月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本グランプリシリーズ22年は4月の金栗記念皮切りに10月まで12大会 世界陸上&アジア大会選考会


日本陸連は3月3日、「日本グランプリシリーズ2022」のシリーズ概要を発表した。

日本グランプリシリーズは2018年にスタートし、指定大会を対象に年間をとしてポイントを争い、年間シリーズチャンピオンが決まる。今夏のオレゴン世界選手権、秋のアジア大会の代表選考競技会にもなっている。

2022年は、4月9日の金栗記念(熊本大会)を皮切りに、兵庫リレーカーニバル(兵庫大会)、織田記念(広島大会)など、10月16日の田島記念(山口大会)まで全12大会が実施。ポイント対象指定大会となる日本選手権3大会を加えた全15大会によってランキングが決定する。

実施種目は競歩・マラソンを除く一般種目で男女それぞれ21種目。スコアリングテーブルを基にポイント化した「記録ポイント」と日本記録樹立などで加算される「特別ポイント」の2つを合わせて「パフォーマンスポイント」とし、複数大会のパフォーマンスポイントの合計でシリーズポイントが決まる。

注目度の高い男女の100m、スプリントハードルは織田記念で実施。走幅跳ややり投は4月30日、5月1日の木南記念(大阪大会)で行われる。

コロナ禍により秋のアジア大会代表を5月に登録する必要があるため、兵庫大会、広島大会、大阪大会、静岡大会の一部種目はアジア大会代表選考指定競技会になっている。

オレゴン世界選手権、そして2024年パリ五輪へと続く大事な2022年シーズンがいよいよ始まる。

■日本グランプリシリーズ2022日程と主な実施種目
4月9日(土) 金栗記念/熊本・えがお健康スタジアム
4月23日(土)・24日(日) 兵庫リレ-カ-ニバル/兵庫・ユニバー記念競技場
(1500m、10000m、砲丸投など)
4月23日(土)・24 日(日) 出雲陸上/島根・浜山公園陸上競技場
4月29日(木・祝) 織田記念/広島・エディオンスタジアム
(100m、5000m、110mH・100mH、三段跳、ハンマー投など)
4月30日(土)・5月1日(日)  木南記念/大阪・ヤンマースタジアム長居
(400m、400mH、棒高跳、走幅跳、やり投、混成競技など)
5月3日(火・祝) 静岡国際/静岡・エコパスタジアム
(200m、800m、走高跳、円盤投など)
5月4日(水・祝) ゴールデンゲームズinのべおか/宮崎・延岡市西階総合運動公園
5月5日(木・祝) 水戸招待/茨城・ケーズデンキスタジアム水戸
6月25日(土)・26日(日)  布勢スプリント/鳥取・布勢総合運動公園
7月10日(日) 南部記念/札幌・厚別公園競技場
10月1日(土)・2日(日)  Athletics Challenge Cup 2022/新潟・デンカビッグスワン
10月16日(日) 田島記念/山口・維新みらいふスタジアム

●GP シリーズポイント対象大会
5月7日(土) 日本選手権10000m(東京・国立)
6月4日(土)・5日(日) 日本選手権混成競技(秋田)
6月9日(木)~12 日(日) 日本選手権(大阪・長居)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com