【月陸NEWSまとめ】実学対抗110mHで高山峻野が13秒30の日本新!

【月陸NEWSまとめ】

実学対抗110mHで高山峻野が13秒30の日本新!

 
 男子110mハードルで13秒30の日本新記録を樹立した高山峻野(ゼンリン)。これまでのベスト記録や競技実績を振り返る。また、男女スプリントハードルの好記録に沸いたオールスターナイト陸上や、翌日のトワイライト・ゲームス、そして海の向こうで行われた全米選手権のリザルトページをまとめた。

高山が13秒30の日本新

 7月27日(土)のオールスターナイト陸上(第59回実学対抗)、男子110mハードルで、高山峻野(ゼンリン)が13秒30(+1.9)の日本新記録を樹立した。「練習で脚をハードルにぶつけるなどして、一度気持ちが切れそうになった」と言う高山だが、レース直前の女子100mハードルで好記録が出たことで奮起。「集中して行けた」と、スタートからグングンと加速し、ほとんど脚を当てることなく走り抜けた。
 今季は6月に布勢スプリントと日本選手権の2度にわたり、13秒36の日本タイ記録をマーク。「やっと出た」と言う思いが強い特大の日本新記録は、東京五輪の参加標準記録も突破するものだった。高山のこれまでの実績と記録をまとめる。

オールスターナイト陸上、男子110mHで13秒30の日本新をマークした高山峻野

プロフィル

高山峻野(たかやま・しゅんや)
1994年9月3日、広島県出身
広島・中広中→広島工大高→明大→ゼンリン

[自己ベスト]

110mH13秒30(19年)=日本記録

[年次ベスト]

高1(10年) 14秒88
高2(11年) 14秒56
高3(12年) 14秒10
大1(13年) 14秒07
大2(14年) 13秒95
大3(15年) 13秒76
大4(16年) 13秒58
社1(17年) 13秒44
社2(18年) 13秒45
社3(19年) 13秒30

[主要大会成績]

●国際大会
12年世界ジュニア 予選敗退
17年アジア選手権 4位
17年世界選手権 予選敗退
18年アジア大会 3位
19年アジア選手権 4位
●日本選手権
13年 予選敗退
14年 予選敗退
15年 優勝
17年 優勝
18年 2位
19年 優勝
●中学時代
2年 ジュニア五輪準決勝
3年 全中4位、ジュニア五輪3位
●高校時代
インターハイ
1年 準決勝
2年 7位
3年 失格
国体
1年 5位
3年 3位
ジュニアユース(現U20・18)
3年 6位
●大学時代
関東インカレ
1年 予選敗退
2年 準決勝敗退
3年 4位
4年 優勝
日本インカレ
1年 予選敗退
2年 準決勝敗退
3年 ―
4年 優勝
高山、中盤から別格の強さ=今季世界12位、会心の日本新(時事通信)
寺田、10年前に迫る快走(時事通信)

大会結果

2019オールスターナイト陸上(実学対抗)
トワイライト・ゲームス
全米選手権