HOME バックナンバー
ALL for TOKYO 2020+1 安部孝駿 東京五輪でファイナルへ
ALL for TOKYO 2020+1 安部孝駿 東京五輪でファイナルへ

東京五輪でファイナルへ
競技人生の成果を1年後に表現

悲願の五輪出場へ、そのための準備を着々と進めている安部(中央)

2010年の世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)の男子400mハードルで銀メダルを獲得。その時から安部孝駿(ヤマダ電機)には大きな期待が集まった。これまで五輪の舞台に立つことはできなかったが、世界選手権は4度出場。昨年のドーハ大会では17年ロンドン大会に続いて準決勝に進み、決勝進出に0秒30差まで迫った。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪の1年延期が決まり、アスリートたちは満足なトレーニングができない日々が続いている。かつてない事態のなか、東京五輪の参加標準記録を突破している安部は静かに〝勝負の時〟が来るのを待っている。大歓声に沸く国立競技場で、己のポテンシャルを最大限に発揮するために――。

◎文/酒井政人

来年のベストパフォーマンスへ準備

東京五輪延期が決まったのは3月24日。安部孝駿(ヤマダ電機)が合宿先の米国から帰国した翌日だった。「ショックでしたね。この数年は2020年の夏にターゲットを置いてやってきましたから」。

この合宿も元々は3月6日に渡米して27日に帰国する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて日本政府が米国からの入国制限を決めたため、帰国を急きょ4日早めた。

「米国滞在中はどんどん状況が悪化していく最中だったので、帰国した時は、日米のギャップというか違和感がありました」

今季はダイヤモンドリーグ(DL)ドーハ大会(4月17日)、静岡国際(5月2日)、ゴールデングランプリ(5月10日)の出場を予定していたし、その後は海外レースに参戦する計画も立てていた。だが国内大会は6月末まで中止・延期が決まり、今後の見通しははっきりしていない。4月7日に政府から「緊急事態宣言」が発令されたことで、練習も存分にできなくなった。

「自宅の近くで、できるトレーニングをしています」と言う安部は公園、河川敷などで走っている。時にはメディシンボールを使ったトレーニングも行い、トレーナーから指示された自宅でできるエクササイズもこなす。「トラックを走ることはできませんが、距離はウォーキングメジャーで測り、芝生の直線や、上り坂や階段なども走っています。できる練習に限りはありますけど、毎日練習しているので、いい状態は保てていると思っています。本格的な練習ができれば、すぐに戻るという感じです」と言葉に強さがある。

昨年6月の日本選手権で2年ぶり2度目の優勝を飾った(中央)

一方で不安もある。「試合がないので、気持ちの面が心配です。普段はターゲット(試合)に向かって練習しているので、現状維持みたいな練習になるのが一番のストレスです。正直、モチベーションを保つのが難しい」と苦しい胸の内を明かす。

だが、日々最善を尽くしていくことはまったく変わらない。「秋には試合があると信じています」と安部。そして、「オリンピックはみんなに歓迎された中で、自分が走る姿を楽しんで見てもらいたい。そういう時が来るのを待って、ベストのパフォーマンスができるように準備していくしかないと思っています」と前を向いている。

18年アジア大会後に米国で冬季合宿

2020年は安部にとって〝勝負の年〟となるはずだった。1月に練習拠点を地元・岡山から東京に移転。所属するヤマダ電機の選手たち(女子長距離以外)と同じく日大グラウンドでトレーニングを行っていた。

「チームメイトから刺激を受けながら練習していきたいですし、お世話になっているトレーナーも東京にいるんです。17年から高校(岡山・玉野光南高)時代の恩師である長谷川昌弘先生を頼って地元でやっていましたが、自分自身も成長しました。長谷川先生に頼る部分も減ってきましたし、新たな挑戦をしたかったんです」とその理由を話した。

社会人2年目(15年)の4月に右膝裏を痛めたこともあり、その後は不調が続いた。それでも地元に戻って再スタートを切ると、17年シーズンに復活する。5月のゴールデングランプリ川崎で7年ぶりの自己新となる49秒20をマーク。日本選手権は予選で自己ベストを48秒94まで縮めると、初優勝に輝いた。

夏のロンドン世界選手権は予選を2着(49秒65)で通過するものの、準決勝2組は5着(49秒93)に終わり敗退。これをきっかけに安部は次なるステージを見つめて、次々とアクションを起こしていくことになる。

昨年のドーハ世界選手権では準決勝3組3着と、ファイナルの舞台まであと一歩に迫った

※この続きは2020年5月14日発売の『月刊陸上競技6月号』をご覧ください。

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

東京五輪でファイナルへ 競技人生の成果を1年後に表現

悲願の五輪出場へ、そのための準備を着々と進めている安部(中央) 2010年の世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)の男子400mハードルで銀メダルを獲得。その時から安部孝駿(ヤマダ電機)には大きな期待が集まった。これまで五輪の舞台に立つことはできなかったが、世界選手権は4度出場。昨年のドーハ大会では17年ロンドン大会に続いて準決勝に進み、決勝進出に0秒30差まで迫った。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪の1年延期が決まり、アスリートたちは満足なトレーニングができない日々が続いている。かつてない事態のなか、東京五輪の参加標準記録を突破している安部は静かに〝勝負の時〟が来るのを待っている。大歓声に沸く国立競技場で、己のポテンシャルを最大限に発揮するために――。 ◎文/酒井政人

来年のベストパフォーマンスへ準備

東京五輪延期が決まったのは3月24日。安部孝駿(ヤマダ電機)が合宿先の米国から帰国した翌日だった。「ショックでしたね。この数年は2020年の夏にターゲットを置いてやってきましたから」。 この合宿も元々は3月6日に渡米して27日に帰国する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて日本政府が米国からの入国制限を決めたため、帰国を急きょ4日早めた。 「米国滞在中はどんどん状況が悪化していく最中だったので、帰国した時は、日米のギャップというか違和感がありました」 今季はダイヤモンドリーグ(DL)ドーハ大会(4月17日)、静岡国際(5月2日)、ゴールデングランプリ(5月10日)の出場を予定していたし、その後は海外レースに参戦する計画も立てていた。だが国内大会は6月末まで中止・延期が決まり、今後の見通しははっきりしていない。4月7日に政府から「緊急事態宣言」が発令されたことで、練習も存分にできなくなった。 「自宅の近くで、できるトレーニングをしています」と言う安部は公園、河川敷などで走っている。時にはメディシンボールを使ったトレーニングも行い、トレーナーから指示された自宅でできるエクササイズもこなす。「トラックを走ることはできませんが、距離はウォーキングメジャーで測り、芝生の直線や、上り坂や階段なども走っています。できる練習に限りはありますけど、毎日練習しているので、いい状態は保てていると思っています。本格的な練習ができれば、すぐに戻るという感じです」と言葉に強さがある。 昨年6月の日本選手権で2年ぶり2度目の優勝を飾った(中央) 一方で不安もある。「試合がないので、気持ちの面が心配です。普段はターゲット(試合)に向かって練習しているので、現状維持みたいな練習になるのが一番のストレスです。正直、モチベーションを保つのが難しい」と苦しい胸の内を明かす。 だが、日々最善を尽くしていくことはまったく変わらない。「秋には試合があると信じています」と安部。そして、「オリンピックはみんなに歓迎された中で、自分が走る姿を楽しんで見てもらいたい。そういう時が来るのを待って、ベストのパフォーマンスができるように準備していくしかないと思っています」と前を向いている。

18年アジア大会後に米国で冬季合宿

2020年は安部にとって〝勝負の年〟となるはずだった。1月に練習拠点を地元・岡山から東京に移転。所属するヤマダ電機の選手たち(女子長距離以外)と同じく日大グラウンドでトレーニングを行っていた。 「チームメイトから刺激を受けながら練習していきたいですし、お世話になっているトレーナーも東京にいるんです。17年から高校(岡山・玉野光南高)時代の恩師である長谷川昌弘先生を頼って地元でやっていましたが、自分自身も成長しました。長谷川先生に頼る部分も減ってきましたし、新たな挑戦をしたかったんです」とその理由を話した。 社会人2年目(15年)の4月に右膝裏を痛めたこともあり、その後は不調が続いた。それでも地元に戻って再スタートを切ると、17年シーズンに復活する。5月のゴールデングランプリ川崎で7年ぶりの自己新となる49秒20をマーク。日本選手権は予選で自己ベストを48秒94まで縮めると、初優勝に輝いた。 夏のロンドン世界選手権は予選を2着(49秒65)で通過するものの、準決勝2組は5着(49秒93)に終わり敗退。これをきっかけに安部は次なるステージを見つめて、次々とアクションを起こしていくことになる。 昨年のドーハ世界選手権では準決勝3組3着と、ファイナルの舞台まであと一歩に迫った ※この続きは2020年5月14日発売の『月刊陸上競技6月号』をご覧ください。
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top