HOME 国内、世界陸上、日本代表
ブダペスト世界陸上「史上最強メンバー」で挑む 山崎一彦強化委員長が意気込み
ブダペスト世界陸上「史上最強メンバー」で挑む 山崎一彦強化委員長が意気込み

オンラインで会見に臨んだ山崎一彦強化委員長

目前に迫るブダペスト世界選手権に向け、「史上最強の日本代表」で世界に挑戦する。

日本陸連が8月7日、ブダペスト世界選手権の日本代表選手を発表。その後、日本陸連の山崎一彦・強化委員長がオンラインで会見を行った。

広告の下にコンテンツが続きます

山崎強化委員長は「近年は世界選手権、五輪、ダイヤモンドリーグなどさまざまな国際大会で、複数年にわたって活躍してくれているが多く、そういった選手への期待が大きい」と語り、「その期待をいかに楽しむか。メダルや入賞はあとからついてくる」と話す。

メダルや入賞の数は「方針として決めない」ことを前提にしつつも、「メダルが期待できる」選手として、女子やり投の北口榛花(JAL)、男子競歩の山西利和(愛知製鋼)、池田向希(旭化成)、川野将虎(同)、男子3000m障害の三浦龍司(順大)、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)の名を挙げた。

世界大会で複数メダルを獲得してきた競歩や、ダイヤモンドリーグ(DL)で常に優勝争いをする北口らがまさに、「国際大会で常に活躍する」姿を見せている。また、男子の4×100m、4×400mの両リレーについてもメダルへの期待を寄せた。

その他、入賞を目指せる選手として、男子やり投のディーン元気(ミズノ)、男子走高跳の赤松諒一(アワーズ)、真野友博(九電工)、女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)、女子20km競歩・藤井菜々子(エディオン)らの名を挙げた。

広告の下にコンテンツが続きます

総数は今後追加でのインビテーションで代表権を得る選手が増える可能性もあるが、現時点で男子は43人、女子は20人の合計63人。これについても「特に個人種目(58名)で見ればかなり多い」と評価し、その上で「1人でも多く世界大会に出すことから、もう一つ上の、1人でも多くメダル、入賞を目指すチーム作りをしていく」。そして、今回選出された日本代表は「史上最強の選手が集まった」と自信を持って挑む。

日本のみならず、世界的に見ても個々の目標を達成するためには自己ベスト近くのパフォーマンスを発揮することが過去の統計からも明らかで、「選手たちが楽しみながら試合をできるよう、海外経験も豊富なコーチ陣、パーソナルコーチ、ドクター、トレーナーらと一丸となって、0.01秒、1mmにまでこだわれるように努力していきたい」と意気込みを語る。

ブダペスト世界選手権が、「パリ五輪や東京世界選手権へとつながっていく」と意識しながらも、「1回の結果に一喜一憂するのではなく、年間通して活躍した、実力を発揮したところ(過程)も応援してもらいたいし、選手には背負うものを楽しんでもらいたい」を思いを語った。

競歩や一部選手はパリ五輪の視察も兼ねてフランスで事前合宿を経てブダペストへ。その他の選手たちも国内外から現地入りする。

広告の下にコンテンツが続きます

前回のオレゴン世界選手権は金1、銀2、銅1のメダル4つを含む入賞は9。これはいずれも過去最多タイの成績だった。「史上最強」メンバーがそろったブダペストでどんな活躍を見せるか。

8月19日から27日の9日間、美しき街・ブダペストでのサンライズレッドの挑戦がいよいよ始まる。

目前に迫るブダペスト世界選手権に向け、「史上最強の日本代表」で世界に挑戦する。 日本陸連が8月7日、ブダペスト世界選手権の日本代表選手を発表。その後、日本陸連の山崎一彦・強化委員長がオンラインで会見を行った。 山崎強化委員長は「近年は世界選手権、五輪、ダイヤモンドリーグなどさまざまな国際大会で、複数年にわたって活躍してくれているが多く、そういった選手への期待が大きい」と語り、「その期待をいかに楽しむか。メダルや入賞はあとからついてくる」と話す。 メダルや入賞の数は「方針として決めない」ことを前提にしつつも、「メダルが期待できる」選手として、女子やり投の北口榛花(JAL)、男子競歩の山西利和(愛知製鋼)、池田向希(旭化成)、川野将虎(同)、男子3000m障害の三浦龍司(順大)、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)の名を挙げた。 世界大会で複数メダルを獲得してきた競歩や、ダイヤモンドリーグ(DL)で常に優勝争いをする北口らがまさに、「国際大会で常に活躍する」姿を見せている。また、男子の4×100m、4×400mの両リレーについてもメダルへの期待を寄せた。 その他、入賞を目指せる選手として、男子やり投のディーン元気(ミズノ)、男子走高跳の赤松諒一(アワーズ)、真野友博(九電工)、女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)、女子20km競歩・藤井菜々子(エディオン)らの名を挙げた。 総数は今後追加でのインビテーションで代表権を得る選手が増える可能性もあるが、現時点で男子は43人、女子は20人の合計63人。これについても「特に個人種目(58名)で見ればかなり多い」と評価し、その上で「1人でも多く世界大会に出すことから、もう一つ上の、1人でも多くメダル、入賞を目指すチーム作りをしていく」。そして、今回選出された日本代表は「史上最強の選手が集まった」と自信を持って挑む。 日本のみならず、世界的に見ても個々の目標を達成するためには自己ベスト近くのパフォーマンスを発揮することが過去の統計からも明らかで、「選手たちが楽しみながら試合をできるよう、海外経験も豊富なコーチ陣、パーソナルコーチ、ドクター、トレーナーらと一丸となって、0.01秒、1mmにまでこだわれるように努力していきたい」と意気込みを語る。 ブダペスト世界選手権が、「パリ五輪や東京世界選手権へとつながっていく」と意識しながらも、「1回の結果に一喜一憂するのではなく、年間通して活躍した、実力を発揮したところ(過程)も応援してもらいたいし、選手には背負うものを楽しんでもらいたい」を思いを語った。 競歩や一部選手はパリ五輪の視察も兼ねてフランスで事前合宿を経てブダペストへ。その他の選手たちも国内外から現地入りする。 前回のオレゴン世界選手権は金1、銀2、銅1のメダル4つを含む入賞は9。これはいずれも過去最多タイの成績だった。「史上最強」メンバーがそろったブダペストでどんな活躍を見せるか。 8月19日から27日の9日間、美しき街・ブダペストでのサンライズレッドの挑戦がいよいよ始まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top