HOME 国内、大学

2022.03.03

2022年第101回関東インカレの国立競技場開催が決定!9年ぶり聖地決戦
2022年第101回関東インカレの国立競技場開催が決定!9年ぶり聖地決戦


関東学連は3月3日、2022年度事業日程を発表した。第101回となる関東学生対校選手権大会(関東インカレ)は5月19日から22日に、東京・国立競技場で開催。国立競技場は昨年の東京五輪のメイン会場だった。

関東インカレは関東学連加盟校が出場する対校戦で、大正8年(1919年)に産声を上げ、戦争による中断を経ながら100年以上にわたって開催。第8回大会からしばらくは旧国立競技場の前にあった明治神宮外苑競技場で行われ、1958年の第37回に旧国立競技場で初めて開催。以降もメイン会場(種目や日程によって分散開催)の1つとして旧国立競技場が使用されてきた。

東京五輪開催にともなう改修工事のため、2013年を最後に熊谷や日産スタジアム、相模原などで行われてきたが、今年は9年ぶりに国立競技場が舞台となる。

なお、関東学連主催大会では、11月20日の10000m記録挑戦競技会、来年3月の関東学連春季オープン競技会も国立競技場で開催予定。

関東学連は3月3日、2022年度事業日程を発表した。第101回となる関東学生対校選手権大会(関東インカレ)は5月19日から22日に、東京・国立競技場で開催。国立競技場は昨年の東京五輪のメイン会場だった。 関東インカレは関東学連加盟校が出場する対校戦で、大正8年(1919年)に産声を上げ、戦争による中断を経ながら100年以上にわたって開催。第8回大会からしばらくは旧国立競技場の前にあった明治神宮外苑競技場で行われ、1958年の第37回に旧国立競技場で初めて開催。以降もメイン会場(種目や日程によって分散開催)の1つとして旧国立競技場が使用されてきた。 東京五輪開催にともなう改修工事のため、2013年を最後に熊谷や日産スタジアム、相模原などで行われてきたが、今年は9年ぶりに国立競技場が舞台となる。 なお、関東学連主催大会では、11月20日の10000m記録挑戦競技会、来年3月の関東学連春季オープン競技会も国立競技場で開催予定。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

NEWS 五輪代表・青木涼真、山本有真がエントリー ホクレンDC千歳の出場選手発表!相澤晃、遠藤日向、篠原倖太朗、新谷仁美も

2024.07.13

五輪代表・青木涼真、山本有真がエントリー ホクレンDC千歳の出場選手発表!相澤晃、遠藤日向、篠原倖太朗、新谷仁美も

日本陸連はホクレンディスタンス第5戦の千歳大会(7月20日)のエントリー選手を発表した。 8月から始まるパリ五輪男子3000m障害代表の青木涼真(Honda)が1500m、5000mに、女子5000m代表の山本有真(積水 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top