HOME 特集

2023.03.16

世界陸上8位の住所大翔が2大会連続代表入り狙う 女子は柳井綾音に注目/全日本競歩能美
世界陸上8位の住所大翔が2大会連続代表入り狙う 女子は柳井綾音に注目/全日本競歩能美

22年オレゴン世界陸上代表の住所大翔

ブダペスト世界選手権代表選考会を兼ねた第47回全日本競歩能美大会が3月19日に行われる。今大会はアジア選手権も併催するかたちで実施。男女20km競歩で熾烈な争いが見られそうだ。

男子20km競歩は、世界選手権ディフェンディング・チャンピオンの山西利和(愛知製鋼)がワイルドカードとして出場権を持ち、その他の最大3枠のうち2月の日本選手権で池田向希(旭化成)と髙橋英輝(富士通)が代表に内定。残す1枠は全選考会を終了後、選考競技会3位以内の中からさまざまな状況を加味して選ばれる。

広告の下にコンテンツが続きます

内定者以外で日本陸連が定める派遣設定記録(1時間19分30秒)突破した選手はおらず、参加標準記録(1時間20分10秒)を切っているのが野田明宏(1時間19分52秒) と松永大介(1時間19分53秒)。野田が選考会だった日本選手権で3位だったことから、現時点で最上位。今大会出場選手は、その記録以上が一つのターゲットとなりそうだ。

アジア選手権の日本代表として出場する住所大翔(順大院)が最注目。昨年のオレゴン世界選手権では初出場ながら8位入賞と健闘した。2月の日本選手権では1時間20分28秒で4位。ちょうど1ヵ月後の大会とコンディショニングは難しいが、力を発揮して2大会連続代表入りを目指す。

古賀友太(大塚製薬)、村山裕太郎(富士通)、諏方元郁(愛知製鋼)らが虎視眈々と上位をうかがう。古賀は歩型と安定感に課題を残すがスピードは一級品。村山は日本選手権で6位に入るなど着実に力をつけている。学生勢では濱西諒(明大)が力を持つ。

女子20km競歩は未だブダペスト世界選手権代表内定者はおらず、藤井菜々子(エディオン)のみが参加標準記録を突破している。まずは1時間29分20秒の参加標準記録にどこまで迫れるか。

広告の下にコンテンツが続きます

アジア選手権に出場するのは柳井綾音(立命大)。日本選手権では藤井、岡田久美子(富士通)にはつけなかったが、1時間33分46秒で3位に入っている。昨年のU20世界選手権10000m競歩でも銅メダルを獲得。トップ2不在の中でタイトルゲットなるか。

昨年のオレゴン世界選手権35km競歩代表の園田世玲奈(NTN)や、学生の内藤未唯(神奈川大)、梅野倖子(順大)、永井優会(金沢学院大)、高校卒業間際で挑戦する石田さつき(大津商高3滋賀)あたりに注目だ。

大会の模様はYouTube「日テレSports」にてライブ配信される。

(※3月17日に住所大翔の欠場が発表)

広告の下にコンテンツが続きます
ブダペスト世界選手権代表選考会を兼ねた第47回全日本競歩能美大会が3月19日に行われる。今大会はアジア選手権も併催するかたちで実施。男女20km競歩で熾烈な争いが見られそうだ。 男子20km競歩は、世界選手権ディフェンディング・チャンピオンの山西利和(愛知製鋼)がワイルドカードとして出場権を持ち、その他の最大3枠のうち2月の日本選手権で池田向希(旭化成)と髙橋英輝(富士通)が代表に内定。残す1枠は全選考会を終了後、選考競技会3位以内の中からさまざまな状況を加味して選ばれる。 内定者以外で日本陸連が定める派遣設定記録(1時間19分30秒)突破した選手はおらず、参加標準記録(1時間20分10秒)を切っているのが野田明宏(1時間19分52秒) と松永大介(1時間19分53秒)。野田が選考会だった日本選手権で3位だったことから、現時点で最上位。今大会出場選手は、その記録以上が一つのターゲットとなりそうだ。 アジア選手権の日本代表として出場する住所大翔(順大院)が最注目。昨年のオレゴン世界選手権では初出場ながら8位入賞と健闘した。2月の日本選手権では1時間20分28秒で4位。ちょうど1ヵ月後の大会とコンディショニングは難しいが、力を発揮して2大会連続代表入りを目指す。 古賀友太(大塚製薬)、村山裕太郎(富士通)、諏方元郁(愛知製鋼)らが虎視眈々と上位をうかがう。古賀は歩型と安定感に課題を残すがスピードは一級品。村山は日本選手権で6位に入るなど着実に力をつけている。学生勢では濱西諒(明大)が力を持つ。 女子20km競歩は未だブダペスト世界選手権代表内定者はおらず、藤井菜々子(エディオン)のみが参加標準記録を突破している。まずは1時間29分20秒の参加標準記録にどこまで迫れるか。 アジア選手権に出場するのは柳井綾音(立命大)。日本選手権では藤井、岡田久美子(富士通)にはつけなかったが、1時間33分46秒で3位に入っている。昨年のU20世界選手権10000m競歩でも銅メダルを獲得。トップ2不在の中でタイトルゲットなるか。 昨年のオレゴン世界選手権35km競歩代表の園田世玲奈(NTN)や、学生の内藤未唯(神奈川大)、梅野倖子(順大)、永井優会(金沢学院大)、高校卒業間際で挑戦する石田さつき(大津商高3滋賀)あたりに注目だ。 大会の模様はYouTube「日テレSports」にてライブ配信される。 (※3月17日に住所大翔の欠場が発表)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top