HOME 国内、高校

2023.03.26

東京五輪代表・戸邉直人が高校生向けに講演会を実施「『考えること』『学び続けること』が大切」
東京五輪代表・戸邉直人が高校生向けに講演会を実施「『考えること』『学び続けること』が大切」

高校生を相手に講演会を行った戸邉直人(JAL、後列左から5人目)

3月25日から5日間、岐阜県内で日本陸連U-19強化研修合宿・全国高体連陸上競技専門部強化合宿が開催され、26日に男子走高跳の東京五輪代表・戸邉直人(JAL)が高校生アスリート向けに講演会を行った。

講演会のテーマは「陸上選手のキャリアについて」。戸邉は自身の競技生活を振り返り、「そこまで順調ではなかった」としつつ、挫折をした時の乗り越え方などを語った。

戸邉は全中、インターハイ、日本インカレ、日本選手権と、各カテゴリーで優勝を飾っているが、その中でも「記録が低迷した時期があった」と話す。

「記録を伸ばし続けるには『考えること』『学び続けること』が大切。何が良くて、何が悪いのかを常に考えて取り組むこと。高校生のみなさんも、それにトライしてほしいです」

考え方については「PDCAサイクル」や「OODAループ」を紹介しつつ、「感覚の基準は曖昧なもの。その根拠となるものを突きつめることが大切」と説いた。

最後に、戸邉は「陸上は記録を突き詰めるもの。その過程で苦しいこともありますが、殻を破ればとても嬉しいですよね。競技で得たものを他に生かすためにも、『学び続けること』『考えること』を大切にしていきましょう」と締めくくった。

質疑応答では高校生から積極的に手が上がった。なかでも「どうやったらインターハイで優勝できますか?」というシンプルな質問に対しては「他人はコントロールできません。まずは自分のベストを出すこと、やるべきことをやることが大切」とアドバイスを送った。

戸邉は昨年8月に日本陸連アスリート委員会の委員長に就任。「これからの新しい時代では、アスリートが積極的に競技団体と力を合わせて競技の価値を高めていくことが必要だと考えています」とコメントしていた。

【参加者の声】
川﨑俊祐(市尼崎高2兵庫)※2022年インターハイ優勝、自己記録2m12
「戸邉選手のお話の中で『考える』という部分が印象に残りました。記録を伸ばすには向上心が大切だと思いますが、向上心を持つためにはいろんなことを考えて取り組む必要があります。同じ走高跳の選手としてすごく勉強になりました」

3月25日から5日間、岐阜県内で日本陸連U-19強化研修合宿・全国高体連陸上競技専門部強化合宿が開催され、26日に男子走高跳の東京五輪代表・戸邉直人(JAL)が高校生アスリート向けに講演会を行った。 講演会のテーマは「陸上選手のキャリアについて」。戸邉は自身の競技生活を振り返り、「そこまで順調ではなかった」としつつ、挫折をした時の乗り越え方などを語った。 戸邉は全中、インターハイ、日本インカレ、日本選手権と、各カテゴリーで優勝を飾っているが、その中でも「記録が低迷した時期があった」と話す。 「記録を伸ばし続けるには『考えること』『学び続けること』が大切。何が良くて、何が悪いのかを常に考えて取り組むこと。高校生のみなさんも、それにトライしてほしいです」 考え方については「PDCAサイクル」や「OODAループ」を紹介しつつ、「感覚の基準は曖昧なもの。その根拠となるものを突きつめることが大切」と説いた。 最後に、戸邉は「陸上は記録を突き詰めるもの。その過程で苦しいこともありますが、殻を破ればとても嬉しいですよね。競技で得たものを他に生かすためにも、『学び続けること』『考えること』を大切にしていきましょう」と締めくくった。 質疑応答では高校生から積極的に手が上がった。なかでも「どうやったらインターハイで優勝できますか?」というシンプルな質問に対しては「他人はコントロールできません。まずは自分のベストを出すこと、やるべきことをやることが大切」とアドバイスを送った。 戸邉は昨年8月に日本陸連アスリート委員会の委員長に就任。「これからの新しい時代では、アスリートが積極的に競技団体と力を合わせて競技の価値を高めていくことが必要だと考えています」とコメントしていた。 【参加者の声】 川﨑俊祐(市尼崎高2兵庫)※2022年インターハイ優勝、自己記録2m12 「戸邉選手のお話の中で『考える』という部分が印象に残りました。記録を伸ばすには向上心が大切だと思いますが、向上心を持つためにはいろんなことを考えて取り組む必要があります。同じ走高跳の選手としてすごく勉強になりました」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top