HOME 国内

2022.10.29

100m日本記録保持者・山縣亮太が小学生と50m勝負!川崎フロンターレと陸上のコラボ「いろんなスポーツと交流していければ」
100m日本記録保持者・山縣亮太が小学生と50m勝負!川崎フロンターレと陸上のコラボ「いろんなスポーツと交流していければ」

明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日の第33節ヴィッセル神戸戦の試合前に、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が等々力補助陸上競技場周辺で開催された。

イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人にのぼる陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画され、フロンターレのサポーターはもちろん、陸上ファンも訪れた。

男子100m日本記録(9秒95)保持者の山縣亮太(セイコー)もイベントに出席。「道路DE陸上」と題した特設トラックで50mのデモンストレーションと、小学生との対決を行った。トラック沿いに大勢の観戦者が並ぶなか、相手は小学生とあって「ハンディは10mで!」と山縣。フィニッシュ手前でさすがの走りを見せて追いついて沸かせた。

これまでにない規模の他競技とのコラボ企画に、山縣は「近くにたくさん人がいる中で走れて楽しかったです」と笑顔。山縣と走った守屋詩珠さん(小6/神奈川県在住)は、小3までサッカーを習っていたそうで、今は陸上クラブ「川崎陸上クラブ」に通いハードルと走高跳が専門だという。「とても緊張しました。最初は勝てたと思いましたが、追いつかれてすごかったです」とトップ選手のスピードに目をまん丸にしていた。将来は「有名な選手になりたいです」と目を輝かせていた。

山縣は「サッカーとは関係のないイベントにこれだけの人が来てくれる。サッカーの集客力はすごいです。陸上競技を見てほしいですし、いろんなスポーツと交流していければ」と語り、「まずは選手として世界で活躍して、たくさんの人に見てもらって陸上はすごいと思ってもらえる努力をしていくのが大事」と話した。

このイベントは川崎フロンターレのタウンコミュニケーション事業部・天野春果部長とTWOLAPS TCの横田真人氏が仕掛けたもの。まさに体感型の『新感覚』イベントとなった。関連会社でもある富士通の選手たちを中心に、山縣、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、駒大の大八木弘明監督、駿河台大駅伝部など多くの陸上関係者が参加した。

キックオフセレモニーには男子20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)が、ハーフタイムには山縣と卜部蘭(積水化学)、東京五輪代表の佐藤拳太郎(同)、柏原竜二さんが登場し、小学生とリレー対決でサポーターを盛り上げた。その勢いに乗って試合は2対1で川崎フロンターレが勝利を収めた。

明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日の第33節ヴィッセル神戸戦の試合前に、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が等々力補助陸上競技場周辺で開催された。 イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人にのぼる陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画され、フロンターレのサポーターはもちろん、陸上ファンも訪れた。 男子100m日本記録(9秒95)保持者の山縣亮太(セイコー)もイベントに出席。「道路DE陸上」と題した特設トラックで50mのデモンストレーションと、小学生との対決を行った。トラック沿いに大勢の観戦者が並ぶなか、相手は小学生とあって「ハンディは10mで!」と山縣。フィニッシュ手前でさすがの走りを見せて追いついて沸かせた。 これまでにない規模の他競技とのコラボ企画に、山縣は「近くにたくさん人がいる中で走れて楽しかったです」と笑顔。山縣と走った守屋詩珠さん(小6/神奈川県在住)は、小3までサッカーを習っていたそうで、今は陸上クラブ「川崎陸上クラブ」に通いハードルと走高跳が専門だという。「とても緊張しました。最初は勝てたと思いましたが、追いつかれてすごかったです」とトップ選手のスピードに目をまん丸にしていた。将来は「有名な選手になりたいです」と目を輝かせていた。 山縣は「サッカーとは関係のないイベントにこれだけの人が来てくれる。サッカーの集客力はすごいです。陸上競技を見てほしいですし、いろんなスポーツと交流していければ」と語り、「まずは選手として世界で活躍して、たくさんの人に見てもらって陸上はすごいと思ってもらえる努力をしていくのが大事」と話した。 このイベントは川崎フロンターレのタウンコミュニケーション事業部・天野春果部長とTWOLAPS TCの横田真人氏が仕掛けたもの。まさに体感型の『新感覚』イベントとなった。関連会社でもある富士通の選手たちを中心に、山縣、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、駒大の大八木弘明監督、駿河台大駅伝部など多くの陸上関係者が参加した。 キックオフセレモニーには男子20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)が、ハーフタイムには山縣と卜部蘭(積水化学)、東京五輪代表の佐藤拳太郎(同)、柏原竜二さんが登場し、小学生とリレー対決でサポーターを盛り上げた。その勢いに乗って試合は2対1で川崎フロンターレが勝利を収めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top