HOME 高校・中学

2022.03.03

【高校生FOCUS】女子円盤投・友利晟弓(那覇西)「楽しむ」心を持って目標は全国3連覇
【高校生FOCUS】女子円盤投・友利晟弓(那覇西)「楽しむ」心を持って目標は全国3連覇


FOCUS! 高校生INTERVIEW
友利晟弓  Tomori Narumi
那覇西2沖縄

活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年の福井インターハイ女子円盤投で2年生優勝を飾った友利晟弓選手(那覇西2沖縄)にインタビューしました。この種目では中1から全国大会入賞など同世代の中心的な選手。いよいよ迫った高校ラストシーズンへの意気込みや、陸上を始めたきっかけ、座右の銘などを聞きました。

広告の下にコンテンツが続きます

「ありがたい」と感じた2021年

――2021年はどんな1年でしたか。
友利 1年生の時にインターハイが中止になり、2年生の時はコロナ禍の難しい状況の中でインターハイという目標ができたので、開催自体に感謝だなあ、本当にありがたい1年だったなあと感じています。1つひとつの大会を噛みしめ、大切にしながら、楽しんで挑んでいました。

――インターハイが中止となった2020年は、砲丸投や円盤投で県大会入賞の実績があるお兄さんの健秀さんが高校(那覇西)3年生。友利さん自身は1年生でした。
友利 兄は「お前は次もあるからあきらめずにがんばれ」言ってくれました。インターハイ3連覇はできませんが、2連覇は達成したい気持ちがあります。

――昨年、印象に残ったことを挙げてもらえますか。
友利 やはり、福井インターハイ。自己ベストで優勝したことが一番です。2投目に45m(40)を投げることができて、すごくうれしかったです。

――同学年にも強い選手が出場していました。
友利 それが楽しみでしたし、誰が優勝してもおかしくない状況の中で勝つことができました。今年も同じ顔ぶれで戦うことを考えると、気を引き締めて、手を抜かないで、一日一日を大切にしたいです。

広告の下にコンテンツが続きます

――インターハイでは2位の阪本(海月華/紀央館2和歌山)さんや、3位の桑島(弥々/咲くやこの花2大阪)さんとはどんな話をしましたか。
友利 試合後にちょっとした技術を教え合ったり、「ここができていないんじゃないかな」とか言ったりしました。

強みは「振り切る力」

――昨年11月に出した自己ベスト(46m40)から成果や課題をどう捉えていますか。
友利 出した時は、自分の中ではいい投げだと思ったのですが、その後にコーチのアドバイスを聞くと、体幹を使って回転のスピードを出し切れていない面、目線やリリースのタイミングも、まだまだ修正できると思っています。一番の課題は、ファーストターンで左脚に重心を乗せることができていない点ですね。

――自分が思う強みはどこですか。
友利 振り切る力というか、うまく円盤に力を乗せ切れるところでしょうか。リリースに至る回転が崩れた時も、フィニッシュだけはうまく振り切れているのではないかと思います。

――身体のひねりをうまく伝えているように見えます。
友利 ひねりは結構意識していて、つま先から腰、上半身へ順次ひねっていき、最後に腕が出てくるイメージでやっています。もう少し地面からの反発をもらえたら、もっといいんじゃないかなと思っています。顧問の赤嶺永哲先生からは、ハンマーも砲丸も教わって、「投てきに共通する動き」が勉強になります。脚の使い方、腰の使い方、ひねりでタメを作る動作も先生から詳しく教えてもらっています。

広告の下にコンテンツが続きます

――陸上を始めたのはお兄さんの影響と聞いています。
友利 私は4人兄弟姉妹の末っ子ですが、長男(宗暉さん※男子円盤投沖縄県中学記録保持者、2014年ジュニア五輪6位)が先に陸上を始め、私はその時に小学3~4年生でした。長男と父が練習していた競技場に、私もついていって見たり一緒に砲丸を投げたりしました。兄たちがやるのを、楽しそうだなと思って見ていました。

――座右の銘は。
友利 「楽しむ中での強さ」。中学で、外間龍先生と出会って、先生の影響で陸上の楽しさを知って、陸上を続けていることもあって、外間先生が教えてくれたその言葉が響いています。

――今季の目標を教えてください。
友利 「3連覇」と言っていいでしょうか。(1年時の)全国高校大会を含め、インターハイは昨年に続き、高校の全国大会3連覇を目指してがんばりたいです。

――将来の目標は?
友利 オリンピックに出場したいです。

◎ともり・なるみ/2005年1月4日生まれ。沖縄県出身。豊見城伊良波中(沖縄)→那覇西高。小6の16年全国小学生交流大会ジャベリックボール投で2位に入った実績を持つ。中1の17年ジュニア五輪円盤投で2位に入り、翌年は2年生優勝を果たした(3年時は台風接近による大会会期縮小で実施されず)。高校では1年生で全国高校大会を制すると、2年生の昨季は福井インターハイとU18大会をいずれも制覇。自己ベストは円盤投46m40(21年)、砲丸投12m92(21年)

広告の下にコンテンツが続きます

構成/奥村 崇

FOCUS! 高校生INTERVIEW 友利晟弓  Tomori Narumi 那覇西2沖縄 活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年の福井インターハイ女子円盤投で2年生優勝を飾った友利晟弓選手(那覇西2沖縄)にインタビューしました。この種目では中1から全国大会入賞など同世代の中心的な選手。いよいよ迫った高校ラストシーズンへの意気込みや、陸上を始めたきっかけ、座右の銘などを聞きました。

「ありがたい」と感じた2021年

――2021年はどんな1年でしたか。 友利 1年生の時にインターハイが中止になり、2年生の時はコロナ禍の難しい状況の中でインターハイという目標ができたので、開催自体に感謝だなあ、本当にありがたい1年だったなあと感じています。1つひとつの大会を噛みしめ、大切にしながら、楽しんで挑んでいました。 ――インターハイが中止となった2020年は、砲丸投や円盤投で県大会入賞の実績があるお兄さんの健秀さんが高校(那覇西)3年生。友利さん自身は1年生でした。 友利 兄は「お前は次もあるからあきらめずにがんばれ」言ってくれました。インターハイ3連覇はできませんが、2連覇は達成したい気持ちがあります。 ――昨年、印象に残ったことを挙げてもらえますか。 友利 やはり、福井インターハイ。自己ベストで優勝したことが一番です。2投目に45m(40)を投げることができて、すごくうれしかったです。 ――同学年にも強い選手が出場していました。 友利 それが楽しみでしたし、誰が優勝してもおかしくない状況の中で勝つことができました。今年も同じ顔ぶれで戦うことを考えると、気を引き締めて、手を抜かないで、一日一日を大切にしたいです。 ――インターハイでは2位の阪本(海月華/紀央館2和歌山)さんや、3位の桑島(弥々/咲くやこの花2大阪)さんとはどんな話をしましたか。 友利 試合後にちょっとした技術を教え合ったり、「ここができていないんじゃないかな」とか言ったりしました。

強みは「振り切る力」

――昨年11月に出した自己ベスト(46m40)から成果や課題をどう捉えていますか。 友利 出した時は、自分の中ではいい投げだと思ったのですが、その後にコーチのアドバイスを聞くと、体幹を使って回転のスピードを出し切れていない面、目線やリリースのタイミングも、まだまだ修正できると思っています。一番の課題は、ファーストターンで左脚に重心を乗せることができていない点ですね。 ――自分が思う強みはどこですか。 友利 振り切る力というか、うまく円盤に力を乗せ切れるところでしょうか。リリースに至る回転が崩れた時も、フィニッシュだけはうまく振り切れているのではないかと思います。 ――身体のひねりをうまく伝えているように見えます。 友利 ひねりは結構意識していて、つま先から腰、上半身へ順次ひねっていき、最後に腕が出てくるイメージでやっています。もう少し地面からの反発をもらえたら、もっといいんじゃないかなと思っています。顧問の赤嶺永哲先生からは、ハンマーも砲丸も教わって、「投てきに共通する動き」が勉強になります。脚の使い方、腰の使い方、ひねりでタメを作る動作も先生から詳しく教えてもらっています。 ――陸上を始めたのはお兄さんの影響と聞いています。 友利 私は4人兄弟姉妹の末っ子ですが、長男(宗暉さん※男子円盤投沖縄県中学記録保持者、2014年ジュニア五輪6位)が先に陸上を始め、私はその時に小学3~4年生でした。長男と父が練習していた競技場に、私もついていって見たり一緒に砲丸を投げたりしました。兄たちがやるのを、楽しそうだなと思って見ていました。 ――座右の銘は。 友利 「楽しむ中での強さ」。中学で、外間龍先生と出会って、先生の影響で陸上の楽しさを知って、陸上を続けていることもあって、外間先生が教えてくれたその言葉が響いています。 ――今季の目標を教えてください。 友利 「3連覇」と言っていいでしょうか。(1年時の)全国高校大会を含め、インターハイは昨年に続き、高校の全国大会3連覇を目指してがんばりたいです。 ――将来の目標は? 友利 オリンピックに出場したいです。 ◎ともり・なるみ/2005年1月4日生まれ。沖縄県出身。豊見城伊良波中(沖縄)→那覇西高。小6の16年全国小学生交流大会ジャベリックボール投で2位に入った実績を持つ。中1の17年ジュニア五輪円盤投で2位に入り、翌年は2年生優勝を果たした(3年時は台風接近による大会会期縮小で実施されず)。高校では1年生で全国高校大会を制すると、2年生の昨季は福井インターハイとU18大会をいずれも制覇。自己ベストは円盤投46m40(21年)、砲丸投12m92(21年) 構成/奥村 崇

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top