月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

フレイザー・プライスが大会新10秒67で100m5度目Vの偉業!!ジャマイカ勢が五輪に続くメダル独占!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた女子100m決勝。女子世界最速の称号を手にしたのはシェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)だった。スタートから他を寄せ付けない圧巻のスプリントで、23年ぶり大会新の10秒67(+0.8)で2連覇を達成。09年ベルリン、13年モスクワ、15年北京を含む5度目の金メダルに輝いた。

2位には世界歴代7位タイの10秒73を出したシェリカ・ジャクソン、3位には10秒81で東京五輪女王のエライン・トンプソン・ヘラーが入り、ジャマイカ勢が五輪と同じメンバーで再び表彰台独占を果たした。

昨年の東京五輪では、史上初の100m、200m2大会連続2冠の偉業を成し遂げたトンプソン・ヘラーに完敗したが、今季も22年世界リスト1位の10秒67を2度マーク。35歳にしてまったく衰えを感じさせないどころか、その完成度はさらに増している。

今大会でも前日の予選を10秒87(-0.2)、決勝の約2時間20分前に行われた準決勝も10秒93(+0.4)で悠々と1着通過し、好調ぶりを示して決勝へ。6レーンに入ったファイナルも、小柄な体格ながらパワフルに跳び出して圧倒するレースぶりからついた「ポケット・ロケット」の異名通りのレースを見せた。フィニッシュでは右手人差し指を天に突き上げ、勝利をアピール。

08年北京五輪で初の世界一に輝いてから、出産を挟んだとはいえ14年もの間「最速」を争い続けている。2度制覇した五輪を含め、通算7度目の「最速女王」に君臨したフレイザー・プライス。これからそのキャリアをどこまで伸ばしていくのだろうか。

■女子100m上位成績(+0.8)
1位 シェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)10秒67=大会新
2位 シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)       10秒73=世界歴代7位タイ
3位 エライン・トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)   10秒81
4位 ディナ・アッシャー・スミス(英国)       10秒83=自国タイ
5位 ムジンガ・カンブンジ(スイス)         10秒91
6位 アレイア・ホッブス(米国)           10秒92
7位 マリー・ジョゼ・タルー(コートジボワール)   10秒93
8位 メリッサ・ジェファーソン(米国)        11秒03

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com