月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

20km競歩世界王者・山西利和が金メダル!池田向希とワンツー飾る/世界競歩チーム選手権

◇第29回世界競歩チーム選手権(3月5日/オマーン・マスカット)

第29回世界競歩チーム選手権の男子20kmが3月5日にオマーンの首都マスカットで行われ、山西利和(愛知製鋼)が1時間22分52秒で優勝した。2位に前回覇者の池田向希(旭化成)が1時間23分29秒続き、1、2位を占めた。山西は19年ドーハ世界選手権の金メダリスト。昨年の東京五輪代表では池田が銀メダル、山西が銅メダルだった。

気温26度の暑さの中でも、2人の強さは際立っていた。5kmすぎに山西が前に出ると、その後は池田が追いついてしばららく並走。10kmを41分59秒で通過した後は山西が一人旅に。最後まで一糸乱れぬ歩きで優勝。前回の池田に続いて日本勢の連覇を果たした。池田は終盤、やや後続に差を詰められるが逃げ切り銀メダルを獲得した。

オレゴン世界選手権の代表内定条件である1時間21分00秒には届かなかったが、山西はすでに前回王者としてワイルドカードを保持。池田もこの結果で代表入りをたぐり寄せたと言える。

3位にはケニアのS.K.ガシンバが入った。諏方元郁(愛知製鋼)は23位(1時間27分51秒)。国別団体はエクアドルが優勝し、日本は2位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com