月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本GP南部記念展望/短距離・ハードル中心にトップ選手集結!世界陸上に向け女子リレーも

日本グランプリシリーズの南部記念が7月10日に北海道・札幌市で開催される。すでにオレゴン世界陸上の代表に内定している選手たちもエントリー。また、秋シーズンや来年のブダペスト世界陸上に向けた大事な一戦ともなる。
(※エントリーリストを元に掲載)

世界陸上代表としては200mの上山紘輝(住友電工)、110mハードルの石川周平(富士通)、走高跳の赤松諒一(アワーズ)、女子100mハードルの福部真子(日本建設工業)がエントリーしている。ただし、11日に出国する選手も多いため出場については未定だが、出場する選手は最終調整としてどんな仕上がりが見られるか注目だ。

その他の有力選手、好記録が期待される種目についてピックアップする。

110mハードルでは地元・北海道の高橋佑輔(北海道ハイテクAC)が出場。今季は13秒47まで記録を短縮している。また、100mのスピードが武器の樋口陸人(スズキ)、13秒48がベストの大室秀樹(大塚製薬)らがエントリー。代表勢に続いて13秒台前半を見据えたレースとなる。

走高跳には赤松のほかに、長谷川直人(新潟アルビレックスRC)、大田和弘(日本体育施設)という2m20以上のベストを持つ2人が出場。昨年のインターハイ王者・チュクネレ・ジョエル優人(八千代松陰高3千葉)も登録している。

男子棒高跳の注目は澤慎吾(きらぼし銀行)。自己ベストは5m61を持つ。元々インターハイ王者で期待されてきた逸材。日大の先輩である澤野大地コーチも5m80を跳ぶ能力があると高評価で、来年以降の世界大会を見据えてビッグジャンプを見せるか。他にも来間弘樹(ストライダーズAC)や5m50を持つ大崎洋介(日体大)、尾崎駿翔(ROOTS TOKYO)などと好記録争いとなりそうだ。

男子ハンマー投は今季ハイレベル。柏村亮太(ヤマダホールディングス)は日本選手権で日本歴代4位の72m77で優勝した。また、同2位の古旗崇裕(BUAC)も日本歴代8位の71m34をマークしている。日本人4人目の73m超えが見られるか。

女子100mには日本選手権優勝の君嶋愛梨沙(土木管理総合)、青山華依(甲南大)がエントリー。2人はオレゴン世界陸上の4×100mリレー代表だ。他にも齋藤愛美(大阪成蹊AC)や地元・北海道の石堂陽菜(環太平洋大)らが出場する。

また、非公認レースとしてオレゴン世界陸上日本代表の4×100mリレーが実施される。本番に向けて最終トライアルだ。

女子100mハードルには12秒台に入った日本代表・福部のほか、13秒1台を持つ田中佑美(富士通)、中島ひとみ(長谷川体育施設)に注目。北海道勢も多数出場で、学生勢の玉置菜々子(国士大)、芝田愛花(環太平洋大)や、村岡柊有(北海道ハイテクAC)、納村琉愛(北海道栄高3)などで好記録誕生の予感が漂う。

女子棒高跳は日本選手権優勝の高橋渚(メイスンワーク)が出場。棒高跳も那須眞由(KAGOTANI)や諸田実咲(栃木スポ協)、竜田夏苗(ニッパツ)らで日本記録4m40の更新を見据えた戦いとなる。

大会の様子は当日YouTubeでライブ配信される予定。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com