HOME 国内

2022.10.29

川崎フロンターレ・コラボイベントに山縣亮太、大八木弘明監督、橋岡優輝、鈴木雄介らが参加!体験会やトークショーで陸上の魅力伝える
川崎フロンターレ・コラボイベントに山縣亮太、大八木弘明監督、橋岡優輝、鈴木雄介らが参加!体験会やトークショーで陸上の魅力伝える

明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日の第33節ヴィッセル神戸戦の試合前に、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が等々力補助陸上競技場周辺で開催された。

イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人にのぼる陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画され、フロンターレのサポーターはもちろん、陸上ファンも訪れた。

開場前から川崎フロンターレのユニフォームを身にまとったサポーターたちが並ぶなか、午前10時にスタート。出迎えたのは大のフロンターレサポーターを公言する女子1500m東京五輪代表の卜部蘭(積水化学)で、「楽しんでください!」とプログラムを配る。

会場では走・投・跳の体験ブースのほか、アスリートと写真撮影ができるコーナーも。サッカーファンを大きく盛り上げたのが「道路DE陸上」のデモンストレーション。50mの特設トラックが設営され、そこでは50m計測のほか、トップアスリートのパフォーマンス披露と対決企画が催された。

トラック沿いに陣取ったサポーターたちが興味津々に見守るなか、男子110mハードルでオレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)がハイハードル(1.067m)を4台跳ぶと、その高さとスピードに思わずどよめきが起こった。他にも寺田明日香(ジャパンクリエイト)、岸本鷹幸(富士通)、田中佑美(富士通)がハードルを実演したり、小学生と対決したり。さらに、山縣亮太(セイコー)、佐藤拳太郎(富士通)、宮園彩恵(染めQ)による50mイベント、十種競技の右代啓祐(国士舘クラブ)が棒高跳を披露。その都度、会場から大きな歓声が沸き起こった。

走幅跳の橋岡優輝(富士通)、走高跳の衛藤昂さんがそれぞれの種目ブースでアドバイスを送ったり実演したり。他にも染めQに所属するやり投の東京五輪代表・小南拓人らがジャベリックスローチャレンジで投げ方を指南していた。

『駅伝枠』も大盛り上がり。神野大地(セルソース)や神林勇太さん、駿河台大駅伝部が参加したのは「給水チャレンジ」。参加者は駅伝経験者たちのスピードを体感しながら給水し、「難しい!」とその難易度に驚いていた。

トークショーには駒大・大八木弘明監督、柏原竜二さん(東洋大OB)、神林さん(青学大OB)という異色の顔ぶれが実現。大八木監督は「柏原君がウチにいたら箱根駅伝優勝できたのに」などと箱根駅伝トークに花を咲かせた。競歩の体験コーナーはまさに「世界レベル」。20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介を筆頭に、岡田久美子松永大介、髙橋英輝ら富士通勢が競歩のルールや歩き方を伝授した。

会場には記念撮影ブースもあり、アスリートたちが順番に訪れてファンと記念撮影。最後は川崎フロンターレの“レジェンド”中村憲剛さんや川崎市の福田紀彦市長らが登場し、「車イスきもの早着付けレース」でのリレー対決に会場は大盛り上がり。キックオフ直前まで行われ、会場は笑顔があふれた。

トップアスリートとのハードル対決に挑んだ都内在住の渡辺安城さん(26歳)は、フロンターレサポーターであり、高校時代は400mと400mハードルの選手だった。今シーズンのホームゲームはすべて観戦。「好きなもの同士の大きなイベントでうれしかったし、とても楽しかったです」と充実感いっぱいの表情を浮かべる。陸上を引退してから観戦はしていないそうだが、「機会があれば間近で見てみたいです」と陸上の観戦にも興味津々。「サッカーはチームで応援することが多いので、陸上も陸上界全体で応援してもらったり、選手と身近に感じられるようになったりしたらいいなと思います」と提案していた。

このイベントは川崎フロンターレのタウンコミュニケーション事業部・天野春果部長とTWOLAPS TCの横田真人氏が仕掛けたもの。関連会社でもある富士通の鈴木雄介は「自分自身もとても楽しめましたし、こういう機会を作っていただいて本当に感謝です」と述べる。競歩ブースではサポーターと交流し、「いきなり競歩といっても難しいと思いますが、良い姿勢で歩くと健康にもつながります。興味を持っていただけました」と笑顔。「陸上でも試合以外でもこうして楽しめるイベントを。陸上だけにこだわらずやっていければいいなと思います」と、ヒントを得ていた。

キックオフセレモニーには鈴木が、ハーフタイムには山縣と卜部、東京五輪代表の佐藤拳太郎(同)、柏原竜二さんが登場し、小学生とリレー対決で満員のスタンドを盛り上げた。その勢いそのままに、試合は2対1で川崎フロンターレが勝利を収めた。

明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日の第33節ヴィッセル神戸戦の試合前に、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が等々力補助陸上競技場周辺で開催された。 イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人にのぼる陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画され、フロンターレのサポーターはもちろん、陸上ファンも訪れた。 開場前から川崎フロンターレのユニフォームを身にまとったサポーターたちが並ぶなか、午前10時にスタート。出迎えたのは大のフロンターレサポーターを公言する女子1500m東京五輪代表の卜部蘭(積水化学)で、「楽しんでください!」とプログラムを配る。 会場では走・投・跳の体験ブースのほか、アスリートと写真撮影ができるコーナーも。サッカーファンを大きく盛り上げたのが「道路DE陸上」のデモンストレーション。50mの特設トラックが設営され、そこでは50m計測のほか、トップアスリートのパフォーマンス披露と対決企画が催された。 トラック沿いに陣取ったサポーターたちが興味津々に見守るなか、男子110mハードルでオレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)がハイハードル(1.067m)を4台跳ぶと、その高さとスピードに思わずどよめきが起こった。他にも寺田明日香(ジャパンクリエイト)、岸本鷹幸(富士通)、田中佑美(富士通)がハードルを実演したり、小学生と対決したり。さらに、山縣亮太(セイコー)、佐藤拳太郎(富士通)、宮園彩恵(染めQ)による50mイベント、十種競技の右代啓祐(国士舘クラブ)が棒高跳を披露。その都度、会場から大きな歓声が沸き起こった。 走幅跳の橋岡優輝(富士通)、走高跳の衛藤昂さんがそれぞれの種目ブースでアドバイスを送ったり実演したり。他にも染めQに所属するやり投の東京五輪代表・小南拓人らがジャベリックスローチャレンジで投げ方を指南していた。 『駅伝枠』も大盛り上がり。神野大地(セルソース)や神林勇太さん、駿河台大駅伝部が参加したのは「給水チャレンジ」。参加者は駅伝経験者たちのスピードを体感しながら給水し、「難しい!」とその難易度に驚いていた。 トークショーには駒大・大八木弘明監督、柏原竜二さん(東洋大OB)、神林さん(青学大OB)という異色の顔ぶれが実現。大八木監督は「柏原君がウチにいたら箱根駅伝優勝できたのに」などと箱根駅伝トークに花を咲かせた。競歩の体験コーナーはまさに「世界レベル」。20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介を筆頭に、岡田久美子、松永大介、髙橋英輝ら富士通勢が競歩のルールや歩き方を伝授した。 会場には記念撮影ブースもあり、アスリートたちが順番に訪れてファンと記念撮影。最後は川崎フロンターレの“レジェンド”中村憲剛さんや川崎市の福田紀彦市長らが登場し、「車イスきもの早着付けレース」でのリレー対決に会場は大盛り上がり。キックオフ直前まで行われ、会場は笑顔があふれた。 トップアスリートとのハードル対決に挑んだ都内在住の渡辺安城さん(26歳)は、フロンターレサポーターであり、高校時代は400mと400mハードルの選手だった。今シーズンのホームゲームはすべて観戦。「好きなもの同士の大きなイベントでうれしかったし、とても楽しかったです」と充実感いっぱいの表情を浮かべる。陸上を引退してから観戦はしていないそうだが、「機会があれば間近で見てみたいです」と陸上の観戦にも興味津々。「サッカーはチームで応援することが多いので、陸上も陸上界全体で応援してもらったり、選手と身近に感じられるようになったりしたらいいなと思います」と提案していた。 このイベントは川崎フロンターレのタウンコミュニケーション事業部・天野春果部長とTWOLAPS TCの横田真人氏が仕掛けたもの。関連会社でもある富士通の鈴木雄介は「自分自身もとても楽しめましたし、こういう機会を作っていただいて本当に感謝です」と述べる。競歩ブースではサポーターと交流し、「いきなり競歩といっても難しいと思いますが、良い姿勢で歩くと健康にもつながります。興味を持っていただけました」と笑顔。「陸上でも試合以外でもこうして楽しめるイベントを。陸上だけにこだわらずやっていければいいなと思います」と、ヒントを得ていた。 キックオフセレモニーには鈴木が、ハーフタイムには山縣と卜部、東京五輪代表の佐藤拳太郎(同)、柏原竜二さんが登場し、小学生とリレー対決で満員のスタンドを盛り上げた。その勢いそのままに、試合は2対1で川崎フロンターレが勝利を収めた。 [gallery order="DESC" link="file" ids="84282,84283,84284,84285,84286,84287,84288,84289,84290,84291,84292,84293"]

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top