月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初開催35kmは50km東京五輪6位の川野将虎が4位!初代表・高橋は10位/世界競歩チーム選手権

◇第29回世界競歩チーム選手権(3月5日/オマーン・マスカット)

第29回世界競歩チーム選手権の35kmが3月5日にオマーンの首都マスカットで行われた。

50kmから35kmへの変更が決まり、主要国際大会としては初めて実施。男女同時にスタートしたレースで、川野将虎(旭化成)が2時間37分36秒で4位フィニッシュを果たした。川野は序盤からトップ集団で歩く。

26km以降にペースが上がり、P.カールストローム(スウェーデン)とA.マルティン(スペイン)が前に出て、一時は4位争いに下がるが、33km以降は銅メダル争いをした。最後はM.A.ロペス(スペイン)が追い上げて競り負けメダルを逃したが2時間37分36秒で4位フィニッシュ。オレゴン世界選手権の派遣設定記録(2時間30分00秒)はクリアならず、代表内定はならなかった。

川野は21年に東洋大を卒業して旭化成へ。19年に50km競歩で3時間36分45秒の日本記録を樹立して東京五輪代表に内定。初出場の東京五輪は6位入賞を果たした。

初の日本代表となった高橋和生(ADワークスグループ)は2時間39分08秒で10位。勝木隼人(自衛隊体育学校)は3時間3分01秒で44位だった。

主要大会での50km競歩は昨年の東京五輪が最後。今年のオレゴン世界選手権以降は35kmが実施されることが決まっている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com