WEB特別インタビュー/橋岡優輝「楽しみながらいろいろな競技を」

[Web特別インタビュー]

走幅跳・橋岡優輝

中高校生へのメッセージ

「楽しみながらいろいろな競技を」

ユニバーシアード走幅跳で金メダルを獲得した橋岡優輝

まもなく始まる沖縄インターハイ、そして大阪全中。大舞台を控える選手たち、そして惜しくも出場を逃した選手たちに向けて、〝先輩〟からのメッセージをWEB限定でお届け。走幅跳でユニバーシアード金メダルを獲得した橋岡優輝選手(日大)に、中高生時代の思い出や、大切にしてほしいことを聞きました。

楽しみながら取り組んだ中学時代

――ユニバーシアード優勝、おめでとうございます。昨年のU20世界選手権、今年のアジア選手権に続いての国際大会タイトル。率直な感想を教えてください。
橋岡 ありがとうございます。8mジャンパーがたくさんいたので、楽しみでしたが「気が抜けないぞ」と思って臨みました。ただ、やるべきことはどんな大会でも同じなので、ポイントをしっかり抑えて跳ぶことができました。優勝できたのは自信になります。

――橋岡選手が走幅跳を始めたのは高校生から。中学時代は四種競技や走高跳に取り組んでいました。全中の思い出はありますか?
橋岡 中学時代は、部活動の〝いち部員〟として、本当にただ楽しく競技をしていました。四種競技で全中3番になることができましたが、その時は純粋にうれしかったのを覚えています。「陸上競技ってこんなに楽しいんだ」と思いました。振り返ると、全中が〝部員〟から〝競技者〟への第一歩だった気がします。全中をきっかけに、もっと陸上を追究したい、と思うようになりました。

――高校生の時はどんな競技生活でしたか。
橋岡 高2で初めてインターハイに出場して、その時は「どれだけ通用するのか」という楽しさでいっぱいでした。決勝で7m44をパッと跳べて4位になれて自信を得ました。逆に、3年生になると、楽しみながらというのは変わりませんが、少ししんどい部分も多くなりました。U20世界選手権でボロ負けして(決勝:7m31で10位)、ヘコんで帰国してすぐにインターハイでしたから。リレーもあったので、体力的にもこたえました。それでも、優勝も懸かっていましたし、勝つという気持ちを持って臨んで優勝できましたし、その後も目標だった高校3冠ができたのはうれしかったです。

橋岡にとっては日本選手権も世界大会もインカレも、もちろんインターハイも、「1つの大会」と位置づけているという

勝敗にこだわらりすぎず、自分の目標を

――中学、高校時代に大切だと思うことは何でしょう。
橋岡 中学生には、とにかく陸上を楽しんでほしいです。勝敗や記録ばかりにこだわるのではなく、純粋に楽しむことが大切だと思います。あと、僕は四種競技や走高跳、ハードルをしていましたが、高校に入った後に感じたのは、そういったいろいろな動きをしていたことが生きるということです。もちろん、中学時代は「将来のために」と思ってはいませんでしたが……。高校に入ってからも、1年目は走高跳や110mハードル、100mなどの試合に出ていました。あまり早く絞るのではなく、いろいろな競技に挑戦してほしいですね。

――まもなくインターハイが始まります。
橋岡 もちろん、高校生にとってはとても大きな目標ですし、僕も目標にしていました。でも、インターハイがすべてではありません。僕自身、U20世界選手権を経験した後でしたので、「インターハイで勝っても世界にはもっとすごい選手がいる」という考えでした。また、前年には同級生で友達の(サニブラウン・アブデル・)ハキームが世界ユース選手権(U18)を勝っていたこともあり、〝世界〟というのを意識していました。選手によって目標はそれぞれですが、あくまでインターハイは1つのきっかけ、通過点。勝っても負けても、インターハイにこだわりすぎるのではなく、自分の中で目標を立てて、やるべきことをやるのが大切だと思います。

構成/向永拓史