HOME 国内、大学

2023.03.13

駒大から8大会連続でユニバ代表選出 篠原倖太朗が優勝、鈴木芽吹は故障の影響で欠場/日本学生ハーフ
駒大から8大会連続でユニバ代表選出 篠原倖太朗が優勝、鈴木芽吹は故障の影響で欠場/日本学生ハーフ

2023年日本学生ハーフで優勝した篠原倖太朗(右)と指導する大八木弘明監督(中央)。左は鈴木芽吹

◇第26回日本学生ハーフマラソン選手権(3月12日/東京・立川市)

篠原倖太朗(駒大2)が圧巻の強さを見せ、1時間2分16秒で優勝を飾った。3位以内の選手には今年8月に中国・成都で開催されるFISUワールドユニバーシティゲームズの代表権が与えられ、初の国際大会出場をつかんだ。

広告の下にコンテンツが続きます

駒大にとって、ユニバ代表を出すことは至上命題だ。旧名称であるユニバーシアード時代の2007年大会から代表を出し続けており、篠原で8大会連続となる。

指導する大八木弘明監督は「今日はタイムは望んでおらず、3位以内にはと思っていました。2月にいい練習ができていたので、本人が自分でトップを取りにいったのでしょう。成長してきましたね」と、教え子の快走を喜んだ。

篠原は2月の丸亀国際ハーフで1時間0分11秒の日本人学生最高記録を樹立したあと、チームメイトでオレゴン世界選手権10000m代表の田澤廉(4年)、10000mで27分41秒68のベストを持つ鈴木芽吹(3年)とともに3週間ほど米国・アルバカーキで合宿を実施。「先輩たちの練習にはついていけない」と話すほどハイレベルなトレーニングを積み、自信を深めていた。

そこに同行したのが大八木監督。米国でのトレーニングについて「向こうでの(篠原の)テーマは『田澤とどれだけ一緒の練習ができるか』です。実際、田澤にはまったく相手になりませんでしたが、『もっと強くなりたい』という思いが芽生えてきました」と総括。

広告の下にコンテンツが続きます

篠原自身も「練習以外のノイズをシャットアウトし、日本代表選手と一緒に練習する最高の環境で充実した1ヵ月を過ごせました」と振り返る。

一緒に練習した鈴木も出場予定だったが、「軽いケガがあった」とのことで今大会は欠場。トラックでの日本選手権出場に向けて練習を再開している。

篠原は4月の金栗記念選抜中長距離の10000mに出場予定で「27分台を目指します」と意欲を見せる。

駒大は4月から藤田敦史ヘッドコーチが監督となり、チームの指揮官となる。大八木監督は総監督となり、卒業する田澤と、在校生のうち世界を狙う鈴木、篠原、佐藤圭汰(1年)の練習を見ることが決まっている。

広告の下にコンテンツが続きます

3冠王者・駒大の新たな挑戦が始まる。

※記事に誤りがあったため修正しました

◇第26回日本学生ハーフマラソン選手権(3月12日/東京・立川市) 篠原倖太朗(駒大2)が圧巻の強さを見せ、1時間2分16秒で優勝を飾った。3位以内の選手には今年8月に中国・成都で開催されるFISUワールドユニバーシティゲームズの代表権が与えられ、初の国際大会出場をつかんだ。 駒大にとって、ユニバ代表を出すことは至上命題だ。旧名称であるユニバーシアード時代の2007年大会から代表を出し続けており、篠原で8大会連続となる。 指導する大八木弘明監督は「今日はタイムは望んでおらず、3位以内にはと思っていました。2月にいい練習ができていたので、本人が自分でトップを取りにいったのでしょう。成長してきましたね」と、教え子の快走を喜んだ。 篠原は2月の丸亀国際ハーフで1時間0分11秒の日本人学生最高記録を樹立したあと、チームメイトでオレゴン世界選手権10000m代表の田澤廉(4年)、10000mで27分41秒68のベストを持つ鈴木芽吹(3年)とともに3週間ほど米国・アルバカーキで合宿を実施。「先輩たちの練習にはついていけない」と話すほどハイレベルなトレーニングを積み、自信を深めていた。 そこに同行したのが大八木監督。米国でのトレーニングについて「向こうでの(篠原の)テーマは『田澤とどれだけ一緒の練習ができるか』です。実際、田澤にはまったく相手になりませんでしたが、『もっと強くなりたい』という思いが芽生えてきました」と総括。 篠原自身も「練習以外のノイズをシャットアウトし、日本代表選手と一緒に練習する最高の環境で充実した1ヵ月を過ごせました」と振り返る。 一緒に練習した鈴木も出場予定だったが、「軽いケガがあった」とのことで今大会は欠場。トラックでの日本選手権出場に向けて練習を再開している。 篠原は4月の金栗記念選抜中長距離の10000mに出場予定で「27分台を目指します」と意欲を見せる。 駒大は4月から藤田敦史ヘッドコーチが監督となり、チームの指揮官となる。大八木監督は総監督となり、卒業する田澤と、在校生のうち世界を狙う鈴木、篠原、佐藤圭汰(1年)の練習を見ることが決まっている。 3冠王者・駒大の新たな挑戦が始まる。 ※記事に誤りがあったため修正しました

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top