HOME 国内

2023.05.21

遠藤日向が3000m制す 昨秋からの左アキレス腱痛明かし「無理せずパリ五輪」照準/セイコーGGP
遠藤日向が3000m制す 昨秋からの左アキレス腱痛明かし「無理せずパリ五輪」照準/セイコーGGP

23年セイコーGGP男子3000mに優勝を飾った遠藤日向

男子3000m日本歴代5傑をチェック

7.40.09 大迫 傑(日清食品グループ) 2014. 9. 7
7.41.87 高岡寿成(鐘紡)       1999. 5.28
7.44.63 佐藤悠基(日清食品グループ) 2010. 7. 3
7.45.08 遠藤日向(住友電工)     2023. 5.21
7.46.37 塩尻和也(富士通)      2023. 5.21

【動画】ハイレベルな争いとなった男子3000m

広告の下にコンテンツが続きます
◇セイコーゴールデングランプリ2023(5月21日/神奈川・日産スタジアム) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子3000mは遠藤日向(住友電工)が7分45秒08で優勝した。 「今日は3位以内を目指していました。7分45秒あたりを狙ったレースだったので、この舞台でしっかり走れて優勝できたのは良かったです」 日本選手権5000m連覇を引っ提げ、参加標準記録を突破して出場した初の世界選手権。しかし、万全な調子で臨めず予選敗退に終わった。 その後は「いいわけになりますが、左アキレス腱を痛めて2ヵ月半ほど走れなかった」と言う。その間はウエイトトレーニングやバイクを使った練習で筋力や心肺機能をキープした。 ここまでの復帰過程は、「予定以上でも、以下でもない」。ただ、今回の結果については「トレーニングを積んできたから」と自身でも及第点を与える。 アキレス腱のこともあり、「無理せずパリ五輪を目指しつつ、その中で世界選手権が見えれば」と焦りはない。まずは日本選手権の3連覇、そして「夏までに13分15秒」、その先にパリ五輪の参加標準記録(13分05秒00)を見据えている。

男子3000m日本歴代5傑をチェック

7.40.09 大迫 傑(日清食品グループ) 2014. 9. 7 7.41.87 高岡寿成(鐘紡)       1999. 5.28 7.44.63 佐藤悠基(日清食品グループ) 2010. 7. 3 7.45.08 遠藤日向(住友電工)     2023. 5.21 7.46.37 塩尻和也(富士通)      2023. 5.21

【動画】ハイレベルな争いとなった男子3000m

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top