HOME ニュース、海外

2022.07.18

ホロウェイが地元で五輪の雪辱、13秒03で110mH連覇達成!カニングハム2位で米国ワン・ツー!/世界陸上
ホロウェイが地元で五輪の雪辱、13秒03で110mH連覇達成!カニングハム2位で米国ワン・ツー!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル決勝。地元の期待を背負った前回王者グラント・ホロウェイ(米国)が、13秒03(+1.2)で堂々の2連覇を飾った。13秒08で2位にトレイ・カニングハムが続き、米国がワン・ツーを決めた。

レース直前の練習中に東京五輪王者のハンスル・パーチメント(ジャマイカ)が右脚を痛めて欠場。さらに、6月に世界歴代3位の12秒84を出した地元中の地元オレゴン大出身のデヴォン・アレン(米国)がフライングで失格と、異様なムードの中で行われたレースだったが、ホロウェイにはまったく関係なかった。

左右が不在になった4レーンを1台目からトップで入り、そのまま他を圧倒。2001年エドモントン、03年パリ大会のアレン・ジョンソン(米国)以来となる2連覇を成し遂げ、スタンドを大いに沸かせた。

高校時代はアメリカンフットボールとの二刀流。フロリダ大ではサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)の1学年先輩として、全米学生選手権3連覇など活躍した。走高跳2m16、走幅跳8m17(追い風参考で8m32)という卓越した跳躍力とスピードが武器で、昨年の全米五輪選考会準決勝では世界記録にあと0.01秒と迫る歴代2位の12秒81をマークしている。

大本命で臨んだ昨年の東京五輪では、10台目のハードルを引っ掛けてバランスを崩した隙をパーチメントにつかれて銀メダルに終わったが、世界陸上で再び世界の頂点に。若き24歳の王者は、このまま男子トッパーを頭一つ抜けた存在としてリードしていくだろう。

■男子110mH 上位成績(+1.2)
1位 グラント・ホロウェイ(米国)13秒03
2位 トレイ・カニンガム(米国)13秒08
3位 アジアー・マルティネス(スペイン)13秒17
4位 ダミアン・チキェル(ポーランド)13秒32
5位 ジョシュア・ゼラー(英国)13秒33
   シェーン・ブレイスウェイト(バルバドス)失格
   デヴォン・アレン(米国)失格
   ハンセル・パーチメント(ジャマイカ)棄権

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目 オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル決勝。地元の期待を背負った前回王者グラント・ホロウェイ(米国)が、13秒03(+1.2)で堂々の2連覇を飾った。13秒08で2位にトレイ・カニングハムが続き、米国がワン・ツーを決めた。 レース直前の練習中に東京五輪王者のハンスル・パーチメント(ジャマイカ)が右脚を痛めて欠場。さらに、6月に世界歴代3位の12秒84を出した地元中の地元オレゴン大出身のデヴォン・アレン(米国)がフライングで失格と、異様なムードの中で行われたレースだったが、ホロウェイにはまったく関係なかった。 左右が不在になった4レーンを1台目からトップで入り、そのまま他を圧倒。2001年エドモントン、03年パリ大会のアレン・ジョンソン(米国)以来となる2連覇を成し遂げ、スタンドを大いに沸かせた。 高校時代はアメリカンフットボールとの二刀流。フロリダ大ではサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)の1学年先輩として、全米学生選手権3連覇など活躍した。走高跳2m16、走幅跳8m17(追い風参考で8m32)という卓越した跳躍力とスピードが武器で、昨年の全米五輪選考会準決勝では世界記録にあと0.01秒と迫る歴代2位の12秒81をマークしている。 大本命で臨んだ昨年の東京五輪では、10台目のハードルを引っ掛けてバランスを崩した隙をパーチメントにつかれて銀メダルに終わったが、世界陸上で再び世界の頂点に。若き24歳の王者は、このまま男子トッパーを頭一つ抜けた存在としてリードしていくだろう。 ■男子110mH 上位成績(+1.2) 1位 グラント・ホロウェイ(米国)13秒03 2位 トレイ・カニンガム(米国)13秒08 3位 アジアー・マルティネス(スペイン)13秒17 4位 ダミアン・チキェル(ポーランド)13秒32 5位 ジョシュア・ゼラー(英国)13秒33    シェーン・ブレイスウェイト(バルバドス)失格    デヴォン・アレン(米国)失格    ハンセル・パーチメント(ジャマイカ)棄権

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top