HOME 国内、大学、世界陸上、日本代表
男子20km競歩8位の住所大翔が帰国「今度はメダル争いができるようにがんばりたい」/世界陸上
男子20km競歩8位の住所大翔が帰国「今度はメダル争いができるようにがんばりたい」/世界陸上

7月15日から開催されているオレゴン世界選手権。2日目までに競技を終えた一部の選手が帰国し、日本時間の18日に成田空港に到着した。

その中には男子20km競歩で初出場ながら8位入賞を果たした住所大翔(順大院)の姿も。住所は自身初の国際大会を終え、「入賞できるとは思わなかったのでうれしい。ここまで育ててくださった森岡(紘一朗)コーチや今村(文男)コーチに感謝の気持ちでいっぱいです」と感想を口にした。

住所の自己記録は1時間20分14秒。今大会出場者の中では20番目と決して優れているわけではなかったが、「挑戦することが目標でした」というように、果敢に先頭集団に食らいついた。15km手前で優勝争いからは離脱してしまったが、その後も入賞圏内で粘り抜いた末につかんだ「8位」だった。

兵庫・飾磨工高時代に5000m競歩の高校記録(19分29秒84)を樹立するなどジュニア時代から注目を集めた逸材だが、周囲の期待値ほど、大学4年間では思ったほどの活躍ができなかった。

「自分の中ではもっと早く世界で活躍する選手になっている予定でした。ただ、森岡コーチとの話し合いでは『4年間かけて世界の舞台に挑戦していこう』というのが目標だったので、1年遅れてしまいましたが、達成できて良かったです」

『世界選手権入賞者』の称号を得た住所だが、世界に誇る競歩大国となった日本国内には金メダルの山西利和(愛知製鋼)や銀メダルの池田向希(旭化成)ら強豪ぞろい。大会期間中には2025年の東京世界選手権開催が決定したこともあり、「東京世界選手権のニュースはモチベーションになります。メダルを獲得した2人は強いですが、今度はメダル争いできるようにがんばりたい」とすでに次の目標を定めていた。

今後は1週間程度の休暇を経て、9月の日本インカレに出場予定だという。「10000mと距離は短くなりますが、スピードを強化していきます」。

「世界8位」となっても、住所はさらなる高みを見据えて歩き続ける。

7月15日から開催されているオレゴン世界選手権。2日目までに競技を終えた一部の選手が帰国し、日本時間の18日に成田空港に到着した。 その中には男子20km競歩で初出場ながら8位入賞を果たした住所大翔(順大院)の姿も。住所は自身初の国際大会を終え、「入賞できるとは思わなかったのでうれしい。ここまで育ててくださった森岡(紘一朗)コーチや今村(文男)コーチに感謝の気持ちでいっぱいです」と感想を口にした。 住所の自己記録は1時間20分14秒。今大会出場者の中では20番目と決して優れているわけではなかったが、「挑戦することが目標でした」というように、果敢に先頭集団に食らいついた。15km手前で優勝争いからは離脱してしまったが、その後も入賞圏内で粘り抜いた末につかんだ「8位」だった。 兵庫・飾磨工高時代に5000m競歩の高校記録(19分29秒84)を樹立するなどジュニア時代から注目を集めた逸材だが、周囲の期待値ほど、大学4年間では思ったほどの活躍ができなかった。 「自分の中ではもっと早く世界で活躍する選手になっている予定でした。ただ、森岡コーチとの話し合いでは『4年間かけて世界の舞台に挑戦していこう』というのが目標だったので、1年遅れてしまいましたが、達成できて良かったです」 『世界選手権入賞者』の称号を得た住所だが、世界に誇る競歩大国となった日本国内には金メダルの山西利和(愛知製鋼)や銀メダルの池田向希(旭化成)ら強豪ぞろい。大会期間中には2025年の東京世界選手権開催が決定したこともあり、「東京世界選手権のニュースはモチベーションになります。メダルを獲得した2人は強いですが、今度はメダル争いできるようにがんばりたい」とすでに次の目標を定めていた。 今後は1週間程度の休暇を経て、9月の日本インカレに出場予定だという。「10000mと距離は短くなりますが、スピードを強化していきます」。 「世界8位」となっても、住所はさらなる高みを見据えて歩き続ける。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top