HOME 高校

2022.10.29

仙台育英が圧巻のレース 昨年全国Vの女子1時間8分41秒、今春監督交代の男子2時間3分54秒/宮城県高校駅伝
仙台育英が圧巻のレース 昨年全国Vの女子1時間8分41秒、今春監督交代の男子2時間3分54秒/宮城県高校駅伝


宮城県高校駅伝は10月29日、岩沼市の海浜緑地公園北ブロック周辺コースで行われ、男子(7区間42.195km)、女子(5区間21.0975km)ともに仙台育英が圧巻のレースでそろって31回目の優勝を果たした。

昨年末の全国大会を制した女子は、1区(6km)を務めたインターハイ3000m5位のエース・杉森心音(3年)が後続に1分15秒差をつける19分09秒で走破。2区の細川あおい(1年)、3区に入ったインターハイ800m優勝の壁谷衿奈(2年)、4区を務めた2000m障害高校最高記録保持者・武田莉奈(3年)もさらにリードを広げ、アンカーの長岡みさき(1年)も堂々の走りを披露した。区間賞独占で1時間8分41秒をマーク。31年連続31回目の都大路切符を手にした。

3年ぶりの全国Vを狙う男子は1区こそ2位発進だったが、2区で加世堂懸(3年)で首位に立つと、そのまま独走。2区以降は6連続区間賞で、2時間3分54秒で8連覇を果たした。特に4区(8.0875km)の佐藤蓮(3年)が23分43秒、5区(5km)の大濱逞真(2年)が14分24秒でいずれも区間タイ記録。今春、大東大駅伝監督に転身した真名子圭氏から千葉裕司先生が男子監督を引き継いだが、変わらず充実した戦力を披露して、9年連続33回目の全国大会出場を決めた。

なお、2位にはインターハイ3000m障害王者・齊藤大空(3年)が1区区間賞と好走した利府が入った。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

宮城県高校駅伝は10月29日、岩沼市の海浜緑地公園北ブロック周辺コースで行われ、男子(7区間42.195km)、女子(5区間21.0975km)ともに仙台育英が圧巻のレースでそろって31回目の優勝を果たした。 昨年末の全国大会を制した女子は、1区(6km)を務めたインターハイ3000m5位のエース・杉森心音(3年)が後続に1分15秒差をつける19分09秒で走破。2区の細川あおい(1年)、3区に入ったインターハイ800m優勝の壁谷衿奈(2年)、4区を務めた2000m障害高校最高記録保持者・武田莉奈(3年)もさらにリードを広げ、アンカーの長岡みさき(1年)も堂々の走りを披露した。区間賞独占で1時間8分41秒をマーク。31年連続31回目の都大路切符を手にした。 3年ぶりの全国Vを狙う男子は1区こそ2位発進だったが、2区で加世堂懸(3年)で首位に立つと、そのまま独走。2区以降は6連続区間賞で、2時間3分54秒で8連覇を果たした。特に4区(8.0875km)の佐藤蓮(3年)が23分43秒、5区(5km)の大濱逞真(2年)が14分24秒でいずれも区間タイ記録。今春、大東大駅伝監督に転身した真名子圭氏から千葉裕司先生が男子監督を引き継いだが、変わらず充実した戦力を披露して、9年連続33回目の全国大会出場を決めた。 なお、2位にはインターハイ3000m障害王者・齊藤大空(3年)が1区区間賞と好走した利府が入った。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top