HOME 特集

2022.07.13

【世界陸上】みどころチェック 主将の橋岡優輝&北口榛花が入賞に挑む!ディーン、真野ら初出場組も注目/男女フィールド編
【世界陸上】みどころチェック 主将の橋岡優輝&北口榛花が入賞に挑む!ディーン、真野ら初出場組も注目/男女フィールド編

世界選手権が7月15日から25日までの10日間で開催される。舞台は陸上大国・米国のオレゴン州ユージン。毎回、世界の陸上界が大きな盛り上がりを見せる大会で、米国開催は初めてだ。世界に挑む日本代表は精鋭ぞろい。メダルに期待が懸かる種目や注目選手を紹介する。今回は女子トラック編をお届け!これをチェックして、みんなでテレビの前から選手を応援しよう!※日付は日本時間

主将の橋岡が流れを作る

最も注目を集めるのは走幅跳の橋岡優輝(富士通)だろう。初出場の19年ドーハ世界選手権は日本人初入賞の8位、昨年の東京五輪では6位と世界大会で2連続入賞を果たしている。両大会で入賞しているのは橋岡を含めて3人しかいないことが橋岡の安定感の証明だ。

今季は春先に足首をケガしたこともあり試合を絞らざるを得なかったが、6月の日本選手権では8m27(+1.4)と、世界選手権の参加標準記録(8m22)を突破して優勝と復調をアピールした。

昨年からファウルが続く課題があったが、日本選手権で「久しぶりに良い跳躍ができて感覚を取り戻せた」と橋岡。2度目の世界選手権では「まずは前回(8位)以上。楽しみながら結果を求めたい」と話している。今大会、男子主将を務め「前半なので良い結果を出したい」と勢いをつけるつもりだ。

走幅跳には、日大の先輩でもある山川夏輝(佐賀スポ協)も初出場。長く膝のケガに苦しんできたが今季は安定感が増し、8m台を連覇している。期待されてきた逸材がどんなジャンプを見せるか。

至近大会のメダルラインは東京五輪が8m21、ドーハは8m34。決勝で橋岡らしい跳躍が見られれば、史上初の快挙に届きそうだ。予選は16日10時から、決勝は17日10時20分から行われる。

棒高跳には山本聖途(トヨタ自動車)が出場。これが5回目の世界選手権となる。春先は好調だったが、その後はケガも重なり苦しい結果が続いた。2013年モスクワ大会6位以来の入賞なるか。走高跳は真野友博(九電工)と赤松諒一(アワーズ)がそろって初出場。真野は日本選手権で2m30を跳んで優勝しており、決勝で再現できれば入賞にも届く位置にいる。

ディーン元気(ミズノ)、小椋健司(栃木県スポ協)が出場するやり投。ディーンは2012年ロンドン五輪以来の世界大会だ。今季は「大人になった」と、課題だったメンタル面と「独りよがりの投げ」から脱却に成功。安定感が増して世界の上位争いを虎視眈々と狙っている。初出場の小椋も予選で80mを超えられれば決勝が見えるだろう。

DL優勝の北口が初入賞へ

女子主将を務めるやり投の北口榛花(JAL)が充実のシーズンを送ってオレゴンを迎えた。昨年の東京五輪では決勝に進んだものの12位。予選で左脇腹を負傷した影響も大きく、五輪後は試合に出場せずにリハビリ生活から始まった。

今季は参加標準記録64m00には届かなかったが、春から61~62mをコンスタントにスロー。5月のセイコーゴールデングランプリで63m93をマークし、6月の日本選手権も優勝した。さらに6月のダイヤモンドリーグ・パリ大会では63m13で全種目通じて日本人初優勝の快挙を成し遂げている。

冬場に基礎体力や走力アップに努めたことで、「やれることをやれば飛ぶ」と自信を持つ北口。ドーハではあと6cm足りずに決勝へ駒を進められなかった。スタンドで涙に暮れてから3年。進化した姿を見せる時が来た。目指すは「入賞」。入賞とメダルのラインは、ドーハが65m49/61m12、東京五輪は64m56/59m96。ポイントは「3回目までに63m前後を投げる」ことだ。

やり投には北口とともに、上田百寧(ゼンリン)、武本紗栄(佐賀県スポ協)の社会人1年目コンビがそろって初出場。自己ベストはそれぞれ61m75、62m39を持ち、今季も60mオーバーを放っている。予選で力を発揮できればファイナルに近づけそうだ。女子やり投は予選が7月21日の午前に2組に分かれて実施。決勝は23日10時20分にスタートする。

走幅跳には秦澄美鈴(シバタ工業)が初出場。この種目では6大会ぶりの日本代表となる。秦は今季どんな条件でも6m40以上をマーク。自己ベストは昨年だした6m65で、今年4月にはセカンドベストの6m63を跳んだ。「挑戦したい」と語っていたように、予選からチャレンジしてファイナルを目指す。

盛り上がること間違いなしの世界陸上。米国・オレゴン州ユージンを舞台に、7月15日から24日までの10日間で開催される。

【関連記事】
世界陸上みどころチェック!
注目の男子100mは初日に予選!三浦龍司の3000mSC、泉谷、村竹らハードル勢も入賞狙う/男子トラック編
田中希実、廣中璃梨佳ら中長距離が盛況!女子4継は日本記録目指す/女子トラック編
史上3人目の連覇目指す山西 男女マラソンは上位に食い込めるか/男女ロード編

世界選手権が7月15日から25日までの10日間で開催される。舞台は陸上大国・米国のオレゴン州ユージン。毎回、世界の陸上界が大きな盛り上がりを見せる大会で、米国開催は初めてだ。世界に挑む日本代表は精鋭ぞろい。メダルに期待が懸かる種目や注目選手を紹介する。今回は女子トラック編をお届け!これをチェックして、みんなでテレビの前から選手を応援しよう!※日付は日本時間

主将の橋岡が流れを作る

最も注目を集めるのは走幅跳の橋岡優輝(富士通)だろう。初出場の19年ドーハ世界選手権は日本人初入賞の8位、昨年の東京五輪では6位と世界大会で2連続入賞を果たしている。両大会で入賞しているのは橋岡を含めて3人しかいないことが橋岡の安定感の証明だ。 今季は春先に足首をケガしたこともあり試合を絞らざるを得なかったが、6月の日本選手権では8m27(+1.4)と、世界選手権の参加標準記録(8m22)を突破して優勝と復調をアピールした。 昨年からファウルが続く課題があったが、日本選手権で「久しぶりに良い跳躍ができて感覚を取り戻せた」と橋岡。2度目の世界選手権では「まずは前回(8位)以上。楽しみながら結果を求めたい」と話している。今大会、男子主将を務め「前半なので良い結果を出したい」と勢いをつけるつもりだ。 走幅跳には、日大の先輩でもある山川夏輝(佐賀スポ協)も初出場。長く膝のケガに苦しんできたが今季は安定感が増し、8m台を連覇している。期待されてきた逸材がどんなジャンプを見せるか。 至近大会のメダルラインは東京五輪が8m21、ドーハは8m34。決勝で橋岡らしい跳躍が見られれば、史上初の快挙に届きそうだ。予選は16日10時から、決勝は17日10時20分から行われる。 棒高跳には山本聖途(トヨタ自動車)が出場。これが5回目の世界選手権となる。春先は好調だったが、その後はケガも重なり苦しい結果が続いた。2013年モスクワ大会6位以来の入賞なるか。走高跳は真野友博(九電工)と赤松諒一(アワーズ)がそろって初出場。真野は日本選手権で2m30を跳んで優勝しており、決勝で再現できれば入賞にも届く位置にいる。 ディーン元気(ミズノ)、小椋健司(栃木県スポ協)が出場するやり投。ディーンは2012年ロンドン五輪以来の世界大会だ。今季は「大人になった」と、課題だったメンタル面と「独りよがりの投げ」から脱却に成功。安定感が増して世界の上位争いを虎視眈々と狙っている。初出場の小椋も予選で80mを超えられれば決勝が見えるだろう。

DL優勝の北口が初入賞へ

女子主将を務めるやり投の北口榛花(JAL)が充実のシーズンを送ってオレゴンを迎えた。昨年の東京五輪では決勝に進んだものの12位。予選で左脇腹を負傷した影響も大きく、五輪後は試合に出場せずにリハビリ生活から始まった。 今季は参加標準記録64m00には届かなかったが、春から61~62mをコンスタントにスロー。5月のセイコーゴールデングランプリで63m93をマークし、6月の日本選手権も優勝した。さらに6月のダイヤモンドリーグ・パリ大会では63m13で全種目通じて日本人初優勝の快挙を成し遂げている。 冬場に基礎体力や走力アップに努めたことで、「やれることをやれば飛ぶ」と自信を持つ北口。ドーハではあと6cm足りずに決勝へ駒を進められなかった。スタンドで涙に暮れてから3年。進化した姿を見せる時が来た。目指すは「入賞」。入賞とメダルのラインは、ドーハが65m49/61m12、東京五輪は64m56/59m96。ポイントは「3回目までに63m前後を投げる」ことだ。 やり投には北口とともに、上田百寧(ゼンリン)、武本紗栄(佐賀県スポ協)の社会人1年目コンビがそろって初出場。自己ベストはそれぞれ61m75、62m39を持ち、今季も60mオーバーを放っている。予選で力を発揮できればファイナルに近づけそうだ。女子やり投は予選が7月21日の午前に2組に分かれて実施。決勝は23日10時20分にスタートする。 走幅跳には秦澄美鈴(シバタ工業)が初出場。この種目では6大会ぶりの日本代表となる。秦は今季どんな条件でも6m40以上をマーク。自己ベストは昨年だした6m65で、今年4月にはセカンドベストの6m63を跳んだ。「挑戦したい」と語っていたように、予選からチャレンジしてファイナルを目指す。 盛り上がること間違いなしの世界陸上。米国・オレゴン州ユージンを舞台に、7月15日から24日までの10日間で開催される。 【関連記事】 世界陸上みどころチェック! 注目の男子100mは初日に予選!三浦龍司の3000mSC、泉谷、村竹らハードル勢も入賞狙う/男子トラック編 田中希実、廣中璃梨佳ら中長距離が盛況!女子4継は日本記録目指す/女子トラック編 史上3人目の連覇目指す山西 男女マラソンは上位に食い込めるか/男女ロード編

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top