HOME ニュース、国内

2022.03.03

日本グランプリシリーズ22年は4月の金栗記念皮切りに10月まで12大会 世界陸上&アジア大会選考会
日本グランプリシリーズ22年は4月の金栗記念皮切りに10月まで12大会 世界陸上&アジア大会選考会


日本陸連は3月3日、「日本グランプリシリーズ2022」のシリーズ概要を発表した。

日本グランプリシリーズは2018年にスタートし、指定大会を対象に年間をとしてポイントを争い、年間シリーズチャンピオンが決まる。今夏のオレゴン世界選手権、秋のアジア大会の代表選考競技会にもなっている。

2022年は、4月9日の金栗記念(熊本大会)を皮切りに、兵庫リレーカーニバル(兵庫大会)、織田記念(広島大会)など、10月16日の田島記念(山口大会)まで全12大会が実施。ポイント対象指定大会となる日本選手権3大会を加えた全15大会によってランキングが決定する。

実施種目は競歩・マラソンを除く一般種目で男女それぞれ21種目。スコアリングテーブルを基にポイント化した「記録ポイント」と日本記録樹立などで加算される「特別ポイント」の2つを合わせて「パフォーマンスポイント」とし、複数大会のパフォーマンスポイントの合計でシリーズポイントが決まる。

注目度の高い男女の100m、スプリントハードルは織田記念で実施。走幅跳ややり投は4月30日、5月1日の木南記念(大阪大会)で行われる。

コロナ禍により秋のアジア大会代表を5月に登録する必要があるため、兵庫大会、広島大会、大阪大会、静岡大会の一部種目はアジア大会代表選考指定競技会になっている。

オレゴン世界選手権、そして2024年パリ五輪へと続く大事な2022年シーズンがいよいよ始まる。

■日本グランプリシリーズ2022日程と主な実施種目
4月9日(土) 金栗記念/熊本・えがお健康スタジアム
4月23日(土)・24日(日) 兵庫リレ-カ-ニバル/兵庫・ユニバー記念競技場
(1500m、10000m、砲丸投など)
4月23日(土)・24 日(日) 出雲陸上/島根・浜山公園陸上競技場
4月29日(木・祝) 織田記念/広島・エディオンスタジアム
(100m、5000m、110mH・100mH、三段跳、ハンマー投など)
4月30日(土)・5月1日(日)  木南記念/大阪・ヤンマースタジアム長居
(400m、400mH、棒高跳、走幅跳、やり投、混成競技など)
5月3日(火・祝) 静岡国際/静岡・エコパスタジアム
(200m、800m、走高跳、円盤投など)
5月4日(水・祝) ゴールデンゲームズinのべおか/宮崎・延岡市西階総合運動公園
5月5日(木・祝) 水戸招待/茨城・ケーズデンキスタジアム水戸
6月25日(土)・26日(日)  布勢スプリント/鳥取・布勢総合運動公園
7月10日(日) 南部記念/札幌・厚別公園競技場
10月1日(土)・2日(日)  Athletics Challenge Cup 2022/新潟・デンカビッグスワン
10月16日(日) 田島記念/山口・維新みらいふスタジアム

●GP シリーズポイント対象大会
5月7日(土) 日本選手権10000m(東京・国立)
6月4日(土)・5日(日) 日本選手権混成競技(秋田)
6月9日(木)~12 日(日) 日本選手権(大阪・長居)

日本陸連は3月3日、「日本グランプリシリーズ2022」のシリーズ概要を発表した。 日本グランプリシリーズは2018年にスタートし、指定大会を対象に年間をとしてポイントを争い、年間シリーズチャンピオンが決まる。今夏のオレゴン世界選手権、秋のアジア大会の代表選考競技会にもなっている。 2022年は、4月9日の金栗記念(熊本大会)を皮切りに、兵庫リレーカーニバル(兵庫大会)、織田記念(広島大会)など、10月16日の田島記念(山口大会)まで全12大会が実施。ポイント対象指定大会となる日本選手権3大会を加えた全15大会によってランキングが決定する。 実施種目は競歩・マラソンを除く一般種目で男女それぞれ21種目。スコアリングテーブルを基にポイント化した「記録ポイント」と日本記録樹立などで加算される「特別ポイント」の2つを合わせて「パフォーマンスポイント」とし、複数大会のパフォーマンスポイントの合計でシリーズポイントが決まる。 注目度の高い男女の100m、スプリントハードルは織田記念で実施。走幅跳ややり投は4月30日、5月1日の木南記念(大阪大会)で行われる。 コロナ禍により秋のアジア大会代表を5月に登録する必要があるため、兵庫大会、広島大会、大阪大会、静岡大会の一部種目はアジア大会代表選考指定競技会になっている。 オレゴン世界選手権、そして2024年パリ五輪へと続く大事な2022年シーズンがいよいよ始まる。 ■日本グランプリシリーズ2022日程と主な実施種目 4月9日(土) 金栗記念/熊本・えがお健康スタジアム 4月23日(土)・24日(日) 兵庫リレ-カ-ニバル/兵庫・ユニバー記念競技場 (1500m、10000m、砲丸投など) 4月23日(土)・24 日(日) 出雲陸上/島根・浜山公園陸上競技場 4月29日(木・祝) 織田記念/広島・エディオンスタジアム (100m、5000m、110mH・100mH、三段跳、ハンマー投など) 4月30日(土)・5月1日(日)  木南記念/大阪・ヤンマースタジアム長居 (400m、400mH、棒高跳、走幅跳、やり投、混成競技など) 5月3日(火・祝) 静岡国際/静岡・エコパスタジアム (200m、800m、走高跳、円盤投など) 5月4日(水・祝) ゴールデンゲームズinのべおか/宮崎・延岡市西階総合運動公園 5月5日(木・祝) 水戸招待/茨城・ケーズデンキスタジアム水戸 6月25日(土)・26日(日)  布勢スプリント/鳥取・布勢総合運動公園 7月10日(日) 南部記念/札幌・厚別公園競技場 10月1日(土)・2日(日)  Athletics Challenge Cup 2022/新潟・デンカビッグスワン 10月16日(日) 田島記念/山口・維新みらいふスタジアム ●GP シリーズポイント対象大会 5月7日(土) 日本選手権10000m(東京・国立) 6月4日(土)・5日(日) 日本選手権混成競技(秋田) 6月9日(木)~12 日(日) 日本選手権(大阪・長居)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top