月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪選考の日本選手権、日程ごとの実施種目が決定 注目の100m決勝は6月25日


日本陸連は4月15日、東京五輪の選考会を兼ねた第105回日本選手権の大会要項を更新し、種目の実施日を発表した。

日本選手権は6月24日(木)から27日(日)までの4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。実施されるのは別日に開催される10000m・混成競技以外のトラック&フィールドの男女17種目。

東京五輪の参加標準記録を競技終了時点までに突破している選手が3位以内に入った場合は(最大3名まで)代表に内定する。

注目の男女100mは初日(24日)に予選、準決勝、2日目(25日)に決勝が行われる。すでに男子100mはサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)の3人が参加標準記録(10秒05)を突破している。また、男子200mは26日に予選、27日に決勝を実施。この種目もサニブラウン、小池の2人が参加標準記録を突破している。

東京五輪の参加標準記録を城山正太郎(ゼンリン)、橋岡優輝(富士通)、津波響樹(大塚製薬)の3人が切っている男子走幅跳は最終日の27日に行われる。

日本記録保持者・北口榛花(JAL)の女子やり投は25日。活況の男子110mハードルは26日に予選、準決勝、27日に決勝。女子100mハードルは25日に予選、準決勝で26日に決勝が実施される。

●実施種目(男女)
100m、200m、400m、800m、1500m、5000m、110(100)mハードル、400mハードル、3000m障害、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投

●競技実施日
1日目(6/24木)
男子/100m予選・準決勝、400m予選、1500m予選、5000m、走高跳、円盤投
女子/100m予選・準決勝、400m予選、1500m予選、走幅跳、円盤投
2日目(6/25金)
男子/100m決勝、400m決勝、1500m決勝、400mハードル予選、三段跳
女子/100m決勝、400m決勝、1500m決勝、100mハードル予選・準決勝、棒高跳
3日目(6/26土)
男子/200m予選、800m予選、110mハードル予選・準決勝、400mハードル決勝、3000m障害物、棒高跳、ハンマー投
女子/200m予選、800m予選、100mハードル決勝、400mハードル予選、3000m障害物、三段跳、ハンマー投
4日目(6/27日)
男子/200m決勝、800m決勝、110mハードル決勝、走幅跳、砲丸投、やり投
女子/200m決勝、800m決勝、5000m、400mハードル決勝、走高跳、砲丸投

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com