」(スポニチ)
ロネックス・キプルトを6年資格停止 ドーピング違反で/陸上(サンスポ)

●6月5日
川内優輝選手と走ろう 真岡井頭マラソン大会にゲスト 参加申し込み受け付け中(下野新聞)
国民スポーツ大会、今後の在り方などを協議へ 日本スポーツ協会が有識者会議設置(産経新聞)
「これからも応援しています」首相、青学大の原晋監督を激励 箱根駅伝優勝を報告(産経新聞)
パリ五輪会場、順調に整備進む 開幕まで50日、最終段階へ(朝日新聞)
日本選手権が選考会に 世界選手権東京大会の競歩/陸上(サンスポ)

●6月4日
国民スポーツ大会を抜本改革、施設基準を緩和し分散開催も可能に…自治体の負担を減らす方針(読売新聞)
川内優輝「ドアを開けようとした瞬間に『川内さん!』の声。『FRIDAYか!』と…」(サンスポ)
【陸上】やり投げの崎山雄太が76m93で2位、北口榛花はコンディション不良で欠場(日刊スポーツ)
【陸上】世界陸連が新たな世界大会を創設、26年ブダペストで開催 金メダリストに2350万円(日刊スポーツ)
やり投げの崎山雄太が2位、北口榛花は欠場 コンチネンタルツアー・ブロンズ/陸上(サンスポ)

●6月3日
国立競技場、528億円でドコモなどが運営へ 公費による赤字補塡回避(産経新聞)
【陸上】飯塚翔太、200m4大会連続五輪へ「日本選手権で優勝」リレー侍復帰へ100m参戦も(スポニチ)
【陸上】4大会連続五輪懸かる飯塚翔太「燃えている」日本選手権100&200m参戦可能性示唆(日刊スポーツ)
世界陸連が大会新設「アルティメット・チャンピオンシップ」 各王者が集結、26年から(サンスポ)
やり投げ北口榛花が国際大会を欠場へ コンディションの問題で/陸上(サンスポ)
今季躍進、五輪へ名乗りの阿部竜希 「憧れてはいけない」先輩の存在(朝日新聞)
サニブラウン、パリ五輪内定から中2日のレースは10秒28 2戦連続9秒台はならず…ダイヤモンドリーグ(スポーツ報知)
田中希実が1500メートルで9位 4分2秒98、パリ五輪の参加標準記録に0秒48届かず…ダイヤモンドリーグ(スポーツ報知)
【陸上】サニブラウン、日本人初2戦連続9秒台ならず 10秒28で5位、パリ五輪内定中2日(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実1500mで4分2秒98、パリ五輪参加標準に届かず 東京五輪後の自己最高も(日刊スポーツ)
青学大・鶴川正也が13分24秒90をマーク 黒田朝日も好タイム 日体大記録会/陸上(サンスポ)
駒大・篠原倖太朗、自己ベストも日本選手権出場は厳しく「大きく崩れてしまった」 日体大記録会/陸上(サンスポ)
田中希実、パリ五輪参加標準に及ばず サニは10秒28で5位/陸上(サンスポ)
【陸上】日体大記録会 6・2(サンスポ)

●6月2日
高橋和生選手(花巻北高出)「メダル持ち帰る」 パリへ意気込み(岩手日報)
「誇り持ちパリ駆け抜けたい」 天満屋・前田選手 岡山で励ます会(山陽新聞)
競歩、五輪代表の古賀友太3連覇 関西実業団陸上最終日(中日新聞)
女子マラソン前田穂南「世界で勝負できる誇り持つ」 五輪へ新型の厚底シューズも手応え(産経新聞)
【陸上】桐生祥秀、10秒19で7位「スゲー悩んでいたけど…」日本選手権へ「きっちり仕上げる」(スポニチ)
【陸上】福部真子、12秒99で布勢スプリントV 今季から新ユニ着用の理由は「外腹斜筋」(スポニチ)
【陸上】桐生祥秀、10秒36で予選通過 デーデー・ブルーノや坂井隆一郎も決勝へ(スポニチ)
【陸上】村竹ラシッド、急きょ布勢スプリント欠場「アップ中に足に違和感。日本選手権に備えて」(スポニチ)
【陸上】福部真子、13秒05で予選突破「朝イチにしては良かった」午後の決勝でパリ五輪参加標準突破を(スポニチ)
女子マラソンパリ五輪代表の前田穂南、6月は米国・アルバカーキ合宿で「起伏を使ったコースでの練習も取り入れて」(スポーツ報知)
鶴川正也が5000Mで13分24秒90の青学大新記録! 原晋監督は日本選手権で入賞期待(スポーツ報知)
【陸上】前田穂南「何が起きても大丈夫」自然体で2度目五輪 女子マラソン日本記録保持しパリへ(日刊スポーツ)
福部真子、12秒99で優勝 布勢スプリント/陸上(サンスポ)
鈴木涼太、10秒06で2連覇 追い風2・8メートルで参考記録/陸上(サンスポ)
前田穂南が公開練習「ピークを合わせていくにはいい状態」 パリ五輪では新シューズ導入も/マラソン(サンスポ)
桐生祥秀は10秒36、坂井隆一郎は10秒22で決勝へ 布勢スプリント男子100メートル/陸上(サンスポ)

●6月1日
滋賀からパリへ 陸上走り高跳びの瀬古優斗選手 日本選手権3位以内目指し、いざ「飛躍」(京都新聞)
サニブラウン 9秒99で五輪内定!100メートルで初 東京200に続き2大会連続「肩の荷が下りた」(スポニチ)
田中希実 3000メートルで日本新!2秒更新「胸を張って正真正銘の日本記録と言える」(スポニチ)
サニブラウン 「言葉でうまく説明できない」新たな感覚で前進(スポニチ)
松田瑞生「家族や山中監督と話して」29歳誕生日に現役続行明言 関西実業団選手権女子1万メートルで2位(スポニチ)
男子3000メートル障害パリ五輪代表・三浦龍司 五輪調整優先で日本選手権は回避(スポニチ)
サニブラウン、100メートルでは初の五輪決定!目標堂々と「金メダルに届きたい」(スポーツ報知)
【陸上】男子110m障害・村竹ラシッド「日本選手権に向けてしっかり弾み」布勢スプリント出場(日刊スポーツ)
植本尚輝と壱岐あいこが200メートルV 関西実業団選手権第2日/陸上(サンスポ)
男子5000mは清水颯大が優勝 1万Vの近藤幸太郎は5位/陸上(サンスポ)
ドルーリー朱瑛里、岡山県高校総体の女子800メートルで優勝 「次の大会に向けて頑張っていきたい」中国大会へ駒を進める/陸上(サンスポ)

過去のニュース
2024年6~
2024年1~5月
2023年7~12月
2023年1~6月
2022年10~12月
2022年7~9月
2022年6月
2022年4~5月
2022年1~3月
2021年10~12月
2021年8~9月
2021年5~7月
2021年1~4月



RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top