月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子20km競歩8位の住所大翔が帰国「今度はメダル争いができるようにがんばりたい」/世界陸上

7月15日から開催されているオレゴン世界選手権。2日目までに競技を終えた一部の選手が帰国し、日本時間の18日に成田空港に到着した。

その中には男子20km競歩で初出場ながら8位入賞を果たした住所大翔(順大院)の姿も。住所は自身初の国際大会を終え、「入賞できるとは思わなかったのでうれしい。ここまで育ててくださった森岡(紘一朗)コーチや今村(文男)コーチに感謝の気持ちでいっぱいです」と感想を口にした。

住所の自己記録は1時間20分14秒。今大会出場者の中では20番目と決して優れているわけではなかったが、「挑戦することが目標でした」というように、果敢に先頭集団に食らいついた。15km手前で優勝争いからは離脱してしまったが、その後も入賞圏内で粘り抜いた末につかんだ「8位」だった。

兵庫・飾磨工高時代に5000m競歩の高校記録(19分29秒84)を樹立するなどジュニア時代から注目を集めた逸材だが、周囲の期待値ほど、大学4年間では思ったほどの活躍ができなかった。

「自分の中ではもっと早く世界で活躍する選手になっている予定でした。ただ、森岡コーチとの話し合いでは『4年間かけて世界の舞台に挑戦していこう』というのが目標だったので、1年遅れてしまいましたが、達成できて良かったです」

『世界選手権入賞者』の称号を得た住所だが、世界に誇る競歩大国となった日本国内には金メダルの山西利和(愛知製鋼)や銀メダルの池田向希(旭化成)ら強豪ぞろい。大会期間中には2025年の東京世界選手権開催が決定したこともあり、「東京世界選手権のニュースはモチベーションになります。メダルを獲得した2人は強いですが、今度はメダル争いできるようにがんばりたい」とすでに次の目標を定めていた。

今後は1週間程度の休暇を経て、9月の日本インカレに出場予定だという。「10000mと距離は短くなりますが、スピードを強化していきます」。

「世界8位」となっても、住所はさらなる高みを見据えて歩き続ける。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com