月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

砲丸投は世界記録保持者・クルーザーが大会新22m94で初優勝!地元・米国勢がメダル独占/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子砲丸投決勝。世界記録保持者のライアン・クルーザー、前回覇者のジョー・コヴァクスの米国勢による対決となった決勝は、5投目に22m94の大会新を放ったクルーザーが初優勝を飾った。

まず主導権を握ったのはコヴァクスだった。1投目に22m63をプットし、2位のジョシュ・アウォトゥンデ(米国)に39cm差をつけた。しかし、2投目でクルーザーが22m71を投げて逆転。1位クルーザー、2位コヴァクス、3位アウォトゥンデのまま4投目までを終えた。

再び試合が動いたのは5投目だった。先に順番が回ってきたコヴァクスが、前回大会で自身が樹立した大会記録に2cmと迫る22m89を投げて再度首位へ。しかし、その直後にクルーザーが22m94のビッグプットを披露して勝負を決めた。

29歳のクルーザーは2016年リオ、21年東京と五輪では2連覇の実績があるものの、世界選手権では17年6位、19年2位とタイトルに手が届いていなかった。昨年は23m37の世界新記録を樹立し、今年3月の世界室内でロマーニ(ブラジル)に敗れるまで26連勝を達成。今大会も断トツの優勝候補として臨んだが、ライバルとの大激戦の末に悲願の世界選手権金メダルをつかんだ。

15年北京大会、19年ドーハ大会に続く3度目の戴冠を目指したコヴァクスが2位。大会前の自己記録22m00を29㎝更新したアウォトゥンデが3位となり、地元・米国勢がメダルを独占した。

17年ロンドン大会を制し、前回大会と昨年の東京五輪で銅メダルだったトーマス・ウォルシュ(ニュージーランド)は22m08で4位だった。

■男子砲丸投上位成績
1位 ライアン・クルーザー(米国)       22m94=大会新
2位 ジョー・コヴァクス(米国)        22m89
3位 ジョシュ・アウォトゥンデ(米国)     22m29=自己新
4位 トム・ウォルシュ(ニュージーランド)   22m08
5位 ダルラン・ロマーニ(ブラジル)      21m92
6位 フィリップ・ミハリェヴィッチ(クロアチア)21m82
7位 ジャッコ・ギル(ニュージーランド)    21m40
8位 アドリアン・ピペリ(米国)        20m93

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com