HOME 【Headline】今日の陸上ニュース(過去記事)※2022年7月~2022年9月

陸上関連のニュース記事のLINKを毎日更新!

●9月30日
カネボウ陸上部、「花王」に名称変更 運営体制に変更なし(毎日新聞)
マラソン元日本記録保持者の高岡寿成らを生んだ名門のカネボウが花王にチーム名変更(スポーツ報知)
消えるカネボウ陸上部、伊藤国光さん「寂しいが、新たな名称で活躍を」(中国新聞)
所在が分からぬニューイヤー駅伝の優勝旗 新調してHondaに授与(毎日新聞)
ニューイヤー駅伝“消えた優勝旗”9カ月遅れでVホンダに授与 富士通が全額負担で再作成(デイリースポーツ)
ニューイヤー駅伝、新製作の優勝旗を9か月遅れて贈呈…ホンダ主将「優勝の実感沸いた」(読売新聞)
絶望感も経験、3年間の空白から戻った42歳の現役スプリンター…末続慎吾の新たな挑戦(読売新聞)

●9月29日
桐生、難病罹患を公表=休養終え活動再開に意欲―陸上(時事通信)
桐生祥秀、10月から活動再開 大学2年で潰瘍性大腸炎を診断されたことを告白(スポーツ報知)
桐生祥秀、難病患っていた「一生治らない」大学2年時に国が「指定難病」定める潰瘍性大腸炎発症(日刊スポーツ)
ファラー、負傷でロンドン・マラソン欠場(AFP=時事)
鈴木亜由子、パリ五輪へ再スタート よみがえった闘争心―女子マラソン(時事通信)
ファラーが欠場 ロンドン・マラソン(時事通信)
立大、55年ぶり箱根駅伝へ手応えの夏合宿…予選会突破へ上野裕一郎監督「6~14番手の頑張り次第」(スポーツ報知)

●9月28日
鈴木健吾、10・2ロンドン・マラソン欠場「準備が間に合わなかった」自身のインスタで発表(日刊スポーツ)
マラソンMGC出場権獲得の山口武選手、福岡・八女市長を表敬(毎日新聞)
大阪国際新コース「リズム取りやすい」 野口みずきさん、好記録を期待(産経新聞)
大阪国際女子マラソンのコース変更 中間点付近に下り坂も(産経新聞)

●9月27日
世界選手権入賞者を優遇 23年大会の代表選考で―陸上(時事通信)
サニブラウン、北口ら早期内定も…23年ブダペスト世陸選考要項が決定「世界に羽ばたく選手に早めに準備を」(スポーツ報知)
福部、止まらない快進撃 驚異の日本新連発―実業団陸上(時事通信)
陸上=世界記録保持者コスゲイ、けがでロンドン・マラソン欠場(ロイター)

●9月26日
【やり投げ】北口榛花「60mオーバー」凱旋試合に意欲 来夏世界選手権は「今回よりいい色」(日刊スポーツ)
【陸上】女子やり投げ北口榛花「むっちゃ人の壁がいる!」公開練習で注目度の上昇ぶりに驚く(日刊スポーツ)
北口榛花が公開練習 帰国後は「ほぼ家とグラウンドの往復」で次の国内戦へしっかり調整(スポーツ報知)
【陸上】やり投・北口榛花が公開練習「毎日2部練…温泉行きたい」息抜き封印で今季ラストスパート(スポニチ)
やり投げ北口榛花 日本の暑さに「体がまだ慣れていない」遠征先と「20度差がある」(デイリースポーツ)
日大三島の武田亜子が女子800メートルで連覇…1500メートルに続き中距離2冠(スポーツ報知)
室伏スポーツ庁長官の続投発表 任期1年更新、3年目へ(共同通信)
キプチョゲが2時間1分9秒の世界新、ベルリン・マラソン制す(AFP=時事)
陸上=キプチョゲが2時間1分9秒の世界新、ベルリンで4年ぶり更新(ロイター)
【陸上】100m障害・福部真子「フラッシュバックする」世界新の残像を力に日本新V(スポニチ)

●9月25日
キプチョゲ、別次元の強さ 前半驚異の2時間切りペース―ベルリン・マラソン(時事通信)
鈴木、復活印象付ける快走 自己記録を大幅更新―ベルリン・マラソン(時事通信)
加世田、歴代10位の力走 ベルリン・マラソン(時事通信)
ベルリン・マラソン・談話(時事通信)
キプチョゲが世界新V 2時間1分9秒、4年ぶり更新―ベルリン・マラソン(時事通信)
【ベルリン・マラソン】キプチョゲ、2時間1分9秒の世界新!! 最強&最速の37歳が自身の記録更新(スポニチ)
キプチョゲ2時間1分9秒!自らの世界記録を更新、ベルリンマラソンで「人間の限界超え」に成功(日刊スポーツ)
福部、12秒73の日本新 女子100障害で標準突破―実業団陸上(時事通信)
【陸上】400m障害・松下祐樹が涙の引退卒業式「陸上が、ミズノが大好きだった」(スポニチ)
【陸上】田中希実 5000mは自己ベスト14分58秒60で2位 2冠ならずも「勝負はできた」(スポニチ)
【陸上】児玉芽生 100m&200mで2冠「福島選手を超えられるように頑張ります」(スポニチ)
【陸上】100m障害・福部真子「狙っていた」 衝撃の日本新12秒73「まだまだいける」(スポニチ)
20キロ競歩世界王者・山西利和 10月に35キロ初挑戦へ「いけそうならいきたい」(スポニチ)
【陸上】400m障害は岸本鷹幸がV 現役ラストランの松下祐樹は6着「全ての力を出し切れた」(スポニチ)
拓大 不破聖衣来欠場も力見せた! 総合2位で牛佳慧「ここに聖衣来ちゃんが加わったら強い」(スポーツ報知)
中大がシード校を除く1位で、4年連続31度目の本戦出場決定…関東大学女子駅伝(スポーツ報知)
日体大が2度目の関東制覇 アンカー保坂「本番まで課題もある」城西大はアクシデントで棄権(スポーツ報知)
日体大が8年ぶり2度目の優勝 拓大は不破聖衣来が欠場するも2位【関東大学女子駅伝】(中日スポーツ)
高校、大学、実業団がガチ勝負の奥球磨駅伝 2チーム参加の青学大・原晋監督「収穫あった」(スポーツ報知)
高校、大学、実業団のガチンコ勝負の奥球磨駅伝 佐久長聖高が初代王者に輝く(スポーツ報知)
【陸上】走り幅跳び・秦澄美鈴が大会新でV「力が入りにくい。心がしんどい」不調乗り越え(スポニチ)
児玉芽生が女子100メートルで日本歴代2位の11秒24 福島千里の日本記録に0秒03に迫る(スポーツ報知)

●9月24日
出雲駅伝メンバー選考を兼ねた絆記録挑戦会で青学大4年生が好走 原晋監督「今季は3冠取りたい」(スポーツ報知)
男子110m障害日本記録保持者・泉谷駿介が走り幅跳びで8mV!/陸上(サンスポ)
日本競歩初の五輪メダリストの荒井広宙が引退レース「さっぱりした気持ち」(中日スポーツ)
【陸上】女子100m児玉芽生、11秒39でV「自分を客観的に見て」予選では日本記録に迫る11秒24(スポニチ)
女子100メートル児玉芽生が日本歴代2位の11秒24マーク 福島の記録にあと0秒03「もうちょっといきたかった」(中日スポーツ)
【陸上】多田修平が10秒29でV「心にぽっかりと穴が…」世界陸上切符逃して奮起(スポニチ)
女子やり投げ世界選手権ファイナリストの武本紗栄は3位「ここから少しずつ上げていければ」…全日本実業団(スポーツ報知)
男子100M世陸代表の坂井隆一郎が、不正スタートで失格「初めてなので困惑」(スポーツ報知)
藤井菜々子が初V「想定外の暑さだったけど…」全日本実業団女子10000m競歩(スポニチ)

●9月23日
8年ぶり箱根駅伝予選会出場の東海大が試走会でポイント練習 両角速監督「順調です」(スポーツ報知)
田中希実、1500Mで4分10秒41の大会新記録で優勝「勝つことを意識」…全日本実業団(スポーツ報知)
110M障害日本記録保持者の泉谷駿介、走り幅跳びで予選トップ通過…全日本実業団(スポーツ報知)
やり投げ女子 北口榛花が全日本実業団を欠場 「コンディションが整っていないため」(デイリースポーツ)
立命大、下級生中心に2年連続13度目の優勝 佛教大、関大など5大学が全日本大学女子駅伝に出場決定(スポーツ報知)
青学大・原晋監督、出雲駅伝へ「パチパチ大作戦」発令…青学大HPで発表 10年後は「スポーツ庁長官」目指す(スポーツ報知)
「真の壁9秒90、意外とポンと出るタイムかも」…サニブラウンが飛躍へ決意(読売新聞)
駒大・田沢廉、進路先を10月以降に正式発表…創価大・嶋津雄大はGMOへ(スポーツ報知)
青学大・近藤幸太郎と中村唯翔はSGHへ 東洋大・柏優吾はコニカミノルタへ(スポーツ報知)
青学大・中倉啓敦、昨季箱根10区で区間新も第一線から引退へ…原晋監督がエール「立派なビジネスマンになってほしい」(スポーツ報知)
リアル「オールドルーキー」薗田淳氏語る「スポーツマネジメント」UDN SPORTSの取り組み(日刊スポーツ)
陸上世界選手権出場 遠藤日向選手(福島県郡山市出身) 母校・郡山四中で講演(福島民報)

●9月22日
荒川静香さん、樋口新葉ら青学大で課外授業「フィギュアは年齢とともに経験にじみ出る」(スポニチ)
ケニア陸上選手がまた薬物違反 女子長距離のレンゲルク(AFP=時事)
「ノンバイナリー」枠に22人 来年4月のボストン・マラソン(共同通信)
陸上10種競技の右代啓祐が故郷で講演 指導した学生らへ「どこかで会った時は対決しましょう」(日刊スポーツ)

●9月21日
陸上の池田、北口らエントリー アーチェリーは山本も―栃木国体(時事通信)
U20世界陸上で柳井綾音選手が銅メダルを獲得(毎日新聞)
女子駅伝優勝祝いで稲盛和夫さんお気に入りの店へ。でも会長車は定員オーバー。「いいから乗りなさい」。そう言った稲盛さんが運転手に怒られたのは懐かしい思い出(南日本新聞)
北口榛花 「世界のお姉さま」に次こそ勝利で頂点目指す 世界陸上で銅など充実の海外遠征(デイリースポーツ)
【やり投げ】北口榛花“チーム日本”結成を「日本女子を1つのチームとして世界と戦えるように」(日刊スポーツ)
女子やり投げ・北口榛花の足元を神シューズ職人・ミズノ亀井晶氏が支えた…競技より個性尊重(スポーツ報知)

●9月20日
400Hの松下祐樹、今季限りで現役引退へ「最高の競技生活でした」 全日本実業団がラストレース(スポーツ報知)
【やり投げ】北口榛花が凱旋帰国「そう簡単には、世界のお姉さま方は勝たせてくれなかった」(日刊スポーツ)
【陸上】やり投・北口榛花が海外転戦終え帰国「世界のお姉さま方は勝たせてくれなかった(笑)」(スポニチ)
東京五輪陸上男子1万メートル代表・相沢晃選手の名を冠し、初の駅伝・ロードレース大会 福島県須賀川市(福島民報)
出雲駅伝メンバー登録 前回Vの東京国際大はヴィンセント、同2位の青学大は近藤幸太郎ら(スポーツ報知)
32歳岸本、第一線で奮闘 大舞台へ、新たな意欲―陸上男子400メートル障害(時事通信)
陸上男子400障害安部 引退発表 25日最後のレース 「楽しむ」(山陽新聞)

●9月19日
男子400障害の安部孝駿が引退へ 陸上(時事通信)
安部孝駿、今季限りで現役引退/陸上(サンスポ)

●9月18日
女子マラソン松田瑞生が一般男性と結婚「願いを受け入れてくれた旦那さんに感謝」競技続行も報告(日刊スポーツ)
陸上の近畿高校ユース対校 女子2年400M 滝川第二の井谷が優勝(神戸新聞)

●9月17日
男子5000mは本村翔太がV NiziUが原動力 関東学生新人選手権/陸上(サンスポ)
女子3000mは中沢咲絵子が自己ベストでV 関東学生新人選手権/陸上(サンスポ)
1500Mスペシャルレースで東洋大・及川瑠音が優勝 石田洸介は9位(スポーツ報知)
【陸上】新谷仁美がコロナ感染から回復「最強な体してます!」来年1月にマラソン再挑戦(スポニチ)
新谷仁美 来年1月にヒューストンでマラソン再挑戦「マラソンでタイトルをとらない限り結果とは言わないと認識した」(スポーツ報知)
不破聖衣来、日本新に照準 世界のスパートから刺激(時事通信)
陸上1500mスペシャルレース、東洋大の駅伝主力メンバー出場…及川瑠音が優勝(読売新聞)

●9月16日
IOCが露選手の復帰検討 米国オリパラ委が明らかに(産経新聞・共同通信)
女子三段跳び 高島選手、経験6年で急成長 パリ五輪へ飛躍(毎日新聞)
栃木国体 兵庫県選手団に田中希実ら、450人発表(神戸新聞)
最下位からの復帰レースでV 陸上「フワちゃん」の新たな決意(毎日新聞)

●9月15日
「ビンセントじゃない方」の留学生、北海道マラソン優勝…箱根駅伝に東京国際大はどちらで臨む?(読売新聞)
来年からノンバイナリー枠 ロンドン・マラソン(時事通信)
明石公園の陸上競技場、公認継続に向けトラック改修へ 兵庫県が来年度から、トーカロ球場も(神戸新聞)

●9月14日
【陸上】福部真子、国体は100障害ではなく「専門外」その意義(中国新聞)
陸上=ボストン・マラソン、選手性別で「ノンバイナリー枠」新設(ロイター)
【箱根駅伝密着企画スタート】「ここまで弱くなってしまった」ワセダに瀬古利彦氏が伝えたいこと(日刊スポーツ)

●9月13日
トップランナーが「おもてなし」、選手が作る中距離大会…近藤雄二[フリーラン](読売新聞)
北口、躍進のシーズン 世界トップの一員に―陸上女子やり投げ(時事通信)
エリザベス女王から優勝杯を渡された「唯一の日本人」 順大OB澤木啓祐氏が語った緊張感(日刊ゲンダイ)
ボストンマラソンがノンバイナリー枠を創設 男女以外の第3の枠 主要レースでは初めてのケース(スポニチ)

●9月12日
青学大・近藤 日本インカレ連覇で駅伝に弾み「(箱根を)エースとして走れるように」(デイリースポーツ)
大迫傑、英ハーフマラソンで1時間1分5秒で4位 11月に東京五輪以来のマラソン出場を予定(日刊スポーツ・共同通信)
【陸上】立命大、女子4×400mリレー連覇「ただただバトン上に上げてガッツポーズ」山本亜美(日刊スポーツ)

●9月11日
青野が陸上女子短距離2冠 日本学生対校選手権最終日(共同通信)
【陸上】筑波大4×400メートルリレー優勝で2冠達成、同大学40年ぶり快挙に菅野航平ら笑顔(日刊スポーツ)
【陸上】青野朱李、大会新記録23秒44で200m圧巻V 100mに続き2冠「達成うれしい」(日刊スポーツ)
【陸上】東京五輪代表の黒川和樹7着「招集に行く寸前に吐きそうに」スタート前から心身不調(日刊スポーツ)
男子400M障害は田中天智龍(てんじろう)が優勝 五輪代表の山内大夢に続き、早大2連覇…日本学生対校選手権(スポーツ報知)
女子5000Mは名城大の山本有真が優勝 駅伝シーズンへ弾み…日本学生対校選手権(スポーツ報知)
青学大のエース近藤幸太郎が日本学生2連覇…原晋監督「駒大の田沢廉君と真っ向勝負してほしい」(スポーツ報知)
青学大エース近藤幸太郎が5000Mを2連覇 駅伝シーズンへ「全部勝つつもり」…日本学生対校選手権(スポーツ報知)
【陸上】青学大エース・近藤が復調V2「自信つけられた」インカレ5000m(スポニチ)
1万M競歩 世陸入賞の住所大翔が初優勝 順大が表彰台独占…日本学生対校選手権(スポーツ報知)

●9月10日
陸上=女子やり投げ世界記録保持者、シュポタコバが引退(ロイター通信)
【陸上】黒川和樹、余裕の予選通過 ラスト70m流して1着「決勝はベスト狙う」 男子400m障害(日刊スポーツ)
110m障害・村竹ラシッド「最低限の仕事ができた」13秒36でインカレ制覇(スポニチ)
110M障害・村竹ラシッドが2年ぶりインカレV 順大総合Vへ「最低限の仕事できた」…日本学生対校選手権(スポーツ報知)
青野朱李が接戦制し初優勝「このインカレにすべてをかけて頑張ってきた」女子100m(日刊スポーツ)
鶴川正也がトップ 主将の宮坂大器は意地の3位…出雲駅伝メンバー選考、青学大学内記録会(スポーツ報知)
男子3000メートル障害・三浦、冷静に4位「しっかりと順位を残せたのが凄くうれしい」(スポニチ)
不破聖衣来 涙の復活V けがに苦しみ約5カ月ぶりの実戦「すごく楽しかった」(デイリー)
東京五輪代表 陸上・安部が引退へ 岡山市出身、25日ラストラン(山陽新聞

●9月9日
【優勝一問一答】不破聖衣来、笑顔の復活V「ここに戻ってこれてよかった」 日本学生対校選手権/陸上(サンスポ)
不破聖衣来「感謝を結果で返したかった」 気持ちを込めたスパートで1万M初優勝…日本学生対校選手権(スポーツ報知)
【陸上】フワちゃん不破聖衣来、復帰戦ぶっちぎりV「戻ってこれて嬉しかった」145日ぶりレース(日刊スポーツ)
室伏広治長官、北海道で講演「大変有意義な時間だった」高校指導者や学生ら前にマイク握る(日刊スポーツ)
【陸上】ワオ、ヘッドスライディング!青山華依が人生初の転倒…右肘などすりむくも「大丈夫!」(日刊スポーツ)
駒大スーパールーキー佐藤圭汰 駅伝シーズンへ「箱根はちょっと違う」20キロ前後の距離に備える【陸上】(中日スポーツ)
【陸上】村竹ラシッド「前半のキレが上がってきた」全体トップで準決勝へ 男子110m障害予選(日刊スポーツ)
【陸上】オシャレヘアの村竹ラシッド 世界選手権参加標準記録は「ベストを出せば切れる」(東スポ)
東京五輪代表 陸上・安部が引退へ 岡山市出身、25日ラストラン(山陽新聞)
【箱根への道】重松森雄さん、全国参加継続が長距離界の底上げに…64年福岡大で区間賞、翌年マラソン世界記録(スポーツ報知)
【HAKONE LIFE】慶大競走部、本戦復帰目指しクラウドファンディングで資金募る(スポーツ報知)
ロンドン五輪で〝空から降臨〟エリザベス女王を世界陸連会長が追悼(東スポ)
三浦、大健闘4位 得意のスパート発揮―陸上DL(時事通信)
北口、女子やり投げ3位 男子3000障害の三浦4位―陸上DLファイナル(時事通信)
初進出の三浦龍司が男子3000m障害で4位、今季自己記録 ダイヤモンドリーグ最終戦(日刊スポーツ)
女子やり投げ北口榛花「3位が嬉しかった世界陸上から、3位かあと思えることが成長」DL最終戦(日刊スポーツ)
【陸上DLファイナル】北口榛花が63m56で3位 世界最高峰の舞台で表彰台(スポニチ)
【陸上DLフィイナル】三浦龍司が今季ベストで4位と健闘 男子3000m障害(スポニチ)

●9月8日
東京レガシーハーフマラソンに東京五輪代表の中村匠吾、服部勇馬らが出場 10・16開催(日刊スポーツ)
仙台育英・小野真忠1500m完全V 土砂降り悪条件の中、1度もトップ譲らず(日刊スポーツ)
タンベリ、結婚祝うV 陸上DL(日刊スポーツ)
タンベリ、男子走り高跳び連覇 陸上DLファイナル(時事通信)

●9月7日
【陸上】不破聖衣来、故障から復帰へ 9日開幕日本学生対校、5000&1万mエントリー(スポニチ)
メダル獲得、知事に報告 世界陸上の日本代表(東京新聞)
駅伝初Vのホンダ、千歳で合宿 選手に好評「道広く、コース良い」(北海道新聞)

●9月6日
池田向希、川野将虎が小池都知事を訪問 2025年東京世界陸上へ「自国開催は特別な思い」(デイリースポーツ)
”札幌開催”の東京五輪出場の池田向希「東京を歩きたい」25年世界陸上へ意欲【競歩】(中日スポーツ)
競歩・池田向希、川野将虎、今度は札幌でなく「東京を歩きたい」25年世界選手権(スポニチ)
夏の全国舞台はコロナでふいに 宝塚・小幡、失意乗り越え快走誓う 近畿高校ユース陸上16日開幕(神戸新聞)

●9月5日
【陸上やり投げ】ディーン元気が80メートル69で2位「目的は達成できた」 ISTAF2022(スポニチ)
泉谷駿介、110m障害で世界選手権参加標準突破 やり投げディーン元気2位 国際競技会(日刊スポーツ)
泉谷、参加標準記録突破 陸上男子110障害(時事通信)

●9月4日
女子やり投げ・北口 DL2戦連続の2位に「まあまあだと思う」も際立つ安定感(スポニチ)
公務員ハードラー高橋佑輔が110メートル障害で連覇…北海道ハイテクAC杯(スポーツ報知)

●9月3日
デュプランティスとフレイザー・プライスが敗れる波乱 陸上DL(AFP=時事)
山縣亮太 30歳で見据えるパリ五輪、日本記録への思い…東京五輪〝汚職〟も語った【単独インタビュー】(東スポ)
女子やり投げで北口は2位 陸上DL第12戦(共同通信)
世界陸上銅の女子やり投げ北口榛花がダイヤモンドリーグで4戦連続表彰台の2位(日刊スポーツ)

●9月2日
好走続く元日本記録保持者 高山、精神的ゆとりが奏功―陸上110メートル障害(時事通信)
静岡県陸上界の金の卵・六坂レイギフトは短距離種目50戦無敗のスーパー小学生(スポーツ報知)
【陸上】サニブラウン「目指すなら一番上」本当の「壁」9秒90狙っていく/単独インダビュー(日刊スポーツ)
中国での室内選手権は25年 世界陸連(時事通信)

●9月1日
ニューイヤー駅伝でホンダ初優勝のアンカー土方英和が退部 旭化成に移籍へ(スポーツ報知)
東海大・北川凱パリ五輪へ向けて跳ぶ!…陸上男子跳躍で日本インカレ初出場(スポーツ報知)
イーグルスが「二刀流」アレン放出、五輪出場のハードル選手(AFP=時事)

●8月31日
古豪復活へ、法人運営 箱根駅伝の頂点目指す―明大競走部(時事通信)
亡命ベラルーシ選手に市民権 東京五輪の陸上女子代表―ポーランド(時事通信)
陸上=東京五輪で亡命のベラルーシ女子選手、ポーランド国籍取得(ロイター)
陸上3000障害 進化する31歳 千歳・北星病院の神直之さん 日本選手権5度出場(北海道新聞)
サニブラウンは10秒27で4着 陸上、スイスの国際競技会(共同通信)

●8月30日
東京五輪の開催中に亡命…ベラルーシの陸上女子選手がポーランド市民権を獲得(東スポ)
陸上100m山縣亮太が鳥谷敬氏に明かした終着点と未来「ジュニア世代の子供たちに体作りを…」(日刊スポーツ)
陸上男子100m日本記録保持者・山縣亮太は元球児で野球好き「大谷翔平選手は走り方がきれい」(日刊スポーツ)
【鳥谷敬VS山縣亮太】サニブラウン世界陸上100m決勝進出に「自分が超えていくしかない」(日刊スポーツ)
【鳥谷敬VS山縣亮太】パリ五輪400mリレー金メダルへの課題…「日本はまだ綱渡りしている」(日刊スポーツ)
陸上男子20キロ競歩の山西 35キロ挑戦「トライしてもいいかな」(スポニチ)

●8月29日
仙台育英・杉森心音、高校総体3000mで5位 都大路連覇へ「自分の走りで決まる」(日刊スポーツ)
日本陸連「影響が出る」世界陸連”新ルール”で国内大会の運営厳格化【陸上】(中日スポーツ)
世界陸上20キロ競歩連覇の山西利和 35キロにも意欲「違う刺激を入れたい」(スポーツ報知)
笑顔で手を振り先頭かわす「最強の市民ランナー」 女子Vの山口選手(北海道新聞)
ホクレン女子陸上部ラストシーズンで初出場の菊地優子が4位(スポーツ報知)
北海道マラソン日本人トップでMGC獲得の東洋大・柏優吾は来春、コニカミノルタへ(スポーツ報知)
東洋大・柏、日本人トップ2位でMGC切符 箱根駅伝未経験22歳がパリ五輪へ台頭(スポニチ)
“最強市民女子ランナー”山口が初優勝 35歳がパリ五輪へ名乗りのMGC切符(スポニチ)

●8月28日
北海道マラソンで東洋大勢が活躍 箱根駅伝連覇狙う青学大の原晋監督「一番のライバル」(スポーツ報知)
やり投げの北口、好調を支える3つの変化 パリ五輪へ「最終的に一番いい色のメダルに」(産経新聞)
【北海道マラソン】山口遙、2時間29分52秒で女子の部優勝 パリ五輪懸けMGC出場権を獲得(日刊スポーツ)
【北海道マラソン】男子はムセンビ優勝 柏優吾が日本勢トップの2位、青木優らMGC出場権獲得(日刊スポーツ)
男子は大学生ワンツー 日本人トップは東洋大4年・柏優吾…北海道マラソン(スポーツ報知)
【北海道マラソン】“最強市民ランナー”山口遥がV MGC出場権獲得でパリ五輪へ名乗り(スポニチ)
女子は“最強市民ランナー”山口遥が初優勝 MGC出場権も獲得…北海道マラソン(スポーツ報知)
小椋裕介「MGC出場権を最低限」道産子初V狙う北海道マラソン3年ぶり開催(日刊スポーツ)

●8月27日
中島、大舞台で深めた自信 陸上記録会(時事通信)
福部、地力実感の好記録 陸上記録会(時事通信)
箱根駅伝連覇を狙う青学大 実業団、高校とガチンコ勝負…奥球磨駅伝に参戦、宮坂大器主将らが出場(スポーツ報知)
原口が男子棒高跳び、大会新で優勝 – 関西学生新人陸上競技選手権(奈良新聞)
陸上ダイヤモンドリーグ3000メートル障害で三浦龍司が4位入賞(毎日新聞)
陸上、三浦が参加標準記録突破 男子3000m障害(共同通信)
三浦4位、ファイナル出場権 世界選手権の参加標準突破―陸上ダイヤモンドリーグ(時事通信)
3000M障害の三浦龍司、DLで8分13秒06 23年世陸の参加標準記録突破(スポーツ報知)

●8月26日
【箱根への道】駒大、世界の「TAZAWA」が導く大学3冠(スポーツ報知)
【箱根への道】東洋大、ダブルエースの松山和希&石田洸介が叶える世界の夢(スポーツ報知)
【箱根への道】早大の超大物OBの瀬古利彦さん、妙高高原合宿に同行「みんな頑張っているよ」(スポーツ報知)

●8月25日
マラソンJMCシリーズが賞金増額 総額3000万円で「モチベーション向上」など狙う(スポニチ)
陸上界のフワちゃん“無双状態”の衝撃デビューが一転 ケガ続く試練…五輪期す19歳不破聖衣来の現在地(中日スポーツ)
「弓引きポーズ」商標申請 陸上ボルトさんロゴで使用(共同通信)

●8月24日
上杉もコロナで欠場 北海道マラソン(時事通信)
深まりつつある理解 新たなパラスポーツの大会も―東京パラから1年(1)(時事通信)

●8月23日
「速筋」鍛えてトップを追え、櫛部静二氏の提言…世界陸上が浮き彫りにしたニッポン長距離の「現在地」(読売新聞)
陸上・県高校ユース選手権 男子1年200mで三宅が大会新V(神戸新聞)

●8月22日
朝原宣治がバトンをほうり投げた鳥の巣で見つけた〝9万分の1〟(サンスポ)
男子やり投げ、九共大大学院の比嘉が大会新でV 陸上・九州選手権(琉球新報)
陸上・県高校ユース選手権 男子1年200mで三宅が大会新V(神戸新聞)
東京五輪の記憶色あせる汚職事件 ガトリン資格停止処分と重なる「五輪」裏の闇浮き彫り(日刊スポーツ)
全国中学大会 陸上女子100障害 香取(三和)中学新V(茨城新聞)

●8月21日
覚醒した26歳スプリンター久保山が短距離2冠 九州陸上選手権(毎日新聞)
【陸上】坂井隆一郎が10秒21で100m制覇「世界陸上に出るためにも9秒台を」(スポニチ)
【陸上】走り幅跳び・秦澄美鈴がV 「落ち込んだりもした」世界選手権から再出発(スポニチ)
【陸上】100m障害・福部真子は2位も手応え「12秒台をそろえられた」 コロナ療養から復帰(スポニチ)

●8月20日
陸上世界選手権の標準記録を発表 男子100mは0秒05速い10秒00 来年8月ブダペスト(日刊スポーツ)
今年の箱根駅伝4位・東洋大の清野太雅らが北海道マラソンに初挑戦(東洋大)
坂井隆一郎、優勝に手応え…来季は10秒00の世陸参加標準「切れるように」(スポーツ報知)
坂井隆一郎が10秒21で男子100m優勝「来年の世界陸上の標準切れるように頑張る」(日刊スポーツ)
坂井隆一郎が10秒21で優勝「タイムではなく優勝を狙っていた」男子100M(デイリースポーツ)
青木益未、1000分の7秒差で新旧日本記録ホルダー対決に勝利「世界との差を縮められれば」(スポーツ報知)
鏡石中・増子陽太、圧巻V 男子3000m決勝大会新の快走「最高の結果」(日刊スポーツ)
鏡石・増子が大会新V 全中陸上男子3000、驚異の粘りで接戦制す(福島民友)
世界陸上 感染で欠場 日本選手は競技前に検査(読売新聞)
23年ブダペスト世界陸上の参加標準記録発表 男子100メートルは10秒00に(スポーツ報知)

●8月19日
【陸上】飯塚翔太が100メートル10秒25で予備予選突破 9.98スタジアムで20日に予選(日刊スポーツ)
山縣亮太 アシックスとアドバイザリースタッフ契約を締結「挑戦を続けていく」(スポニチ)
山縣亮太、アシックスとアドバイザースタッフ契約締結「新しい世界へ突き進みたい」(スポーツ報知)
山縣亮太がアシックスとアドバイザリースタッフ契約「挑戦者として新しい世界へ」(日刊スポーツ)

●8月18日
君嶋 世界陸上で手応え 「100メートル10秒代」へ一直線(信濃毎日新聞)
萩西中、全中400メートルリレー出場へ(山口新聞)
活気づく女子100メートル障害 12秒台の3強が切磋琢磨―陸上(時事通信)

●8月17日
東京五輪王者ヤコブス、欧州陸上選手権男子100mでV(AFP=時事)
「不滅」に挑むフレーザープライス 10秒6台を3連発―陸上女子100メートル(時事通信)
ヤコブス、9秒95でV 陸上欧州選手権(時事通信)

●8月16日
【特集】家族の支えを胸に再び前へ!400mハードル 宇都宮絵莉(読売テレビ「あすリート」)
早大OBの瀬古利彦さんが教え子の立大の上野監督を激励(スポーツ報知)
箱根ランナー、世界陸上入賞ゼロ…瀬古利彦さん「経験不足」「1万は26分台を見据えよ」(読売新聞)
静岡の東豊田中・松下千紗 狙うは自己ベストで表彰台!…全中陸上、18日福島で開幕(スポーツ報知)

●8月15日
東京五輪代表の前田穂南 北海道マラソンを新型コロナで欠場(デイリースポーツ)
東京五輪代表・前田穂南が北海道マラソンを欠場 新型コロナウイルスに感染(スポーツ報知)
駅伝県代表候補の中高生が高地トレ、五輪選手らから技術吸収 岐阜・飛騨御嶽高原(岐阜新聞)

●8月14日
マラソン川内選手19日防府で講演会「私の考える努力と夢」テーマに (山口新聞)
女子は札幌国際大が6連覇、全日本大学女子駅伝出場決める 男子は札幌学院大が5連覇(日刊スポーツ)
女子・札幌国際大が執念のV6 全日本大学女子駅伝切符ゲット…全道大学駅伝(スポーツ報知)

●8月13日
陸上=ロンドン・マラソン、世界王者トラが欠場(ロイター通信)
スポーツが未来を変える 歴史から探る「三段跳び日本」復活の糸口 びわこ成蹊スポーツ大学 岡部優真講師(産経新聞)

●8月12日
陸上十種競技の大学王者、立命大・川元莉々輝、YouTubeで発信続けながらアスリート王を目指す(スポーツ報知)
【箱根への道】順大・三浦龍司は世陸の疲れなし…スピード&スタミナがアップ「最終的に箱根にピーク」(スポーツ報知)
【箱根への道】「青学大菅平激坂王」脇田幸太朗「最後の箱根は5区を狙います」(スポーツ報知)
東京世界陸上、快挙再現に期待 谷口浩美さんと高野進さん(時事通信)
やり投げ北口榛花、日本女子初快挙!DLファイナル進出&世界ランク1位「期待の星はちげーなー」サニブラウンも祝福(スポーツ報知)
女子やり投げ・北口 DLファイナル進出 3連勝逃すも2位 初の世界1位、貫禄トップ通過(スポニチ)

●8月11日
鏡石・増子、3000メートル中学新V 東北中体陸上、8分15秒04(福島民友新聞)
増子(鏡石)日本中学新 陸上男子3000、8分15秒04 東北大会V(福島民報)
4投目に込めたプライド 北口、堂々とファイナルへ―陸上DL(時事通信)
やり投げ・北口榛花、DL2位で3戦連続表彰台 ファイナル進出決定「少し休んでまたがんばります」(スポーツ報知)
北口榛花 ダイヤモンドリーグ・モナコ大会は2位 3大会連続表彰台(スポニチ)
復帰の大迫傑 ニューヨークシティー・マラソン参戦「ワクワクを感じながら」(スポニチ)

●8月10日
大迫傑、復帰後初マラソンは11月のニューヨークシティ 「ワクワクを感じながら向かっていきます」(デイリースポーツ)
大迫傑 ニューヨークシティマラソン出場へ「ワクワクを感じながら当日に向かっていきます」(スポニチ)
大迫傑、11月のNYシティを走ることを報告「一から作り上げる厳しさとワクワクを感じながら」(スポーツ報知)
大迫、11月にNYマラソン 復帰後初、東京五輪6位(共同通信)
サニブラウンに〝王道路線〟のススメ 陸連の1種目ルール…伊東浩司氏「世の中も納得しない」(東スポ)

●8月9日
「世界陸上の経験、今後に」 陸上・田澤(駒大)が八戸市庁表敬(デーリー東北)
陸上男子110m障害 立花の村田、日本中学タイ記録 予選で力み、修正し会心<近畿中学総体>(神戸新聞)
陸上男子1500m 平岡の新妻遼己が兵庫中学記録を更新<近畿中学総体>(神戸新聞)
陸上女子短距離の児玉芽生が「ミスド」で接客を続けた理由「私、考え込んでしまう癖があって…」(日刊スポーツ)
【鳥谷敬VS児玉芽生】「行き詰まった時は感情を文章に」陸上女子短距離エースの苦悩に鉄人は…(日刊スポーツ)
【鳥谷敬VS児玉芽生】陸上女子短距離エースは世界との差を埋めるために「福島さんを超えたい」(日刊スポーツ)

●8月8日
サニブラウン伸びず10秒15「うまく切り替えられなかった」ブロメルが9秒95で優勝(日刊スポーツ)
東京五輪マラソン代表の服部勇馬 中京テレビ平山雅アナと結婚「より一層競技に精進」(スポニチ)
マラソン東京五輪代表の服部勇馬が結婚、お相手は中京テレビ平山雅アナ「より一層競技に精進」(日刊スポーツ)
マラソン東京五輪代表・服部勇馬、中京テレビ平山雅アナと結婚 「私にとってかけがえのない存在」幸せ2ショット(中日スポーツ)

●8月7日
110m障害、山形・九里学園の紺野稜真がV…400m障害と「約束の2冠」(読売新聞)
全国高校総体陸上 男子3000メートル障害で利府の斉藤大空が日本一に「夢は箱根駅伝を走ること」(スポーツ報知)
【陸上】田中希実「練習再開の状態確認」800m2分4秒14の大会新V 世界選手権後初レース(スポニチ)
男子400mで岩崎立来がV トワイライト・ゲームス/陸上(サンスポ)
田中希実 800M2分4秒14で大会新V 今後は「どの種目も自己ベスト出せたら」(デイリー)
陸上U20世界選手権 女子1500の沢田結弥と男子1600リレーの日本6位(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実800メートルで大会新記録V 今後は「できるだけ多くの種目で権利を」(日刊スポーツ)
お団子ヘアの田中希実が世陸後初レース 800Mで2分4秒14の大会新記録で優勝…トワイライト・ゲームス(スポーツ報知)
やり投げ・北口榛花 “圧投”連勝 今季自己ベスト65メートル10(スポニチ)
北口榛花がダイヤモンドリーグ2度目V、最終6投目65m超ビッグスロー 女子やり投げ(日刊スポーツ)
やり投げの北口榛花が大逆転V ダイヤモンドリーグ・シレジア大会優勝…日本記録に迫る65メートル10(スポーツ報知)
サニブラウン 10秒15でダイヤモンドリーグ7位 ブロメルが9秒95で制覇(スポニチ)

●8月6日
男子400メートルリレーで優勝 陸上U20世界選手権(共同通信)
陸上の高山大会新、デーデーV(共同通信)
女子棒高跳び、東京・明星学園の小林美月が大会タイ記録で初優勝…「良くて2番」と無欲の勝利(読売新聞)
中島佑気ジョセフ 400M自己新の45秒72 ウォルシュとの“マイル侍”対決制す(デイリースポーツ)
高山峻野が日本歴代2位のタイムでV! 男子110m障害/陸上(サンスポ)
〝マイル侍〟中島佑気ジョセフ、自己新&大会新の45秒72でV ウォルシュ・ジュリアンとの競り合い制す/陸上(サンスポ)
男子走り高跳び・真野友博が優勝 世陸後初試合で手応え「着実に差を詰めたい」…実業団学生対抗(スポーツ報知)
日大東北の斎藤慧舟が男子200メートルで初の日本一に「こんなに早く夢がかなうなんて」(スポーツ報知)
男子110M障害・高山峻野が13秒10の自己ベスト更新で優勝「予想外です」…実業団学生対抗(スポーツ報知)
中島佑気ジョセフが45秒72の自己新で優勝 ウォルシュにも勝利(スポーツ報知)
仙台育英の2年生、壁谷衿奈が800メートルで日本一に(スポーツ報知)
秋田工の大野聖登が1500メートル、800メートルの2冠達成! その素顔はオシャレな「香水男子」(スポーツ報知)
陸上高校総体 女子200メートルで富士市立1年・小針陽葉が2位 100メートルと合わせてダブル銀(スポーツ報知)
【陸上】マイル侍対決は中島佑気ジョセフ制し大会新V ウォルシュをラストで抜く 男子400m(日刊スポーツ)
【陸上】高山峻野が今季世界8位13秒10「今日が人生のピークです」 男子110m障害(日刊スポーツ)
【陸上】男子400mリレー、日本代表が初の金メダル U20世界選手権(日刊スポーツ)
山形中央・柏倉うみ自己ベストで準V「悔しいが、満足しています」/全国高校総体陸上(日刊スポーツ)
九里学園・紺野稜真まず男子400m障害V「トッパー」で個人2冠目指す/全国高校総体陸上(日刊スポーツ)
U20リレー侍が史上初金メダル 2番手フィニッシュも南アフリカ失格で(スポーツ報知)
原口(王寺工高―東大阪大)が男子棒高跳び7位入賞 – 陸上U20世界選手権(奈良新聞)
男子400メートル障害で武藤優飛5位…北海勢45年ぶり入賞(スポーツ報知)
九里学園・紺野稜真「大変な状況だと思う。少しでも元気になっていただけたら」豪雨被害の地元・山形に届け、男子400メートル障害V(スポーツ報知)
浜松北・高橋優喜「初めての20分台」繰り上がり2位…男子5000メートル競歩(スポーツ報知)
伊豆中央・秦くるみ「記録は散々。目指していた優勝ができなかった」女子走り幅跳び2位も(スポーツ報知)
ベアーズカメリア、目標は「2年後クイーンズ駅伝」 陸上女子新チーム創設会見(スポニチ)

●8月5日
【四国インターハイ第13日】県内開催競技の結果・陸上(徳島新聞)
男子砲丸投げ、法政二・山田暉斗が大会新の18m74で優勝…「高校時代の集大成」(読売新聞)
陸上男子400m障害、九里学園・紺野が優勝…大会記録に迫る好タイムにも「悔しい結果」(読売新聞)
男子5000m競歩は長田V 全国高校総体第9日(共同通信)
洛南が400リレー制す 高校総体陸上(時事通信)
ベアーズが女子陸上部を創設 野口みずきさんのコーチ務めた高柳祐也氏が監督に就任(デイリースポーツ)
ベアーズ女子陸上部が創設「2年後にプリンセス駅伝突破」監督は箱根V経験の高柳氏(スポニチ)
東京学館新潟・関口裕太V 男子100m好記録10秒38「楽しめた」/全国高校総体陸上(日刊スポーツ)
秋田工・大野聖登、男子1500自己ベストで激戦制す/全国高校総体陸上(日刊スポーツ)
仙台育英・渡辺来愛「がむしゃらに走りました」自己ベスト6位/全国高校総体陸上(日刊スポーツ)
陸上高校総体 女子100メートル決勝で1年生・小針陽葉(富士市立)が2位、準決勝では静岡県高校新!(スポーツ報知)
“まるでボルト”なボツワナ19歳、200mは僅差の銀で2冠ならず 陸上U20世界選手権(スポニチ)
陸上高校総体 男子やり投げで山形商・清野康介が初優勝、体操部への“出稽古”でパワーアップ(スポーツ報知)
陸上高校総体 男子100メートルで北海道栄の橘弘栄とエケ・ジュニア瑠音が9年ぶり道勢複数メダル(スポーツ報知)

●8月4日
岡山商大付・奥山が連覇 女子砲丸投げ 四国インターハイ、岡山勢優勝2人目(山陽新聞)
吉田正道、高校総体優勝で初の兄超え 男子走り幅跳び「率直にうれしい」/陸上(サンスポ)
北海道マラソンに前田穂南らがエントリー(サンスポ)
陸上男子100m、関口裕太が10秒38で初優勝…故障から一気に飛躍「まだ信じられない」(読売新聞)
全国高校総体 走り幅跳びの宮田海翔さん(水戸桜ノ牧) 感謝の跳躍、手話で伝達(茨城新聞)

●8月3日
サニブラウン、世界陸上で銅の北口榛花がダイヤモンドリーグ出場(デイリースポーツ)
男子100メートルで柳田大輝が6位 U20世界選手権/陸上(サンスポ)
陸上男400メートルは冨永V女子は児島、高校総体(デイリースポーツ)
児島柚月「3冠」へ好発進 女子400メートル快勝「100メートルはもう楽しむだけ」/陸上(サンスポ)
競歩・世界陸上連覇 山西選手のレースづくり評価(中日新聞)
陸上男子400m、東福岡・冨永湧平が47秒01で優勝…昨年4位の雪辱果たす(読売新聞)
女子ハンマー投げ、敦賀・三村啓恵が53m82でV…朝4時半起きで練習の成果発揮(読売新聞)
まるでボルト!! ボツワナ19歳・テボゴが100mで9秒91 ラスト20m遊んでU20世界新記録(スポニチ)
頭脳派ランナー 陸上800メートル今季日本人最速の薄田健太郎 最後の学生シーズン(中日スポーツ)

●8月2日
「長距離用」スパイクで女子100メートル障害驚異の世界新記録 世界陸上制したトビ・アムサン(時事通信)
【陸上】やり投げ銅メダリスト・北口榛花がDL出場 100mのサニブラウンも(スポニチ)
陸上高校総体 砲丸投げ東海総体連覇の浜松工・村瀬にこ、「にこにこスマイル」で悲願の日本一へ(スポーツ報知)
五輪=東京大会の亡命ベラルーシ選手、パリ出場へ「望み捨てず」(ロイター)
サニブラウン、北口がエントリー 陸上DL(時事通信)
箱根駅伝予選会、3年ぶり市街地含むコース 10・15開催(スポニチ)
【箱根駅伝】予選会10月15日開催 3年ぶりに市街地走るコースで実施 ここ2年は立川駐屯地(日刊スポーツ)

●8月1日
箱根駅伝予選会は10月15日に開催 3年ぶり市街地コース復活(スポニチ)
10月15日・立川市、3年ぶり市街地含むコースで箱根駅伝予選会の開催決定(スポーツ報知)
箱根駅伝予選会、10月15日に開催…3年ぶりに市街地コースが復活(読売新聞)
陸上・創価大の嶋津雄大がGMOに所属内定「勇気と感動をお届けできるように」(デイリー)
創価大の嶋津雄大が来春、GMOインターネットグループ入り内定(スポーツ報知)
「厚底」で生じた揺らぎ、打ち勝って貫く…埼玉栄高の箱根ランナー育成哲学(読売新聞)
東京学館新潟・関口裕太初Vだ 今季2度100m10秒37日本一速い高校生/全国高校総体陸上(日刊スポーツ)

●7月31日
青学大・原監督が陸上界に危機感「ケニアやエチオピアに太刀打ちできないことに」(中日スポーツ)
四国総体・陸上 浜松開誠館、悲願の優勝へ意気込み(中日新聞)

●7月30日
世界陸上でクラスター発生…「スポーツ産業国」である日本の驕りが希薄な危機感を生む(日刊ゲンダイ)

●7月29日
エチオピアの世陸選手、内戦で故郷戻れず 連盟が政府に解決訴え(AFP=時事)

●7月28日
北口榛花 やり投げ銅メダル「投げる瞬間だけスイッチオン…待っている間は家みたいにくつろいで」(スポニチ)
北口榛花 やり投げ銅メダルの舞台裏、コーチとのケンカでは「“もう24歳…技術的なことを言って”と」(スポニチ)
世陸出場のキューバ代表、選手ら3人失踪 東京五輪メダリストも(AFP=時事)
アスリート委員にフェリックスら IOC、初の難民選手も(時事通信)
日本女子マラソン「光と影」90年代の女子長距離を席巻した中国「馬軍団」の練習に密着すると…“おかしな動き”が(日刊ゲンダイ)

●7月27日
超速進化 世界のトラックへ 浜松市立高・沢田結弥 16歳トップへ駆ける(静岡新聞)
野口みずきは1年半でワコール退社し失業…資金難から出場した犬山ハーフをきっかけに開花【日本女子マラソン「光と影」】(日刊ゲンダイ)
世陸1600リレー日本史上最高4位“マイル侍”個人走力アップで次こそ表彰台だ(デイリースポーツ)
ウィズ・コロナの世界陸上…日本と世界の温度差実感、対策を考える岐路に…現地取材記者が「見た」(スポーツ報知)
世界陸上男子35キロ競歩で銀 川野「1秒が大きな壁。成長したい」(スポニチ)
不破聖衣来『世界陸上』現地観戦で得た収穫と課題 五十嵐監督「7000mまでは対応できる」(東スポ)

●7月26日
世界陸上で日本勢好成績 パリ五輪へ膨らむ期待(産経新聞)
日本勢、競歩以外にも好材料 強化方針に一定の成果―世界陸上(時事通信)
世界陸上4位入賞のマイル侍が帰国 佐藤風雅、91年高野の記録更新狙う「個人ではそこを目標に」(日刊スポーツ)
【世界陸上】競歩で銀の川野将虎が帰国、1秒差負けに「詰めの甘さが自分の弱さだと思っている」(日刊スポーツ)
パリ五輪で史上初、開幕日に女子マラソン「常に男子の前という考え固定化させぬ」男子翌日に実施(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子100M障害、日本記録更新の福部真子が帰国 ご褒美は「ゲームセンター」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子35キロ競歩銀の川野将虎が帰国 金のスタノを称賛「大きな壁。優勝をたたえたい」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子マイルリレー4位入賞メンバーが帰国 ウォルシュ「メダルが見えてきたと実感」(スポーツ報知)
陸上100m障害・福部真子「ゲームセンター行きたい!」世界陸上から笑顔の帰国(スポニチ)
マイル侍、メダルへ“最古の日本記録”超え「1人でなく複数出れば」世界陸上から帰国(スポニチ)
最終日に女子マラソン パリ五輪(時事通信)
パリ五輪、女子マラソン閉幕日に 男女平等の精神、史上初(共同通信)
陸上=好記録連発のアムサン、靴テクノロジー巡る議論が再燃(ロイター)
【世界陸上】米国、陸上大国の威厳示す 金13を含む33個のメダル獲得(日刊スポーツ)
パリ五輪で敗者復活ラウンド導入 対象は200~1500メートルの障害種目を含む個人種目(日刊スポーツ)
【世界陸上】川野将虎 執念銀も2年後パリ五輪へ「1秒」を追求する旅路(スポーツ報知)
【世界陸上】マイル侍・ウォルシュ「日本新は当たり前」男子1600メートルリレー0秒79差悔しい4位(スポーツ報知)
【世界陸上】谷井孝行氏 今後の世界大会へつながる競歩ニッポン全選手完歩(スポーツ報知)【世界陸上】高野進氏 男子1600メートルリレー 後半失速しない前半200メートルの入り方評価(スポニチ)
【世界陸上】マイル侍 惜しい!銅まで0秒79 アジア新で史上最高4位!パリ五輪で輝く(スポニチ)
日本女子マラソン「光と影」レース当日まで野口みずき本人にも黙っていた アテネ五輪での“大きな賭け”(日刊ゲンダイ)

●7月25日
【世界陸上】サニブラウン、北口榛花ら若手躍進に手応え「まいた種が花開いた」山崎一彦監督総括(日刊スポーツ)
【世界陸上】マイル侍メダル肉薄4位 日本&アジア新更新 ウォルシュ中心に層厚く“復権”兆し(日刊スポーツ)
【世界陸上】35キロ競歩・川野将虎1秒差銀メダル 新種目でも“競歩大国”バトンつないだ(日刊スポーツ)
パリ五輪で敗者復活を導入 陸上、200~1500メートル(共同通信)
【世界陸上】“マイル侍”ウォルシュは破天荒エピソード満載 「養豚場のおかげで速くなった」(スポニチ)
【世界陸上】男子1600Mリレーが復権のアジア新で4位「4継だけじゃなく、マイルもまた日本の“お家芸”に」(スポニチ)
【世界陸上】日本は金1&銀2&銅1 山崎強化委員長「非常に大きな成果」(スポニチ)
【世界陸上】コロナ陽性者は選手10人含む58人 日本選手団は鈴木健吾、小池祐貴ら19人(スポニチ)
【世界陸上】女子100m障害準決勝・青木益未 2組6位で決勝進出ならずも「思い切りいけた」(スポニチ)
【世界陸上】女子100m障害準決勝・福部真子 涙の日本新!「言葉に表せないです」決勝進出はならず(スポニチ)
【世界陸上】閉幕 日本はメダル4個、競歩の金銀銅と北口榛花の銅 “競歩大国”の威厳示す(日刊スポーツ)
【世界陸上】「委ねられた走り」ウォルシュ激走…未来へつながる1600mリレー史上最高4位(日刊スポーツ)
【世界陸上】フィリピン・オビエナが棒高跳び5m94のアジア新記録で銅メダルを獲得(日刊スポーツ)
【世界陸上】デュプランティス棒高跳び6m21の世界新 6mを1発クリアで金メダル決める(日刊スポーツ)
【世界陸上】マイル侍、1600mリレー日本新&アジア記録で史上初4位も「本当に悔しい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】アンサムが女子100障害V 追い風参考12秒06 準決で12秒12驚異の世界新(日刊スポーツ)
【世界陸上】インゲブリクセン金、5000でノルウェー勢初メダル 強豪アフリカ勢おさえ快挙(日刊スポーツ)
【世界陸上】福部真子、100障害日本新も「速すぎて笑っちゃう」同走アムサンの世界新に衝撃(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子100m障害 福部真子が日本新12秒82「目指していたタイム」決勝逃すも喜び(日刊スポーツ)
競歩川野、銀メダルを獲得 世界陸上最終日(共同通信)
史上初女子やり投げ銅の北口榛花 チェコ人指導者に出会い即弟子入り宣言、単独渡欧した活力(日刊ゲンダイ)
世界陸上男子35キロ競歩・川野将虎が銀メダル…金と1秒差(読売新聞)
【世界陸上】35キロ競歩・松永大介、序盤“独歩”も失速 パリ五輪へ「有終の美で飾れるよう」(日刊スポーツ)
【世界陸上】野田明宏35キロ競歩9位「世界は甘くなかった。情けないし申し訳ない」(日刊スポーツ)
【世界陸上】新種目の35キロ競歩で川野将虎が銀「満足せずブダペスト大会、パリ五輪へ準備を」(日刊スポーツ)
川野、男子35キロ競歩で「銀」 世界陸上(産経新聞)
【世界陸上】合計19人が陽性の日本選手団、コロナ対策は岐路「“鎖国状態”で臨んだ大会だった」(スポーツ報知)
【世界陸上】“大逃げ”不発の松永大介は26位「メダルをとったら引退しようと思っていた」 24年パリ五輪まで現役続行へ(スポーツ報知)
【世界陸上】ディーン元気は9位 男子やり投げ日本勢7年ぶりトップ10…8位入賞へ肉薄「悔しいの一言」(スポーツ報知)
【世界陸上】新種目・男子35キロ競歩は川野将虎が銀メダル(スポーツ報知)
【世界陸上】川野が新設35キロ競歩で銀 東京五輪50キロ6位の雪辱(スポニチ)
【世界陸上】リレー侍が03年大会以来19年ぶり決勝進出 男子1600メートル予選、米国に次ぐ全体2位(スポニチ)
【世界陸上】ディーン、9位終戦…取材エリアでは「強過ぎっす、みんな」(スポニチ)
【世界陸上】田中希実、日本初個人3種目完走も悔し涙 今大会ラスト5000メートル入賞ならず(スポニチ)
【世界陸上】競歩・松永大介「後悔はない」大逃げ 「ここで引退するつもりだったけど…」(スポニチ)
【世界陸上】川野将虎が銀「本当に多くの支えがあってこの舞台に立つことができた」新設35キロ競歩(スポニチ)

●7月24日
100mハードル前回女王アリが転倒失格、世界陸上(AFP=時事)
コリル、東京五輪に続き男子800m制覇 世界陸上(AFP=時事)
女子400mリレーは米国が金、ジャマイカ抑える 世界陸上(AFP=時事)
【世界陸上】田中希実、5000Mは15分19秒35で12位 今大会5レースを力走(スポーツ報知)
リレー侍がバトンパス違反で予選失格、3大会連続の表彰台逃し、上山紘輝「自分の実力不足だった」(スポーツ報知)
【世界陸上】秦澄美鈴、日本勢13年ぶり出場も決勝進出ならず「3本の大事さが身にしみた」(スポーツ報知)
【世界陸上】北口榛花、女子やり投げで銅メダル輝くも試合中はコーチと「実はけんかをしていて」(スポーツ報知)
【世界陸上】女子100メートル障害は福部真子、青木益未がともに準決勝へ「どこまで競れるか感じたい」(スポーツ報知)
陸上 浜松市立高・沢田結弥が世界へ挑戦、女子1500M「海外選手にびびったりせず、積極的なレースを」…U20世界陸上8月1日コロンビアで開幕(スポーツ報知)
男子1600mリレーで19年ぶり決勝進出、アンカー中島が最後の直線で2人抜き返す…世界陸上(読売新聞)
世界陸上の日本選手団、新たに役員2人がコロナ陽性…感染計19人に(読売新聞)
田中希実、女子5000m決勝で12位…世界陸上(読売新聞)
ディーン元気、男子やり投げで9位…世界陸上(読売新聞)
【世界陸上】男子1600mリレー“マイル侍”19年ぶり決勝進出 初メダルへ「見届けて下さい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】田中希実、過密日程“完走”「昨日から分からない涙出て」感情整理できずレース後涙(日刊スポーツ)
【世界陸上】“競歩大国”日本勢の川野将虎、松永大介、野田明宏が悲願メダルへ/第10日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】北口 女子やり投げ日本勢初の銅メダル!泣いた笑った…ラスト1投で逆転(スポニチ)
【世界陸上】北口に聞く メダルに「自然と涙出た」コーチと「途中までケンカしてた」(スポニチ)
【世界陸上】北口の父・幸平さんはパティシエ「ケーキでも作ってあげたいなと思います」(スポニチ)

●7月23日
圧勝の走りで50秒台突入 女子400メートル障害世界新(産経新聞)
【世界陸上】女子やり投げ北口榛花歴史的銅!世界と戦うため弟子入りチェコ人コーチに感謝の涙(日刊スポーツ)
【世界陸上】個人3種目出場の田中希実が女子5000m決勝に出場/第9日見どころ(日刊スポーツ)
旭川東53年ぶり決勝 試合前に先輩・北口榛花の世界陸上銅の一報知り「追い風だな」/北北海道(日刊スポーツ)
【世界陸上】日本人の母を持つ米国マイケル・ノーマンが男子400m金「本当に素晴らしい気分」(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子やり投げ北口榛花「6投目できる子だと思ってやりました」最終逆転の銅メダル(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子やり投げ北口榛花が銅メダル!高校入学後1年間は競泳と二刀流/アラカルト(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子400障害でマクラフリンが驚異的世界新 2位に1秒59差の独走50秒68(日刊スポーツ)
【世界陸上】北口榛花が快挙の銅 パティシエの父がつくるケーキ、今回は大作に!?/こんな話(日刊スポーツ)
【世界陸上】日本人の母を持つマイケル・ノーマンが男子400mで金メダルに輝く(日刊スポーツ)
【世界陸上】棒高跳び山本聖途は決勝進出ならず、5m75を3回とも失敗し上位12人に残れず(日刊スポーツ)
【世界陸上】400mリレー2走鈴木涼太「0・5歩縮めてもらったけど」 東京五輪に続く失格(日刊スポーツ)
【世界陸上】やり投げ北口榛花が銅メダル!最終6投目で逆転 投てき種目で日本女子初メダル快挙(日刊スポーツ)
【世界陸上】日本、男子400mリレー予選失格 2走→3走でバトンミス 上山紘輝「悔しい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】青木益未ら女子400mリレー、初の決勝進出ならずも11年ぶり日本記録を更新(日刊スポーツ)
北口榛花、銅メダル支えた現地の“やさしさ”「金メダルならタダにしてあげると言われていたけど…」(スポーツ報知)
【世界陸上】北口榛花、女子やり投げ史上初の銅メダル…サニブラ&橋岡と同世代の“ダイヤモンド”が快挙(スポーツ報知)
【世界陸上】女子リレーは日本記録更新も、決勝進出ならず 児玉芽生「うれしいが、世界との差を痛感」(スポーツ報知)
【世界陸上】“新リレー侍”は予選38秒78の1組4着も、バトンミスで失格 3大会連続メダルならず(スポーツ報知)
【世界陸上】3大会連続メダルに挑む“リレー侍”、予選は坂井―鈴木―上山―柳田 米国&英国も主力を起用へ(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウン・ハキーム欠場も「バトン」で攻めるリレー侍…担当記者が占う(スポーツ報知)
【世界陸上】銅メダル北口榛花の足もとの秘密 こだわり抜いたミズノ特製シューズ(スポニチ)
【世界陸上】やり投げ銅・北口榛花、現地でも自然体「突然行きつけになった日本食屋さんがある」(スポニチ)
【世界陸上】やり投げ銅・北口榛花と一問一答「友達と遊べなかったりコーチとケンカしたり…」(スポニチ)
【世界陸上】大快挙の北口、歴史に刻んだ「榛花」の名 日本陸連に「棒花」と間違われたことも…(スポニチ)
【世界陸上】銅メダル獲得の北口榛花 パティシエの父も感激「何か好きなもの、ケーキでも作ってあげたい」(スポニチ)
【世界陸上】高野進氏が見た男子400mリレー バトンパスに課題も新チーム構築の第一歩(スポニチ)
松山大女子駅伝部、部員不足で活動終了へ…16年の「杜の都」制覇・今年は欠場(読売新聞)
【世界陸上】園田世玲奈が新種目の女子35キロ競歩で9位 ガルシア・レオン20キロに続き2冠(日刊スポーツ)
【世界陸上】園田世玲奈、初実施の35キロで入賞まで7秒差「自分の中で大きな一歩」(スポーツ報知)
日本女子マラソン「光と影」野口みずきを「ストライド走法」に変えた チョコチョコ走りでは世界では戦えない(日刊ゲンダイ)

●7月22日
【世界陸上】20キロ競歩2連覇山西利和「一つ一つ積み重ねた結果」成田空港に帰国(日刊スポーツ)
男子20キロ競歩金の山西利和が帰国 アスリート委員も当選し「頑張ります」(スポーツ報知)
【世界陸上】リレー侍 サニ代役はスズキの鈴木「最大のパフォーマンスを」(スポニチ)
【世界陸上】競歩に園田世玲奈が日本勢で唯一出場、男子400m予選/第8日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】ディーン元気が予選突破、今季自己ベスト82m34 やり投げ初の日本男女同時決勝進出(日刊スポーツ)
【世界陸上】サニブラウン400mリレー予選欠場「疲労重なり体全体にストレス」決勝も回避濃厚(日刊スポーツ)
【世界陸上】遠藤日向、男子5000mで準決勝に進めず 予選13分47秒07で組13着(日刊スポーツ)
【世界陸上】田中希実800mは予選敗退 5000m決勝へ「良かったと思える終わり方を」(日刊スポーツ)
やり投げた勢いで側転、ポルトガルのラモス 世界陸上(AFP=時事)
日本女子マラソン「光と影」 野口みずきは世界陸上で五輪切符を獲得、メダルに届くのではと思った(日刊ゲンダイ)
失敗から学んだ心構え 東京五輪主将の山縣―企画・大役の夏を経て(上)(時事通信)
【世界陸上】サニブラウン400mリレーの予選欠場、100mの反動大きく 決勝出場も未定(日刊スポーツ)
【世界陸上】ウォルシュは31年ぶり決勝ならず 男子400m予選落ち「もたなかった」(日刊スポーツ)
【世界陸上】やり投げ武本紗栄も予選通過「決勝に進むことがマストの目標だった」59m15(日刊スポーツ)
【世界陸上】やり投げ北口榛花がメダル視界「出せなかった数字」コーチ信じ自己ベスト64m32(日刊スポーツ)
【世界陸上】北口榛花、予選トップ通過…女子やり投げ1投目で今季自己最高64メートル32(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウン、400メートルリレー予選を欠場へ「体全体に大きなストレス」 100メートル7位入賞の反動大きく…(スポーツ報知)
【世界陸上】リレー侍 (1)坂井→(2)鈴木→(3)上山→(4)柳田に決定(スポニチ)
【世界陸上】サニブラウン「悔しい気持ち半分…」 7位入賞100mの代償でリレー欠場(スポニチ)

●7月21日
「メダルはウクライナのために」 世界陸上、選手団が喜びの会見(共同通信)
フレーザープライスの復活快走も…日本では理解されないアスリートのオシャレ 世界陸上女子100メートル決勝(夕刊フジ)
ジェルトが女子3000m障害V 馮彬は女子円盤投げ金 世界陸上(AFP=時事)
【世界陸上】ディーン元気、小椋健司が男子やり投げ予選に登場/第7日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】日本人の母を持つマイケル・ノーマンが400m全体1位で決勝へ「いいレース」(日刊スポーツ)
【世界陸上】広中璃梨佳5000m予選敗退「出し切った」1秒05差届かず初の世界選手権終える(日刊スポーツ)
【世界陸上】北口榛花やり投げ全体1位で決勝進出 一投目64m32、日本女子初メダル見えた(日刊スポーツ)
【世界陸上】北口榛花やり投げ全体1位で決勝進出「自信を持って臨めたのが良かった」と笑顔(日刊スポーツ)
【世界陸上】北口榛花やり投げ日本女子初メダルへ期待膨らむ 全体1位突破の理由とは(日刊スポーツ)
【世界陸上】日本選手団で新たにコーチ2人がコロナ感染 選手スタッフ含め感染者は計17人に(日刊スポーツ)
【世界陸上】田中希実、5000m決勝進出 「食らいつけた」今季自己ベスト15分00秒21(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子400M、ウォルシュと佐藤はともに敗退…1600メートルリレー決勝進出へ「流れを作れるように」(スポーツ報知)
【世界陸上】日本選手団の新型コロナ陽性が計17人に…コーチ2人の陽性が新たに判明(スポーツ報知)
【世界陸上】北口榛花、日本女子初メダル見えた! 全体トップ64メートル32で決勝へ「自分のことに集中して頑張ります」(スポーツ報知)
【世界陸上】女子走り高跳びでウクライナのマフチフが銀メダル「満足。私にとっては金」(日刊スポーツ)
【世界陸上】第3走者に上山紘輝、アンカー柳田大輝 3大会連続のメダルへ男子400mリレー(日刊スポーツ)
山縣亮太が世界陸上“リレー若侍”にエール「リスク恐れず楽しんでほしい」(スポーツ報知)
100m王者カーリー、けがでリレーは欠場 世界陸上(AFP=時事)
セメンヤは惨敗 女子5000m予選敗退 世界陸上(AFP=時事)
日本女子マラソン「光と影」真木和の失敗から、野口みずきが五輪メダルを狙うのに「十分な時間」が欲しかった(日刊ゲンダイ)
日本女子マラソン「光と影」野口みずきは初マラソンVでアジア大会代表に それでも私が辞退させた理由(日刊ゲンダイ)
名門・中京大中京のエースがインターハイへ…「今年も挑戦者」リベンジ誓う(読売新聞)

●7月20日
【世界陸上】柳田大輝 400メートルリレーはアンカー起用か「自分の走りを貫きたい」(スポニチ)
【世界陸上】サニブラウン、リレー侍に「信頼関係」注入 小池不在で精神的支柱(スポニチ)
世界陸上コロナで欠場 小池祐貴「普段日本で行っている感性症対策は通用しませんでした」(スポニチ)
【世界陸上】ウクライナのマフチフが女子走り高跳びで2大会連続銀「苦しくて難しい状況だった」(日刊スポーツ)
【世界陸上】飯塚翔太は準決勝敗退「加速がすごかった」「結果は悔しいけど、また頑張りたい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】やり投げ北口榛花「淡々と入賞を目標にやりたい」と意気込み サニブラウンらに刺激(日刊スポーツ)
【世界陸上】上山紘輝、感じた世界最高峰「どれだけ頑張っても置いていかれる」 リレーへ切り替え…(スポーツ報知)
【世界陸上】飯塚翔太、準決勝敗退も手応え「食らいついてまだ頑張れる」(スポーツ報知)
【世界陸上】北口榛花「入賞を目標に」日本勢11年ぶりの決勝へ(スポーツ報知)
世界陸上の日本選手団でコロナ陽性続出 対策難しい環境(産経新聞)
毎日変わる「髪色」にも注目 短距離女王フレイザー・プライス(AFP=時事)
100m王者カーリーが男子200m決勝逃す 日本勢も敗退 世界陸上(AFP=時事)
100mアフリカ王者、ビザの問題で世陸到着が直前に 陸連は責任否定(AFP=時事)

●7月19日
【世界陸上】小池祐貴ら感染、400mリレーのバトンパス接触「消毒するしかない」鎌田ドクター(日刊スポーツ)
【世界陸上】有森裕子さんが見た女子マラソン 松田、ほぼ“一人旅”での9位を自信に(スポニチ)
【世界陸上】上山紘輝「楽しくできた」20秒26の自己ベストで準決勝進出 飯塚翔太も予選通過(スポニチ)
【世界陸上】小池祐貴が200m当日にコロナ陽性 400mリレーも欠場でメンバー再編(スポニチ)
【世界陸上】男子200M予選、上山紘輝は20秒26の1組2着で準決勝進出「着順で入れたのがうれしい」(スポーツ報知)
【世界陸上】飯塚翔太、2大会ぶり準決勝進出…7位入賞サニブラから「刺激をもらった」(スポーツ報知)
【世界陸上】走り高跳び真野友博、日本勢初決勝「自分が引っ張って行けたら」戸辺不在で出た自覚(日刊スポーツ)
【野口みずき】第2集団にはつきたかったマラソン松田瑞生 重圧、動揺を抑えて走ったことは評価(日刊スポーツ)
【世界陸上】初出場の上山紘輝に勢い、飯塚翔太と準決勝に挑む 男子200m/第5日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】テレビクルーが男子3000m障害で“障害”になりかける トラック歩き選手よける(日刊スポーツ)
【世界陸上】18歳ナイトン200m予選で快走「満足の結果」全体2位の20秒01で準決勝進出(日刊スポーツ)
【世界陸上】飯塚翔太「すごいですよ。僕らも負けない」サニブラに刺激受けて200m予選突破(日刊スポーツ)
【世界陸上】初出場の上山紘輝、自己ベストで200m準決勝進出「負けられない」サニブラに触発(日刊スポーツ)
【世界陸上】上山紘輝と飯塚翔太が男子200mで準決勝進出、小池はコロナ感染で欠場(日刊スポーツ)
【世界陸上】小池祐貴も新型コロナウイルス感染で200m予選欠場 泉谷駿介と岸本鷹幸も感染(日刊スポーツ)
【世界陸上】土江寛裕ディレクター、15人コロナ判明に「シャワー、トイレ共有など対策難しい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】松田瑞生、目を真っ赤「悔しいです」40キロ手前で8位選手と1秒差に迫るも届かず(日刊スポーツ)
【世界陸上】走り高跳び 初出場真野友博2m27で日本人初8位入賞「今回はついていた」(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子マラソン・松田瑞生は「自分のレースを貫いた。賢かった」…評論・増田明美の目(スポーツ報知)
【世界陸上】“リレー侍” 経験豊富な小池祐貴をコロナで欠くピンチ…土江寛裕ディレクター「影響はとても大きい」(スポーツ報知)
【世界陸上】コロナ感染拡大は「危機的状況」 後半リレー種目の調整も懸念…(スポーツ報知)
【世界陸上】真野友博 、日本勢初の8位入賞「高跳びのトップの自覚を持って」(スポーツ報知)
【世界陸上】レース中にヒヤリ…男子3000メートル障害決勝で選手とカメラが接触寸前(スポーツ報知)
【世界陸上】飯塚翔太、2大会ぶり準決勝進出…7位入賞サニブラから「刺激をもらった」(スポーツ報知)
【世界陸上】小池祐貴が新型コロナウイルス感染で200Mを欠場(スポーツ報知)
【世界陸上】女子マラソン・松田瑞生が9位 涙「申し訳ありません」日本勢2大会連続の入賞ならず(スポーツ報知)
【世界陸上】マラソン女子松田瑞生9位 2019年谷本観月に続く日本勢入賞ならず(日刊スポーツ)
【世界陸上】9位・松田瑞生に「ありがとう」 山中コーチ「競技への熱意が伝わってきた」(スポニチ)
【世界陸上】男子400メートル障害 黒川決勝逃すも「前半から攻めた」(スポニチ)
【世界陸上】20キロ競歩銀メダルの池田向希がつかんだ〝飛躍のヒント〟(東スポ)

●7月18日
カール・ルイス氏、母校のHCに 五輪で金メダル9個―陸上(時事通信)
女子砲丸投げの郡菜々佳が大会新で優勝「身近なものに感じた」世界選手権から刺激(日刊スポーツ)
【世界陸上】諏訪利成氏が見た男子マラソン 駆け引きより力を出し合う展開、西山&星も実力出せた(スポニチ)
ホロウェイが波乱の110mハードル制す 米国勢が金連発 世界陸上(AFP=時事)
チェプテゲイが男子1万m連覇 世界陸上(AFP=時事)
トラが大会新記録で男子マラソン優勝、世界陸上(AFP=時事)
【瀬古利彦】ペースメーカーいない世界大会 駆け引きに勝つには「速さ」だけでなく「強さ」必要(日刊スポーツ)
【世界陸上】地元スター失格 フライングルールに「科学的根拠もない判断基準」SNSに疑問の声(日刊スポーツ)
【世界陸上】西山雄介「いい経験ができた」日本人の大会史上最高2時間8分36秒で13位(日刊スポーツ)
【世界陸上】35歳フレーザープライス2大会連続5度目V 出産経ても「最速女王」女子100m(日刊スポーツ)
【世界陸上】コロナ感染の新谷仁美、37・5度以上の発熱や背中の痛み 日本選手団11人感染(日刊スポーツ)
【世界陸上】高橋尚子さん、新谷仁美コロナ感染でのマラソン欠場に「本人が一番悔しいと思う」(日刊スポーツ)
【世界陸上】コロナ禍の女子マラソン…唯一の日本勢・松田瑞生が入賞へド根性/第4日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】35歳フレーザープライスが女子100m大会新で金メダル、ジャマイカ勢表彰台独占(日刊スポーツ)
【世界陸上】わずか1000分の1秒差でフライング!男子110m障害決勝で優勝候補アレン失格(日刊スポーツ)
【世界陸上】110m障害でアクシデント!東京五輪金パーチメント、決勝直前に右太もも痛め棄権(日刊スポーツ)
【世界陸上】初出場の黒川和樹、400M障害準決勝で6着 後半ペースに乗れず決勝進出逃す(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子100m準決勝で選手2人フライング失格「リアクションタイム」に疑問の声も(日刊スポーツ)
【世界陸上】マラソン激震…新谷仁美もコロナ感染、まさかの欠場 一山麻緒に続き女子2人目(日刊スポーツ)
【世界陸上】泉谷駿介110m障害日本勢初の決勝ならず「正直強い」海外勢との体格差にショック(日刊スポーツ)
ドーピング規定違反でチェロノ、ロスを暫定資格停止 世界陸上に参加できず(日刊スポーツ)
【世界陸上】田沢廉1万mで20位「思うような走りができなくて悔しい」伊藤達彦22位(日刊スポーツ)
【世界陸上】女子マラソン一山麻緒に続き、新谷仁美も欠場 集団感染に3つの背景…担当記者が見た(スポーツ報知)
【世界陸上】 男子20キロ競歩銀メダルの池田向希が帰国「心技体全てでレベルアップした」(スポーツ報知)
コロナ陽性でマラソン棄権の新谷仁美 インスタで心境つづる「最後の世界陸上という覚悟で臨んでいた」(スポーツ報知)
世界陸上男子マラソン入賞なし 青学大の原晋監督「立て直し急務」(スポーツ報知)
世界陸上マラソンを05年銅の尾方剛氏が語る「13位の西山雄介は実力通り。欠場の鈴木健吾はベルリン出場を期待」(スポーツ報知)
【世界陸上】女子マラソン新谷仁美もコロナで欠場…クラスター拡大に「チーム一丸で難局を乗り越えたい」(スポーツ報知)
【世界陸上】泉谷駿介、“日本最速”でも跳ね返された世界の壁「圧倒的な差がある」(スポーツ報知)
【世界陸上】新谷仁美、新型コロナ陽性で出場絶望…マラソン代表のクラスター拡大(スポーツ報知)
【世界陸上】110M障害・泉谷駿介は13秒42の2組5着で準決勝敗退(スポーツ報知)
サニブラウン主軸で男子400Mリレー「勝負できる」…日本陸連・土江寛裕・短距離ディレクター(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウンは日の丸を受け取らなかった、入賞の先を本気で目指したからこその振る舞い…担当記者の目(スポーツ報知)
【世界陸上】青戸慎司氏、サニブラウンの決勝進出は日本陸上界全体に「何とかなりそうだ」と好影響ある偉業(スポーツ報知)
【世界陸上】田沢廉、初の世陸で不完全燃焼20位「参加するだけになってしまった」(スポーツ報知)
サニブラウン、100mファイナリスト「断片しか覚えていない」…五輪惨敗から地道な練習で復活(読売新聞)
【世界陸上】西山雄介が日本選手最高タイムで13位「肝心なところで勝負できなかった」(日刊スポーツ)
【世界陸上】エチオピアのトラ男子マラソンV 2時間5分35秒の大会記録 終盤驚異的スパート(日刊スポーツ)
【世界陸上】トラブル発生?男子マラソン約2分遅れでスタート 1周目終えて日本勢2人先頭集団(日刊スポーツ)
【世界陸上】西山雄介が日本勢過去最高タイムで13位「生きたレースを経験できて今後につながる」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子マラソン日本勢は30キロ過ぎで先頭集団から遅れる(スポーツ報知)

●7月17日
【世界陸上】サニブラウン日本勢初のファイナリスト「こんなところで満足してられない」7位入賞(日刊スポーツ)
【世界陸上】高野進が見た100メートル決勝 サニブラウン、1レーンでも中間まで引け取らず(スポニチ)
【世界陸上】サニブラウン歴史的7位 “暁の超特急”が言った「異常」に終止符、新時代の日が差した(スポニチ)
【世界陸上】世界陸連「クラスターが発生しました」と発表 日本選手団7人感染受けて緊急措置(スポニチ)
五輪王者ヤコブスが棄権 世界陸上、男子100メートル(AFP=時事)
大嫌いなマラソンで世界陸上 破天荒ランナー新谷仁美の挑戦(産経新聞)
浜松南部中・佐藤瑞城が大会新で優勝 全国へ向け「頂点取りたい」/陸上1500m(日刊スポーツ)
浜松積志中・小池雛が12秒24でV 全国では「11秒台で優勝したい」/陸上100m(日刊スポーツ)
【世界陸上】サニブラウン日本勢初のファイナリスト「こんなところで満足してられない」7位入賞(日刊スポーツ)
【記者メモ】16歳のサニブラウン「目標は9秒58」の誓いが背中を押し続ける(日刊スポーツ)
【伊東浩司】1発目から世界水準の記録で走れるサニブラウン 国内でも同じ日に準決勝→決勝を(日刊スポーツ)
【解説】世界陸上サニブラウン男子100m決勝進出「ファイナルの壁」固定観念に風穴あけた快走(日刊スポーツ)
【世界陸上】快挙のサニブラウン、決勝スタートは「全く覚えていないです」/一問一答(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子マラソン鈴木健吾欠場の中、星岳、西山雄介が入賞以上目指す/第3日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】カーリーが100m金 ブレーシー銀、ブロメル銅で米国勢31年ぶり表彰台独占(日刊スポーツ)
【世界陸上】サニブラウン、10秒06で100m決勝7位!カーリー金メダル、米国が表彰台独占(日刊スポーツ)
【世界陸上】織田裕二、サニブラ決勝進出に涙止まらず「あの男は…もっているよね」(日刊スポーツ)
【世界陸上】マラソンの鈴木健吾、一山麻緒夫妻がコロナ感染で欠場 コーチらも陽性判明(日刊スポーツ)
【世界陸上】橋岡優輝、7m86で無念10位、4回目以降に進めず 男子走り幅跳び(日刊スポーツ)
【世界陸上】サニブラウン100m決勝進出!日本勢で吉岡隆徳以来90年ぶり世界ファイナリスト(日刊スポーツ)
【世界陸上】坂井隆一郎100m準決勝敗退「中盤から後半は圧倒され自分の走りができなかった」(日刊スポーツ)
【世界陸上】衰えぬ35歳フレーザープライス余裕の10秒87、圧倒的強さで女子100m準決へ(日刊スポーツ)
【世界陸上】初出場の黒川和樹、400m障害で準決勝進出「後半は自分のレースじゃなかった」(日刊スポーツ)
【世界陸上】マラソン激震“史上最速夫婦”がコロナ欠場 鈴木健吾が発熱、一山麻緒はノドの痛み(日刊スポーツ)
【世界陸上】広中璃梨佳が女子1万mで12位、日本歴代2位「自分のペースで積極的な走りを」(日刊スポーツ)
【世界陸上】泉谷駿介110m障害で準決勝進出「勝とうと思わずついていこうと」着順を重視(日刊スポーツ)
世界陸上派遣中の山崎一彦監督が新型コロナ陽性、選手団と隔離するため別棟で5日間の安静加療(日刊スポーツ)
コロナ感染欠場の世陸マラソン男子・鈴木健吾 恩師の大後栄治監督に報告「申し訳ありません」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子100M決勝 サニブラウンは10秒06の7位「悔しかったけど全力出し切った」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子100Mは米国が91年東京大会以来、31年ぶりの表彰台独占(スポーツ報知)
【世界陸上】男子走り幅跳びの橋岡優輝は10位「とってもとっても悔しい。それ以外ない」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子100M決勝 サニブラウンは10秒06の7位…日本史上初の決勝舞台で力走(スポーツ報知)
【世界陸上】女子1500M準決勝 田中希実は4分5秒79で決勝進出ならず(スポーツ報知)
【世界陸上】男子走り幅跳び 橋岡優輝は7メートル86で10位 トップ8ならず(スポーツ報知)
【世界陸上】男子100M坂井隆一郎は、準決勝2組10秒23の6着で決勝進出ならず(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウン、日本勢史上初の快挙…世陸100M決勝へ進出(スポーツ報知)
【世界陸上】マラソン鈴木健吾、一山麻緒らがコロナ陽性で欠場へ…山崎一彦監督らも陽性(スポーツ報知)
【世界陸上】青戸慎司氏男子100㍍「サニブラウンは予選のような走りを再現できれば、期待はめちゃくちゃ大きい」(スポーツ報知)
五島莉乃、不完全燃焼に涙「いつかあの大歓声の中でゴールできるように…」(スポーツ報知)
広中璃梨佳、日本歴代2位の30分39秒71で12位「自己ベストを達成して自信に」(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウン男子100㍍日本勢初の9秒台で3大会連続準決勝進出「歴史をつくりにきている」(スポーツ報知)
【世界陸上】池田向希東京五輪につづき男子20キロ競歩悔しい銀…日本勢ワンツーも山西に7秒届かず(スポーツ報知)
【世界陸上】山西利和 日本勢初の連覇 東京五輪銅で気づいた負けず嫌い(スポーツ報知)
【世界陸上】初出場の村竹ラシッド、13秒73で敗退もさわやか「この舞台に立つことに意義がある」(スポーツ報知)
【世界陸上】泉谷駿介、13秒56で準決勝進出「もうちょっと攻められたかな」 石川周平も予選通過…(スポーツ報知)

●7月16日
【世界陸上】高野進氏が見た100m 予選としては100点のサニブラウン、決勝進出&日本新のチャンス(スポニチ)
世界陸連が金メダル数訂正 前回までのフェリックス(共同通信)
A・フェリックス、現役ラストランで銅 世陸19個目メダルで幕(AFP=時事)
陸上=世界陸上、ビザ問題で多数の選手とスタッフが入国できず(ロイター)
2025年、東京で世界陸上 34年ぶり帰ってキタ~ッ!!五輪でかなわなかった国立競技場有観客開催(スポニチ)
世陸東京開催 後押しした「国立サブトラック問題」解決 一方、維持費年間24億円捻出はどうなる(スポニチ)
【世界陸上】池田向希、東京五輪に続き銀も「完敗したと認めざるを得ない」王者山西の壁は分厚く(日刊スポーツ)
【世界陸上】山西利和が日本人初連覇「誇らしい」ペース、気候把握し単独先頭 2位池田と初快挙(日刊スポーツ)
【世界陸上】サニブラウン3度目9秒台も「歴史をつくりにきている」目標は吉岡隆徳以来の決勝(日刊スポーツ)
みちょぱがはとこの競歩・池田向希を祝福「銀メダルおめでとうございます 毎回毎回凄すぎる」(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子100m準決勝&決勝 サニブラウンと坂井隆一郎が上位狙う/第2日見どころ(日刊スポーツ)
【世界陸上】走り幅跳び橋岡優輝、2大会連続の決勝進出 日本勢最高8m18「ホッとしている」(日刊スポーツ)
【世界陸上】フェリックス、ラスト舞台で銅 大会通算18個目メダル 混合1600mリレー決勝(日刊スポーツ)
【世界陸上】山西利和が20キロ競歩連覇、日本勢初の2大会連続金メダル 池田向希が銀メダル(日刊スポーツ)
【世界陸上】サニブラウン、9秒98で100m準決勝進出「後半はリズムを感じて、抜けられた」(日刊スポーツ)
【世界陸上】東京五輪銀カーリー、100m予選いきなり9秒79 今季自己ベスト9秒76マーク(日刊スポーツ)
【世界陸上】初出場の坂井隆一郎、100m準決勝進出「絶対に着順内でと思っていた」と笑顔(日刊スポーツ)
【世界陸上】田中希実、女子1500mで日本勢初の準決勝進出 予選で4分5秒30(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子3000m障害 三浦龍司、決勝進出ならず 「少し勝負ができた」手応えも(日刊スポーツ)
【世界陸上】池田向希が銀、残り1キロで山西利和に離され「悔しい思い」 男子20キロ競歩(日刊スポーツ)
【世界陸上】走り高跳び真野友博、雄たけび&ガッツポーズ 日本勢トップバッターで決勝進出(日刊スポーツ)
【世界陸上】競歩・山西利和、大谷翔平も実践した「オープンウインドウ64」驚異の完成度(日刊スポーツ)
【世界陸上】走り幅跳びの橋岡優輝、8メートル18で2大会連続決勝進出(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウン、日本勢で初めて世陸で9秒台! 史上初ファイナリストへ絶好調「歴史を作りに来ている」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子100M坂井隆一郎が10秒12で予選突破(スポーツ報知)
【世界陸上】田中希実が1500Mで、日本史上初の準決勝進出「新しい歴史を作れた」(スポーツ報知)
【世界陸上】田中希実が1500M予選4分5秒30 タイムで拾われ、日本勢史上初の準決勝進出(スポーツ報知)
【世界陸上】三浦龍司、男子3000M障害予選8分21秒80 タイムでも拾われず予選敗退(スポーツ報知)
【世界陸上】池田向希、東京五輪に続く銀「今回は悔しいと思えたのが成長」(スポーツ報知)
【世界陸上】男子20キロ競歩の山西利和が2大会連続金メダル、池田向希が銀で史上初の世陸日本勢ワンツー(スポーツ報知)
【世界陸上】男子100M予選、坂井隆一郎は五輪王者と同走の“死の組”…サニブラは7組(スポーツ報知)
【世界陸上】岡田久美子「ベテランの味を出せた」 直前に疲労骨折も粘りの14位(スポーツ報知)
【世界陸上】藤井菜々子、日本勢最高タイ6位「トップとの差が縮まった」 5位とは1秒差(スポーツ報知)
25年世界陸上、東京決定 18年ぶり3度目の日本開催を意義と課題から担当記者が「読み解く」(スポーツ報知)

●7月15日
土佐礼子さんが25年東京世界陸上に歓喜「全ての人が楽しめる大会になればいいな」(スポーツ報知)
16日からスポーツ報知創刊150周年報道写真展を開催 瀬古利彦さんと吉田沙保里さんがテープカット(スポーツ報知)
【箱根への道】優勝12回・名門に復活へ「なにが・なんでも!」新しい日大(スポーツ報知)
23年大阪マラソンは3万2000人参加で開催 一般申し込みはネットのみ8月5日10時から受付(日刊スポーツ)
【解説】2025年世界陸上東京開催 国立競技場陸上トラックは東京五輪レガシーとしての活用鮮明に(日刊スポーツ)
【世界陸上】新谷仁美「大仏の気持ちで」一山麻緒「パリ五輪の通過点」女子マラソン代表会見(日刊スポーツ)
25年世界陸上の東京開催決定「競技場や施設、強力な市場基盤も持っていた」世界陸連コー会長(日刊スポーツ)
25年東京で世界陸上開催決定 小池百合子都知事「国際的なプレゼンスを高める好機となります」(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子20キロ競歩で大会連覇目指す山西利和が登場/第1日見どころ(日刊スポーツ)
ファラーの人身売買被害、英警察が捜査開始(AFP=時事)
陸上=ファラー告白の児童売買被害、ロンドン警視庁が捜査(ロイター)
2025年の世界陸上は東京開催 34年ぶり2度目(AFP=時事)
東京で25年世界陸上 最多3度目の日本開催(時事通信)
陸上=25年世界選手権、東京開催が決定 34年ぶり(ロイター)
【陸上】25年世界選手権は東京開催 世界陸連は8月開催熱望も「9月中旬を考えている」(東スポ) 
日本陸連・尾県貢会長「歴史に残る世界陸上を開催したい」25年東京開催決定受け決意(日刊スポーツ)
25年世界陸上の東京開催決定 91年東京、07年大阪大会に次ぎ国内3度目(日刊スポーツ)
25年東京世界陸上、9月中旬開催を希望…マラソン&競歩の暑熱対策「安全、より良い記録を出すために」(スポーツ報知)
2025年世界陸上が東京開催…日本では18年ぶり、東京では34年ぶり(スポーツ報知)
【世界陸上】マラソン鈴木健吾「表彰台が理想だけど、謙虚に入賞を目標にしたい」と意気込み(日刊スポーツ)
【世界陸上】新谷仁美がマラソンへ“大仏”宣言「心穏やかに大仏になった気持ちで走りたい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】田中希実3種目出場へ「緊張を忘れるくらいの過密スケジュールでチャレンジになる」(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子100m坂井隆一郎「腸腰筋」鍛える地道なドリル 日本人5人目9秒台目指す新星(日刊スポーツ)
【世界陸上】新リレー侍パリ五輪見据えたアピール!平均年齢23歳「挑戦的なことができる」(スポーツ報知)
【世界陸上】泉谷駿介&村竹ラシッド 侍ハードラーが世界の度肝抜く!男子110メートル障害(スポーツ報知)
【世界陸上】寅年生まれ川野将虎 競歩男子35キロ初代王者へ“タイガーウォーク”日本勢表彰台独占も(スポーツ報知)
【世界陸上】鈴木健吾「強い世界の選手にチャレンジする場」日本記録保持者が初の世陸へ抱負(スポーツ報知)
【世界陸上】田中希実、異例の3種目挑戦へ「チャレンジ精神を持って楽しめれば」初戦は1500メートル
【世界陸上】三浦龍司「決勝に残ることが第一前提」7位入賞の東京五輪に続く快走を(スポーツ報知)
【世界陸上】サニブラウン、100メートル初の決勝進出へ「全力を出し切る」きょう深夜開幕

●7月14日
新記録に1390万円授与 世界陸連(共同通信)
走り高跳びマフチフ、世界陸上へ「母国ウクライナに笑顔を」(共同通信)
「殺人者」に居場所ない ウクライナ選手、ロの世陸除外に同情せず(AFP=時事)
日本テレビ「ウルトラマンDASH」青学大とタッグ大作戦…渓谷鉄道とリレー対決 8月に元日以外初放送(スポーツ報知)
【世界陸上】やり投げディーン元気が初練習「久しぶりの世界大会なので気負わずやっていきたい」(日刊スポーツ)
【世界陸上】日本勢のメダルは? 野口みずき氏が占う女子マラソンの勝敗を分ける〝カギ〟(東スポ)
【世界陸上】サラブレッドランナー田中希実「運命」パリ五輪計画先取り“三兎”追う前例なき挑戦(日刊スポーツ)
坂井「すごく楽しみ」 5人目9秒台へ発奮―世界陸上(時事通信)
五輪で飛躍の若手、再び=「日本勢初」に期待―世界陸上(時事通信)

●7月13日
アモスを暫定資格停止に 陸上(時事通信)
全国化の狙いは100回目の「原点回帰」…関東以外に箱根路遠く、全日本最高位は16位関西学院大(読売新聞)
陸上=五輪2冠ファラー、児童売買被害の過去告白 BBC番組で(ロイター)
幼少期の人身売買を告白したファラーに英政界から称賛の声(AFP=時事)
サニブラウン、世界陸上へ初練習 「ここまで来たらやるだけ」(共同通信)
【世界陸上】サニブラウン「他の選手を引っ張っていきたい」日本選手団の“支柱”担う覚悟(日刊スポーツ)
田中希実 父・健智コーチと「2、3日に1回は修羅場」 他人とは違う厳しさもある(デイリースポーツ)

●7月12日
陸上五輪王者ファラー、幼少期に人身売買で渡英 テレビで告白(AFP=時事)
【世界陸上】出発時の空港抗原検査でコロナ陽性…女子1万m代表・小林成美の派遣見送り(中日スポーツ)
世界陸上、橋岡ら軽めの調整 日本選手団、米国で初練習(共同通信)
女子1万M・小林成美、世陸出発当日に新型コロナ陽性 派遣見送り(スポーツ報知)
陸上・小林成美 コロナ陽性で世界選手権の派遣見送り 出発当日の検査で判明(スポニチ)
女子七種競技、長田の中尾が兵庫高校新 陸上・兵庫選手権(神戸新聞)
陸上=マラソン五輪女王ジェプチルチル、けがで世界選手権欠場(ロイター)
田中希実の3種目出場は「常識離れ」の挑戦 それでも「ここ一発の集中力で三兎を追う可能性」(デイリー)
田中希実「負荷がないと楽しめない」 異例の中長距離3種目出場の理由とは(デイリー)

●7月11日
110M障害・泉谷駿介が世陸へ出発 目標は決勝進出「準決勝で13秒1台を狙う」(スポーツ報知)
黒川和樹はイメージトレ万全 「為末さんの走りを…」 世界選手権へ出発/陸上(サンスポ)
田沢廉が初の世界選手権へ 「せっかく与えられたチャンスなので挑戦を」/陸上(サンスポ)
陸上 世界陸上初代表の御家瀬緑、故郷会場の女子400メートルリレーにオープン参加(スポーツ報知)
御家瀬緑「自分たちが先陣を切っていく」福島千里さんエールに誓う“走魂継承”(日刊スポーツ)
石堂陽奈が11秒38で優勝「3台で走れたことがすごくうれしい」女子100メートル(日刊スポーツ)
田中希実、スイーツ持参渡米「3種目出るので」カステラ3個、空港で購入 15日世界陸上開幕(日刊スポーツ)
三千障害の三浦龍司は大目標を掲げず冷静に現状を分析「自分のペースで走っていきたい」(東スポ)

●7月10日
【陸上】3000m障害・三浦龍司「過剰に緊張することない」初の世界選手権へ平常心(スポニチ)
【陸上】走り幅跳び・橋岡優輝、世界選手権2大会連続入賞へ「しっかり8メートル跳ぶ」(スポニチ)
【陸上】400mリレー最年長侍・小池祐貴「みんな熱く語ってて…」若手の“サ活”事情に驚き(スポニチ)
【陸上】3種目挑戦の田中希実「士気高める」世界選手権へ“縁起カステラ”持参(スポニチ)
【陸上】女子100m障害の福部真子 大会タイ13秒00でV(スポニチ)陸上世界選手権 ディーン元気、10年ぶり国際舞台「ここまで戻ってこられた」(神戸新聞)
朝原3世 「地味練」が実を結び代表切符 陸上世界選手権(毎日新聞)
田中希実が世界陸上3種目挑戦宣言「まだ誰もやったことのないことをできるのもプラス」(スポーツ報知)

●7月9日
箱根駅伝王者・青学大の主将とエースが復帰 勝負の夏合宿を前にムード高まる(スポーツ報知)
田中希実、異例の出国前日にレース出場 陸上兵庫選手権・女子1500mで完勝(神戸新聞)
セメンヤ、世界陸上にエントリー(時事通信)
田中希実が世界陸上で前代未聞の挑戦 3種目挑戦、大会10日間で最大8レース出場も【陸上】(中日スポーツ)
【陸上】田中希実、世界陸上3種目挑戦「出て初めて良かった、悪かったという部分がつかめる」(中日スポーツ)
田中希実、世界陸上へ最終調整 3種目挑戦に意気込み(共同通信)
田中希実が世陸3種目出場へ「誰もやっていないことをやるのはプラス」出発前日大会出場(デイリースポーツ)
陸上・田中希実、世界陸上3種目出場宣言 離日前日異例の大会出場「3種目で納得いく結果を」あす10日出発(スポーツ報知)

●7月8日
鏡石・増子が男子3000県中新V 日本中学歴代5位(福島民友新聞)
印西市が順大陸上部駅伝チーム&体操部と1400万円契約 板倉市長「大きな期待をしている」(スポニチ)
順大の男子駅伝チーム、男女体操部と公式ウェア 地元の千葉・印西市のロゴ掲出契約締結(スポーツ報知)
箱根駅伝復帰へチーム力向上 上武大・諏訪監督 選手一人一人の意識変化求める(上毛新聞)
田中希実が世界陸上800メートルもエントリー 日本人初個人3種目に出場(スポニチ)
日本代表の主将が男子走り幅跳び・橋岡&女子やり投げ・北口に決定 世界陸上(スポニチ)

●7月7日
女子100メートルV 喜び語る岩国出身・君嶋選手、リレーで世界へ (山口新聞)
世界陸上の結団式実施 橋岡「心身ともいい形」(共同通信)
飯塚翔太が世界陸上の追加代表に「アドレナリンが少し出ました」(デイリー)
【陸上】日本代表主将は橋岡優輝と北口榛花に決定 世界選手権へ結団式(スポニチ)
陸上日本にイチロー魂注入 世界選手権結団式で山崎一彦氏「思い切り戦ってほしい」(スポニチ)
キャプテン橋岡優輝が結団式で世陸へ意気込み「自分の最大限の力を発揮していきたい」(スポーツ報知)
田中希実が1500&5000に続き、800Mでも世陸内定 飯塚翔太も200Mで内定(スポーツ報知)
【世界陸上】走り幅跳び・橋岡優輝「東京五輪よりも自信がついている」日本選手団結団式(日刊スポーツ)
田中希実が異例の挑戦、世界陸上で中長距離3種目出場へ 1500、5000に加え800mも(日刊スポーツ)
世界陸上“ほぼ毎日”田中希実 異例3種目挑戦で完全燃焼の夏に(スポニチ)
田中希実 800mでも世界選手権代表に決定 1500m&5000mに続き(スポニチ)
3段跳び世界記録保持者ユリマル・ロハス、世界陸上の走り幅跳び出られず 規定外シューズを使用(日刊スポーツ・共同通信)
棒高跳びケンドリクスが2連覇中の世界陸上を欠場 5月に膝の手術を受け回復遅れる(日刊スポーツ・共同通信)
快進撃の三浦、再び世界へ 「7分台」を刺激材料に―男子3000メートル障害(時事通信)

●7月6日
田中希実、陸上3000mで優勝 ホクレン中長距離第2戦(共同通信)
田中、女子3000V ホクレン陸上(時事通信)
田中希実がホクレン深川3000Mで優勝 世陸へ弾み「テーマを完遂できた」(スポーツ報知)
【陸上】田中希実、3000mでV 自身の日本記録に届かずも「少し自分の力の確認ができた」(スポニチ)
泉谷駿介「ミスなく走り切る」 世界選手権決勝へ意欲―陸上(時事通信)
泉谷、世界陸上へ意気込み 「自分を信じてやっていきたい」(共同通信)
小池祐貴、世陸男子400mリレー3大会連続メダルへ「予想以上にいい状態。俺らいけるんじゃないか」/陸上(サンスポ)【陸上】小池祐貴「200の方がワンチャンある種目」世界選手権200メートル決勝進出へ意欲(日刊スポーツ)
松本「リレーで日本新」 世界陸上へ抱負、400で好記録を連発(福島民友新聞)
インタビュー “超前半型ハードラー”黒川和樹、為末先輩超え日本記録だ 「いけそうでいけない」47秒89超えへ法大魂!/陸上(サンスポ)

●7月5日
【陸上】マラソン中村匠吾&ハードル寺田明日香が共演…札幌で豪華講師のランニング教室(北海道ニュースUHB)
東邦銀行新監督に吉田真希子氏 陸上部、川本前監督の教え子(福島民友新聞)
陸上の君嶋愛梨沙選手、岩国市長を訪問 世界選手権女子400メートルリレー代表(中国新聞)
赤松「世界に手届いた」世界選手権・男子走り高跳び代表 岐阜陸協が激励会(岐阜新聞)
京都・亀岡ハーフマラソン、12月に3年ぶり開催へ ゲストランナーに福士加代子さん(京都新聞)

●7月4日
鈴木亜由子「1本1本上がっていきたい」…ホクレン・ディスタンスチャレンジ士別大会(北海道ニュースUHB)
川内優輝、左脚故障で観光ランできず「ホテル近辺だけ散策します」(スポニチ)
前田がハーフ女子制す 自己記録更新で快勝―函館マラソン(時事通信)

●7月3日
全日本大学駅伝選考会を5年ぶり突破の大東大が1500メートルで自己ベスト連発(スポーツ報知)
砲丸投げアツオビンが大会記録 福岡大が15年ぶりの男女総合優勝(西日本スポーツ)
全日本大学駅伝選考会を5年ぶり突破の大東大が1500メートルで自己ベスト連発(スポーツ報知)
105歳被爆アスリート死去 97歳から競技、60m走の日本記録も(朝日新聞)
川内優輝が海外マラソンで左ひざ負傷 3時間57分39秒で完走も「膝の状態がおかしい」 当面休養へ(デイリースポーツ)
希実 女子1500「反省」の2位 序盤から先頭もラスト1周でV逃す(スポニチ)
サニブラウン、世界陸上男子400メートルリレーで第2者 日本陸連・土江寛裕D「一番、彼を生かす走順」(スポーツ報知)
川内優輝、序盤に故障?それでも魂の完走 ゴールドコースト3時間57分39秒で1682位(スポニチ)
「2走・サニブラウン」男子400リレーのエース区間任せた 世界陸上で新布陣(スポニチ)
坂井 世界陸上男子400リレー1走熱望「メダル獲得に貢献できれば」(スポニチ)
箱根駅伝18位・山梨学院大の新人留学生ムトゥクが来日2戦目で自己ベスト(スポーツ報知)

●7月2日
箱根駅伝18位・山梨学院大の新人留学生ムトゥクが来日2戦目で自己ベスト(スポーツ報知)
新生リレー侍いざ世界陸上! 東京五輪バトンミスで途中棄権のリベンジへ/陸上(サンスポ)
ウォルシュ・ジュリアンを3走に回しマイルリレーで日本記録目指す【陸上世界選手権】(中日スポーツ)
【世界陸上】やり投げディーン元気「10年前よりアベレージを狙える状態が上がっている」(日刊スポーツ)
ロンドン五輪以来の世界舞台へ ディーン元気「10年前より状態は上がっている」世陸へ抱負(デイリースポーツ)
“新リレー侍”で1走有力の坂井隆一郎が気合「世界でも通用できる1走に」(デイリースポーツ)
世界陸上へ男子短距離陣が練習 坂井「メダルに貢献を」(共同通信)
【陸上】遠藤日向、世界選手権の調整で3000m制覇 ホクレンDC士別大会(スポニチ)
坂井「いいコンディション」 世界選手権に向け練習―陸上男子短距離(時事通信)
【陸上】男子400mリレーは“フレッシュ侍” エース指名のサニブラウンは2走(スポニチ)
田中希実、1500mで2位「負けてしまったのは反省点」ホクレンDC士別大会(スポニチ)
【世界陸上】400mリレーでサニブラウンは2走「彼を一番生かせる」土江寛裕ディレクター(日刊スポーツ)
世界選手権の“新リレー侍” 2走はサニブラウンが濃厚 1走はスタート得意な坂井が有力(デイリースポーツ)
若返った“リレー侍” 1走期待坂井隆一郎ら練習公開「素晴らしいスタート切る」高平慎士コーチ(日刊スポーツ)
ディーン元気、10年ぶり世界大会「心の炎は消えずにやってきた」 ミズノ世陸内定会見…(スポーツ報知)
サニブラウン、世陸リレーは第2走者起用が有力「一番、彼を生かす走順」(スポーツ報知)
小池祐貴、世陸リレー代表では“兄貴分”「年くったなと随所に感じます」(スポーツ報知)
坂井隆一郎、“リレー侍”スターターに名乗り「世界に通用する1走でいられれば」(スポーツ報知)
第100回箱根駅伝予選会“全国開放”も びわこ学院大「目指しません」(スポニチ)
世界選手権で新“リレー侍”編成へ 坂井隆一郎ら6人選出 桐生、山縣ら実績組は選外(デイリースポーツ)
大経大・青木監督 箱根駅伝予選会に全国の大学が参加へ「凄くありがたい。出場したい」(スポニチ)
箱根駅伝、全国化も厳しい現実 大経大「選手そろえるには準備が必要」 立命大「日程どう組み込むかが難しい」(サンスポ)
第100回箱根駅伝予選会は全国の大学が参加可能に 関西トップの大経大が苦戦覚悟でチャレンジ(スポーツ報知)

●7月1日
元箱根駅伝ランナーの和田正人、“全国化”は「未来ある英断。でも現実的な話…」(日刊スポーツ)
青木を初選出 世界陸上代表  岡山出身、女子100障と400継(山陽新聞)
【世界陸上】桐生、山縣不在…リレー侍は新戦力中心「チャレンジングなチームになった」(東スポ)
高山峻野が世界陸上代表を外れた理由、強化委員長「要項にのっとった」(中国新聞)
世界陸上代表を追加発表 7割が初出場 「チャレンジングなチーム」新リレー侍も期待(デイリースポーツ)
男子100の坂井隆一郎ら代表入り DL優勝の北口榛花も―世界陸上(時事通信)
世界陸上代表に坂井ら新たに37人(産経新聞)
日本のお家芸・男子400メートルリレーは柳田大輝らフレッシュなメンバーでチャレンジ【陸上世界選手権】(中日スポーツ)
「箱根は頭にない」「今の実力差では厳しい」箱根全国化に関東外の大学は微妙な反応…(日刊スポーツ)
世界陸上、北口や小池ら代表選出 計64人に(共同通信)
【世界陸上】やり投げディーン元気が選出「世界の舞台でまた戦える高揚を感じています」(日刊スポーツ)
【世界陸上】男子400mリレーにサニブラウン、坂井隆一郎、小池祐貴、柳田大輝ら6人選出(日刊スポーツ)
ディーン元気、オレゴン世陸代表入り「世界の舞台でまた戦える高揚を感じています」(スポーツ報知)
陸上・世界選手権の男子400メートルリレーは若返り 坂井&上山&柳田&鈴木ら選出(スポニチ)
オレゴン世陸の“リレー侍”は「チャレンジングなチーム」 24年パリ五輪へ新戦力のアピールに期待(スポーツ報知)
大経大 箱根駅伝の門戸開放に「基本的には出場したい」 今夏は関西トップ成績(スポニチ)
来年の名古屋ウィメンズマラソン、参加定員2万2000人で開催へ(中日スポーツ)
デュプランティス、棒高跳び屋外世界最高の6m16で優勝 ダイヤモンドリーグ(AFP=時事通信)
【陸上】拓大・不破聖衣来の練習動画が公開 「少しずつ完全復活に向けて練習をしています」(東スポ)
三浦、3000メートルで10位 陸上DL(時事通信)
「世界に通用するランナーを育成したい」金栗四三らが創設、東京高師が初代王者/箱根駅伝の歴史(日刊スポーツ)
陸上、三浦は3000mで10位 東京五輪代表、自己新記録(共同通信)
来秋箱根駅伝予選会、関東勢以外に高い壁 全日本地区選考会関西トップの大経大でも関東なら25番手相当…担当記者が「占う」(スポーツ報知)
箱根駅伝、史上初の全国から予選会参加OK 24年の100回大会に60年ぶり関東以外の大学チームが出場へ(スポーツ報知)
東京五輪組織委が解散 武藤事務総長「歴史の評価を待ちたい」(毎日新聞)

過去のニュース
2022年7~9月
2022年6月
2022年4~5月
2022年1~3月
2021年10~12月
2021年8~9月
2021年5~7月
2021年1~4月



RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

ダイヤモンドリーグ・ユージン5000mに田中希実!今季DL2戦目、参加標準突破でパリ五輪内定

最高峰シリーズのダイヤモンドリーグ(DL)のユージン大会(米国、5月25日)の一部種目のエントリー選手が更新された。 女子5000mに日本記録(14分29秒18)保持者の田中希実(New Balance)が登録された。ユ […]

NEWS 多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top