HOME 国内、高校

2023.12.06

ルイジアナ州立大進学予定の澤田結弥「世界で活躍できる選手を目指して」渡米決断の不安も世界陸上金の北口榛花に背中押される
ルイジアナ州立大進学予定の澤田結弥「世界で活躍できる選手を目指して」渡米決断の不安も世界陸上金の北口榛花に背中押される

ダイヤモンドアスリート認定式に臨んだ澤田結弥

日本陸連が将来有望なアスリートが国際人となるべく継続して育成サポートをしていく日本陸連ダイヤモンドアスリートの第10期認定式および修了式が行われた。

第10期(23-24年)ダイヤモンドアスリートには、9期から継続して栁田大輝(東洋大)、佐藤圭汰(駒大)、西徹朗(早大)、北田琉偉(日体大)、澤田結弥(浜松市立高・静岡)に加え、新規認定に3000m障害高校記録保持者の永原颯磨(佐久長聖高・長野)と、合計6人が選出された。

広告の下にコンテンツが続きます

女子1500mで昨年のU20世界選手権6位(高校歴代2位の4分12秒87)となった澤田。1年前に9期(22-23年)で新規ダイヤモンドアスリートとして認定され10期も継続となった。今年はケガや貧血などもあり「思うような結果が出せなかった」と悔しさをのぞかせる。それでも、日本選手権でシニアに交じって10位と健闘するなど、能力の高さを垣間見せた。

来年9月から米国の名門・ルイジアナ州立大への進学を志望している澤田。U20世界選手権の活躍から米国の複数の大学からスカウトを受けたという。以前は「大学で陸上をやるかどうか」という考えだったが、U20世界選手権で活躍し、ダイヤモンドアスリートに選ばれてから意識が変化。

実際に3月に渡米してルイジアナ州立大を見学し、「施設の規模もすごくて衝撃を受けました。大学の雰囲気やコーチとも話をして、日本では経験できないようなことがたくさんできそう」と覚悟を決めた。

それでも、シーズン中は思うようなパフォーマンスができず、「自分に(海外進学は)重すぎるのではないか」と不安になった時期もあったという。その背中を教えてくれたのが、ダイヤモンドアスリートの先輩でも北口榛花(JAL)の存在だった。

広告の下にコンテンツが続きます

1年前の認定式にはプレゼンターとリーダーシッププログラムのゲストとして参加した北口。そこでは「見るだけと実際に行くのとは違う。早いうちから海外に出てみてほしい」アドバイスを送った。それに感銘を受けていた澤田。不安だった夏には、その北口はブダペスト世界選手権で女子やり投史上初の金メダルに輝いた。

「北口さんも自分でチェコ人のコーチに連絡を取って、挑戦して金メダルを取ってかっこいいなって思いました。自分もそういうところを目指して頑張りたい」

卒業後はいつ頃渡米するかどうか、これからスケジュールを立てていく予定。まずは12月24日に全国高校駅伝が控えている。

「将来のことはまだハッキリと決められていませんが、レベルの高いアメリカに行くと決めたからにはそこで必死にしのぎを削り合って、オリンピックや世界選手権で活躍できる選手を目指していきます」

広告の下にコンテンツが続きます

自らの行動力と周囲のサポートで磨きをかけた先輩たちのように、澤田もまた研鑽を積んで輝きを増していくつもりだ。

日本陸連が将来有望なアスリートが国際人となるべく継続して育成サポートをしていく日本陸連ダイヤモンドアスリートの第10期認定式および修了式が行われた。 第10期(23-24年)ダイヤモンドアスリートには、9期から継続して栁田大輝(東洋大)、佐藤圭汰(駒大)、西徹朗(早大)、北田琉偉(日体大)、澤田結弥(浜松市立高・静岡)に加え、新規認定に3000m障害高校記録保持者の永原颯磨(佐久長聖高・長野)と、合計6人が選出された。 女子1500mで昨年のU20世界選手権6位(高校歴代2位の4分12秒87)となった澤田。1年前に9期(22-23年)で新規ダイヤモンドアスリートとして認定され10期も継続となった。今年はケガや貧血などもあり「思うような結果が出せなかった」と悔しさをのぞかせる。それでも、日本選手権でシニアに交じって10位と健闘するなど、能力の高さを垣間見せた。 来年9月から米国の名門・ルイジアナ州立大への進学を志望している澤田。U20世界選手権の活躍から米国の複数の大学からスカウトを受けたという。以前は「大学で陸上をやるかどうか」という考えだったが、U20世界選手権で活躍し、ダイヤモンドアスリートに選ばれてから意識が変化。 実際に3月に渡米してルイジアナ州立大を見学し、「施設の規模もすごくて衝撃を受けました。大学の雰囲気やコーチとも話をして、日本では経験できないようなことがたくさんできそう」と覚悟を決めた。 それでも、シーズン中は思うようなパフォーマンスができず、「自分に(海外進学は)重すぎるのではないか」と不安になった時期もあったという。その背中を教えてくれたのが、ダイヤモンドアスリートの先輩でも北口榛花(JAL)の存在だった。 1年前の認定式にはプレゼンターとリーダーシッププログラムのゲストとして参加した北口。そこでは「見るだけと実際に行くのとは違う。早いうちから海外に出てみてほしい」アドバイスを送った。それに感銘を受けていた澤田。不安だった夏には、その北口はブダペスト世界選手権で女子やり投史上初の金メダルに輝いた。 「北口さんも自分でチェコ人のコーチに連絡を取って、挑戦して金メダルを取ってかっこいいなって思いました。自分もそういうところを目指して頑張りたい」 卒業後はいつ頃渡米するかどうか、これからスケジュールを立てていく予定。まずは12月24日に全国高校駅伝が控えている。 「将来のことはまだハッキリと決められていませんが、レベルの高いアメリカに行くと決めたからにはそこで必死にしのぎを削り合って、オリンピックや世界選手権で活躍できる選手を目指していきます」 自らの行動力と周囲のサポートで磨きをかけた先輩たちのように、澤田もまた研鑽を積んで輝きを増していくつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top