Web特別インタビュー/高山峻野「全国大会も通過点」

[Web特別インタビュー]

110mH・高山峻野(ゼンリン)

中高校生へのメッセージ

「あまり無理せず。全国大会も通過点」


まもなく開幕する沖縄インターハイ、そして大阪全中。大舞台を控える選手たち、そして惜しくも出場を逃した選手たちに向けて、〝先輩〟からのWEB限定メッセージインタビュー。第2弾は110mハードルで13秒30の日本記録を樹立した高山峻野選手(ゼンリン)に、中高生年代に対して感じていることや、体験談などを聞きました。

実業団・学生対抗の110mHで13秒30の日本新を樹立した高山峻野

中学から高校へ、規格変更で苦労

――日本記録樹立おめでとうございます。
高山 ありがとうございます。まだタイムを出した実感はありませんが、いろいろな方が喜んでくれて素直にうれしいです。

――高山選手がハードルを始めたのはいつですか?
高山 中学から陸上を始めました。最初はいろいろな種目にチャレンジしたのですが、たまたまハードルに適正がありました。それ以来ずっとハードルです。身体が固いのもあって、跳躍種目もできなくて。

――中学時代の思い出を聞かせてください。
高山 中学、高校がと、本当に楽しみながら陸上を続けていたと思います。特に試合をするのが楽しかったですね。厳しい練習の日は、少し気持ちを緩めることもありました。3年の時の全中は、同じゼンリン所属の田邉将大良(400mハードル)にボロ負けしたことしか覚えていないんです。

――高校からハードルの高さが変わりますが、そこで苦労することはありましたか。
高山 かなり大変でした。海外では高校年代はジュニア規格(0.991cm)ですが、日本では高校で一気にハイハードル(一般規格)になります。段階を踏んで徐々に高くしていったほうがいいと思うので、ジュニア規格をやったほうがいいのではないでしょうか。技術面で対応できず、それであきらめて400mハードルに転向した選手もいると思います。

インターハイの転倒も、すべては〝通過点〟だと語る

IHで転倒も「通過点」

――その高校はどんな思い出がありますか? もうすぐ始まるインターハイ。高山選手は2年生で入賞を果たしましたが、3年生では優勝候補ながら予選で転倒しています。
高山 転んでしまったんですが、実はそれほど落ち込まなくて。終わってからもケロッとしていました。逆に周囲に心配をかけて申し訳ないなって。失格に終わりましたが、後輩と2人で騒ぎながら行って、試合に出たことを楽しんでいた思い出しかないんです。それ以降も、引きずるということはなかったですね。

――インターハイに行けなかったり、負けてしまったりして落ち込む選手も多いです。
高山 インターハイは通過点です。米国など海外は、高校生年代の全国大会がないと聞きます。インターハイがあるからといって身体を潰してまでがんばる必要はないので、気楽に楽しく挑戦してほしいです。

――中学、高校で大切にしてほしいことはありますか。
高山 なるべくなら、がんばりすぎないで伸び伸びやってほしいですね。最近は中学や高校で、すごく身体を鍛えている選手も多いように感じます。成長期に鍛え過ぎると潜在能力を制御して、自然な動きができなくなるように思います。大学生になってから補強などで大きくすればいいのかなって。中学、高校では無理せず、陸上を楽しんでください。

構成/向永拓史

WEB特別インタビュー第1弾 走幅跳・橋岡優輝「楽しみながらいろいろな競技を」