月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH泉谷駿介が準決勝で惜敗「何をしたらいいのか」ファイナルへ分厚い壁/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル準決勝に、日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が挑んだ。

昨年の東京五輪でも準決勝に進んでいた泉谷。その時はバランスを崩して惜しくも敗退しており、オレゴンでは「準決勝で自分の走りをする」というのがポイントだった。

1台目は「入りは良かったです」と振り返るように完璧だった。8レーンに入り、持ち味の鋭いスタートから一気に先頭に立つ勢い。しかし、「慌てた部分があった」と、少しずつハードルに脚を当てて加速に乗れない。その後は「自分のレーンに必死であまり覚えていないです」。13秒42(+0.3)で5着となり、五輪のリベンジは果たせなかった。

決勝進出には、どんな条件でも13秒2台を出す強さが求められる。「13秒2は出せると思ったのですが」と、調子自体は悪くなかった。ただ、ウォーミングアップから海外選手の“大きさ”に圧倒されたという。

「腰の位置が違うし、これだとハードルが当たらない。強いんだろうなって。五輪を経験していても思ってしまいました」

持ち記録では13秒06の日本記録を持ち、それは世界でもトップクラス。だが、「こういう場でも出せないのはまだまだ……」。冬季をしっかり積んでいても届かない分厚い世界の壁。「ここから何をしたらいいんだろう」と思う気持ちもある。

それでも、この高い壁を乗り越えなければならない。「海外転戦も必要だと思います。ずっと(海外選手と)やれると気持ちも変わると思います」。オレゴンで受けたショックを受け止め、消化した時、さらに一段階成長するはず。泉谷にはこの高い壁をぶち破る力がきっとある。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com