HOME 国内

2024.01.29

常識を覆す大胆な走りを見せた前田穂南 連続五輪代表に大きく近づく19年ぶり日本新/大阪国際女子マラソン
常識を覆す大胆な走りを見せた前田穂南 連続五輪代表に大きく近づく19年ぶり日本新/大阪国際女子マラソン

前田穂南(天満屋)

◇第43回大阪国際女子マラソン(1月28日/大阪・ヤンマースタジアム長居発着42.195km)

パリ五輪代表選考のマラソングランドチャンピオン(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪国際女子マラソンが行われ、前田穂南(天満屋)が19年ぶり日本新記録となる2時間18分59秒で2位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

待ちわびた瞬間が19年の時を超えてようやく訪れた。21年東京五輪代表の前田が2005年に野口みずきが出した従来の日本記録(2時間19分12秒)を13秒短縮。MGCファイナルチャレンジ設定記録の2時間21分41秒を大幅に上回った。

東京五輪では力を出し切れず33位に終わった前田。その後、故障を繰り返すなど苦しんだ時期もあった。「また、もう一度しっかりマラソンを走ることができて、走るのはやっぱり楽しいなと思いました」と充実の表情を見せた。

兵庫・尼崎市出身の27歳。プロ野球・阪神の岡田彰布監督のように、レース前まで今大会の目標を「アレ」と表現し、明かさなかったが、狙っていたのは日本記録更新。見事に達成し、「すごくうれしい」と会見では笑顔が絶えなかった。

新谷仁美(積水化学)らペースメーカーが先導するかたちで、設定の1km3分20秒よりもやや速いペースで進む。5kmを16分32秒、10kmを32分59秒で通過。5km16分35秒のペースを保ち、先頭集団は前田、松田瑞生(ダイハツ)、佐藤早也伽(積水化学)ら有力選手が控えていた。

広告の下にコンテンツが続きます

そんななか、前田が大胆なレースを見せる。中間点を1時間9分46秒で通過した直後、一気にギアチェンジ。「15kmまでは我慢して、それ以降は身体が動けば行こうと思っていました」。無理にではなく自然に前へ。ライバルだけでなく、ペースメーカーをも置き去りにした。攻めの走りで20kmからの5kmを16分18秒で駆け抜けると、25kmから30kmまでは16分10秒と、さらにペースアップする。

独走するかたちとなり、不安がなかったわけではない。途中、「飛び出したことを少し後悔した」と漏らすも、「沿道の応援が力になりました」と前田。31km過ぎに優勝したウォルケネシュ・エデサ(エチオピア)にかわされてからも粘る。30km以降は向かい風や突然の雨というあいにくのコンディションだったが、大きく崩れることはなかった。

昨年10月のMGCでは練習はできていたものの「自分の力を出し切ることができず」7位。「その後は、気持ちを切り替え、30kmの変化走や40km走など距離を走り込み、しっかり継続して練習を積んできたので、自信を持ってスタートラインに立つことができました」と振り返る。

これまでの日本女子では4人が2時間20分未満の記録を出しているが、いずれも男女混合レースで出されたもの。しかし、前田は女子の単独レースでアジア系初の2時間18分台をマーク。さらに、女子単独レースでも大体30kmまでペースメーカーが先導していくケースが多いが、前田は中盤から逃げ切りを図った。それだけに日本陸連の瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダーをはじめ、関係者たちはその力走を称える。

広告の下にコンテンツが続きます

言わば、常識を覆す走りで前田は19年閉じていた歴史の扉を開いた。3月10日に行われる名古屋ウィメンズで、前田の記録を上回る選手が出なければ、東京に続く2大会連続での五輪代表が内定する。「まだまだ記録も更新していきたいですし、世界でしっかり勝負できるよう、さらに力をつけていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

なお、松田は、前田の飛び出しをきっかけに集団から脱落。それでも、最後まであきらめず、2時間23分07秒で3位。また、佐藤は29km過ぎに3位集団から後退し、2時間24分43秒で5位だった。

文/花木 雫

◇第43回大阪国際女子マラソン(1月28日/大阪・ヤンマースタジアム長居発着42.195km) パリ五輪代表選考のマラソングランドチャンピオン(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪国際女子マラソンが行われ、前田穂南(天満屋)が19年ぶり日本新記録となる2時間18分59秒で2位に入った。 待ちわびた瞬間が19年の時を超えてようやく訪れた。21年東京五輪代表の前田が2005年に野口みずきが出した従来の日本記録(2時間19分12秒)を13秒短縮。MGCファイナルチャレンジ設定記録の2時間21分41秒を大幅に上回った。 東京五輪では力を出し切れず33位に終わった前田。その後、故障を繰り返すなど苦しんだ時期もあった。「また、もう一度しっかりマラソンを走ることができて、走るのはやっぱり楽しいなと思いました」と充実の表情を見せた。 兵庫・尼崎市出身の27歳。プロ野球・阪神の岡田彰布監督のように、レース前まで今大会の目標を「アレ」と表現し、明かさなかったが、狙っていたのは日本記録更新。見事に達成し、「すごくうれしい」と会見では笑顔が絶えなかった。 新谷仁美(積水化学)らペースメーカーが先導するかたちで、設定の1km3分20秒よりもやや速いペースで進む。5kmを16分32秒、10kmを32分59秒で通過。5km16分35秒のペースを保ち、先頭集団は前田、松田瑞生(ダイハツ)、佐藤早也伽(積水化学)ら有力選手が控えていた。 そんななか、前田が大胆なレースを見せる。中間点を1時間9分46秒で通過した直後、一気にギアチェンジ。「15kmまでは我慢して、それ以降は身体が動けば行こうと思っていました」。無理にではなく自然に前へ。ライバルだけでなく、ペースメーカーをも置き去りにした。攻めの走りで20kmからの5kmを16分18秒で駆け抜けると、25kmから30kmまでは16分10秒と、さらにペースアップする。 独走するかたちとなり、不安がなかったわけではない。途中、「飛び出したことを少し後悔した」と漏らすも、「沿道の応援が力になりました」と前田。31km過ぎに優勝したウォルケネシュ・エデサ(エチオピア)にかわされてからも粘る。30km以降は向かい風や突然の雨というあいにくのコンディションだったが、大きく崩れることはなかった。 昨年10月のMGCでは練習はできていたものの「自分の力を出し切ることができず」7位。「その後は、気持ちを切り替え、30kmの変化走や40km走など距離を走り込み、しっかり継続して練習を積んできたので、自信を持ってスタートラインに立つことができました」と振り返る。 これまでの日本女子では4人が2時間20分未満の記録を出しているが、いずれも男女混合レースで出されたもの。しかし、前田は女子の単独レースでアジア系初の2時間18分台をマーク。さらに、女子単独レースでも大体30kmまでペースメーカーが先導していくケースが多いが、前田は中盤から逃げ切りを図った。それだけに日本陸連の瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダーをはじめ、関係者たちはその力走を称える。 言わば、常識を覆す走りで前田は19年閉じていた歴史の扉を開いた。3月10日に行われる名古屋ウィメンズで、前田の記録を上回る選手が出なければ、東京に続く2大会連続での五輪代表が内定する。「まだまだ記録も更新していきたいですし、世界でしっかり勝負できるよう、さらに力をつけていきたい」とさらなる飛躍を誓った。 なお、松田は、前田の飛び出しをきっかけに集団から脱落。それでも、最後まであきらめず、2時間23分07秒で3位。また、佐藤は29km過ぎに3位集団から後退し、2時間24分43秒で5位だった。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top