月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本インカレ明日開幕!激戦必至の女子スプリント、兒玉、齋藤ら五輪代表ズラリ【女子編】


9月17日から19日までの3日間、埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で第90回日本インカレが行われる。学生ナンバーワンを決めるのはもちろん、母校の誇りを懸けた学校対抗も盛り上がりを見せる。今大会の女子注目種目・選手をピックアップする。

男子編はこちら

激アツのスプリント決戦
兒玉、齋藤、青山、石川の争い

何と言っても注目は短距離陣だ。昨年、100mと200m、そして4×100mリレーの3冠を果たした兒玉芽生(福岡大)が最後のインカレに臨む。兒玉は小学生時代から日本一を勝ち取ってきたスプリンターで、東京五輪4×100mリレー代表。今年の日本選手権でも100m、200mの2冠を達成している。100m11秒35、200m23秒44の自己記録を持つなど、頭一つ抜けている。日本インカレ2年連続2冠となれば、第30回(1978年)から3連覇した柏原澄子(日大)以来、41年ぶり、4継も合わせて2年連続3冠となれば史上初だ。

対するのは東京五輪のリレーメンバーとしてバトンをつなぎ、同学年のライバルでもある齋藤愛美(大阪成蹊大)。齋藤は高2で200m23秒45のU20日本記録を作った。その後は浮き沈みを乗り越え、オリンピック代表に。2年前には200mを制しており、2年ぶりのタイトルを目論んでいる。

さらに、五輪に出場した青山華依(甲南大)、同補欠の石川優(青学大)、壹岐あいこ(立命大)が好調だ。青山は8月に11秒57の大学ベストをマーク(自己ベストは11秒56)。一方、石川は6月に11秒48と、土井杏南(JAL)が持つU20日本記録11秒43に迫っている。壹岐は8月に11秒58、200mでは5月に23秒71をマークし、日本選手権でも100m2位、200m4位と好調を維持。200mで全中、インターハイと日本一を経験してきたが、ついに大学タイトルも手にするか。

800mで高校時代からしのぎを削ってきた塩見綾乃(立命大)と川田朱夏(東大阪大)もついに最終学年に。塩見は4年ぶり、川田は3年ぶりとなる自己記録更新でのタイトル争いを見たい。5000mには、ルーキーの不破聖衣来(拓大)と小林成美(名城大)の激突が注目。不破は今年15分20秒68をマークし、小林は10000mで来年の世界選手権参加標準記録を突破する31分22秒34の日本学生記録を樹立している。ここに高松智美ムセンビ(名城大)、関東インカレで好走した山崎りさ(日体大)が加わりそうだ。

ハイレベルな争いとなるのが100mハードル。13秒30がベストの玉置菜々子(国士大)、同13秒35を持つ芝田愛花(環太平洋大)が有力だが、前回は島野真生(日体大)が1年生優勝をさらった。近年、記録水準が上がるこの種目で、学生記録13秒15の更新なるか。

棒高跳は高校記録保持者・古林愛理と大坂谷明里の園田学園女子大ルーキーコンビが強い。だが、前高校記録保持者の田中伶奈(香川大)も黙ってはいないだろう。複数人が、これまで3人しか到達していない4m20超えで争うかもしれない。走幅跳はインターハイ3連覇、日本選手権連覇、関東インカレ3連覇中の高良彩花(筑波大)が念願の日本インカレタイトルを狙う。

投てき陣も有力選手がそろう。砲丸投では好調の大野史佳(埼玉大)、円盤投では齋藤真希(東女体大)が力を発揮している。だが、九州共立大院で最後のインカレとなる郡菜々佳、山下実花子、高橋由華は見せ場を作りそう。郡は日本記録を持つ円盤投で連覇を狙う。山下はやり投、高橋は砲丸投に出場する。

やり投は過去最高レベルの争いに。62m39の武本紗栄(大体大)と61m75の上田百寧(福岡大)、そして山下らでハイレベルな投げ合いが見られそうだ。七種競技は関東インカレの大会記録を持つ大玉華鈴(日体大)が連覇を狙う。ターゲットは山崎有紀(九州共立大、現・スズキ)、ヘンプヒル恵(中大、現・アトレ)が持つ5550点の大会記録更新だ。大玉は日体大の主将。関東インカレ総合Vの勢いそのままに、4年ぶり奪還を狙う。

1、2日目は台風接近のため荒天が予想される。大会は無観客で実施されるが、ライブ配信で見ることができる。東京五輪代表組、そして未来の代表選手たち、さらに人生「最後」となる4年生の意地など、学生たちの熱きパフォーマンスは見逃せない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com