月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

35歳の衝撃スプリント!!フレイザー・プライス100m大会新V&ジャマイカ表彰台独占!男子マラソンはトーラが大幅大会新/世界陸上Day3

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目は7種目で決勝が行われ、最終種目の女子100mでは35歳のベテランが圧巻のスプリントを披露。シェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が鮮やかなスタートダッシュから他を寄せ付けず、大会新の10秒67(+0.8)で2連覇を達成した。従来の大会記録は1999年にマリオン・ジョーンズ(米国)が作った10秒70で、それを23年ぶりに0.03秒更新。2位には世界歴代7位タイの10秒73を出したシェリカ・ジャクソン、3位には10秒81で東京五輪女王のエライン・トンプソン・ヘラーが入り、ジャマイカ勢が五輪と同じメンバー(1位エライン・トンプソン、2位フレイザー・プライス、3位ジャクソン)で、世界陸上では史上初の表彰台独占を果たした。

ウイニングランでは大観衆からの祝福を受け、笑顔を振りまいたフレイザー・プライス。「私はこの才能を持っていたこと、そして35歳を過ぎてもそれを持ち続けられることに感謝している。数えきれないほど挫折したけれど、そのたびにここへ戻ってくることができた」と語った。

08年北京五輪で初の世界一に輝き、翌年のベルリン世界陸上も制した。その後、12年ロンドン五輪を連覇し、世界陸上は13年モスクワ、15年北京、19年ドーハを制覇。17年8月に愛息ザイオン君を出産した時期の休養を挟むとはいえ、14年もの間「最速女王」の座を争い続けた稀有なスプリンターである。

「出産をしても、うまくいけば自分自身の旅をすることができるのだと、世界の女性たちに刺激を与えていきたい」。その力も、モチベーションも、衰える気配は微塵も感じられない。

現地時間午前6時15分にスタートした男子マラソンは、気温13度ほどと夏マラソンとしては絶好のコンデイションにも後押しされ、後半は超高速レースに。

最初の5㎞が15分42秒、中間点を1時間4分08秒で通過するスローな展開から、30kmから徐々にペースアップ。そこから抜け出したのがタミラト・トーラ(エチオピア)だった。34㎞過ぎにトップに立つと、その後は1㎞2分50秒前後のスピードで独走。従来の大会記録(2時間6分54秒/アベル・キルイ、ケニア/09年ベルリン)を1分19秒も塗り替える2時間5分35秒で、堂々の金メダルに輝いた。

後半のハーフが1時間1分台というトーラの猛烈なペースアップを受けて後続も好タイムとなり、2位のモシネト・ゲレメウ(エチオピア)が2時間6分44秒、3位のバシル・アブディ(ベルギー)も2時間6分48秒と従来の大会記録を上回った。

モーニングセッションの午後1時(現地時間)に行われた男子10000mは、残り1周の壮絶なラスト勝負を制したジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)が27分27秒43で2連覇を達成。2位には日本のヤクルトに所属するスタンネリー・ワイザカ(ケニア)が27分27秒90で入り、ヤコブ・キプリモ(ウガンダ)が27分27秒97で東京五輪に続く銅メダルを獲得した。東京五輪金メダルのセレモン・バレガ(エチオピア)は4位にとどまった。

このほかの4種目は、すべて地元・米国勢が制覇。しかも、いずれも複数メダルを獲得する「メダルラッシュ」の1日だった。

男子砲丸投は23m37の世界記録保持者で、五輪2連覇中ののライアン・クルーザーが5投目に22m94の大会新を放って初優勝。前回覇者のジョー・コヴァクスが22m89で2位に続き、22m29の自己新をマークしたジョシュ・アウォトゥンデが3位に食い込んで、同種目初の表彰台独占を果たした。

男子110mハードルは前回王者グラント・ホロウェイ(米国)が13秒03(+1.2)で堂々の2連覇を飾り、13秒08のトレイ・カニングハムとワン・ツーを決めた。女子棒高跳も昨年の東京五輪を制したケイティ・ナジョットと、前回銀メダルのサンディ・モリスがともに4m85の同記録ながら試技数差で金、銀メダルを分け合った。女子ハンマー投は4月に世界歴代4位の79m02を放っている26歳のブルック・アンダーセンが、セカンドベストの78m96で世界大会初制覇。75m52で2位のカムリン・ロジャース(カナダ)を挟み、ジャニー・カッサナヴォイドが74m86で銅メダルを手にした。

日本勢は、男子マラソンで西山雄介(トヨタ自動車)が2時間8分36秒の世界陸上日本人最高タイムで13位に入る健闘。星岳(コニカミノルタ)は38位にとどまった。日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)は前日に新型コロナウイルス感染が判明し、欠場している。

男子10000m決勝は参加標準記録を突破して代表入りした田澤廉(駒大)が20位、ワールドランキングで直前に出場が決まった伊藤達彦(Honda)は22位だった。

男子400m予選では、1組のウォルシュ・ジュリアン(富士通)が45秒90で4着、5組に入った日本選手権覇者・佐藤風雅(那須環境技術センター)が45秒88で4着に食い込み、それぞれプラス通過で準決勝に進出している。6組に出場した東京五輪4×400mリレー代表・川端魁人(中京大クラブ)は46秒34の5着で予選敗退となった。

それぞれ準決勝に挑んだ男子の110mハードルの泉谷駿介(住友電工)と石川周平(富士通)、400mハードルの黒川和樹(法大)は、いずれもファイナル進出はならず。泉谷は13秒42(+0.3)で世界陸上日本人最高成績の2組5着、石川は13秒68(-0.6)で1組8着、黒川は49秒69で3組6着だった。

■3日目優勝者一覧
【男子】
10000m ジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ) 27分27秒43
マラソン タミラト・トーラ(エチオピア) 2時間5分35秒=大会新
110mH グラント・ホロウェイ(米国) 13秒03(+1.2)
砲丸投  ライアン・クルーザー(米国) 22m94=大会新
【女子】
100m  シェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ) 10秒67(+0.8)=大会新
棒高跳  ケイティ・ナジョット(米国) 4m85
ハンマー投 ブルック・アンダーセン(米国) 78m96

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com