HOME 国内

2023.01.16

新谷仁美2時間19分24秒!米国で日本歴代2位、日本人4人目の2時間19分台!/ヒューストンマラソン
新谷仁美2時間19分24秒!米国で日本歴代2位、日本人4人目の2時間19分台!/ヒューストンマラソン

新谷仁美(積水化学)

◇ヒューストン・マラソン(1月15日/米国・ヒューストン)

ヒューストン・マラソンが1月15日(現地時間)に行われ、新谷仁美(積水化学)が日本歴代2位の2時間19分24秒(速報値)で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

ヒューストンは、3年前にハーフの部に出場し、1時間6分38秒の日本新を打ち立てた舞台。そこで、今度は日本人では18年ぶり4人目となる2時間20分突破をやってのけた。

ターゲットは野口みずき(グローバリー)が2005年のベルリンで樹立した日本記録2時間19分12秒。これ以降、日本女子は2時間20分切りを果たせていない。

練習拠点にするTWOLAPS TCの新田良太郎コーチがペースメーカー役を務め、最初の5kmを16分25秒で通過する。野口の日本記録樹立時が16分24秒。1秒遅れるだけの、快調な入りだ。

10km通過は32分45秒へと上げ、日本記録ペースを8秒上回る。中間点は1時間9分09秒。日本人初の2時間18分台すら狙えるハイペースを刻み続けた。

広告の下にコンテンツが続きます

35kmを過ぎて新田コーチが離脱して単独走となったが、最後まで日本新に挑み続けた新谷。日本記録にはあと12秒届かなかったものの、22年3月の東京でマークした2時間21分17秒(当時日本歴代7位)を大幅に更新。チームの先輩である高橋尚子の2時間19分46秒、渋井陽子(三井住友海上)の2時間19分41秒を上回り、歴代2位にジャンプアップした。

次ページ日本歴代10傑&新谷仁美のプロフィール

◇ヒューストン・マラソン(1月15日/米国・ヒューストン) ヒューストン・マラソンが1月15日(現地時間)に行われ、新谷仁美(積水化学)が日本歴代2位の2時間19分24秒(速報値)で優勝した。 ヒューストンは、3年前にハーフの部に出場し、1時間6分38秒の日本新を打ち立てた舞台。そこで、今度は日本人では18年ぶり4人目となる2時間20分突破をやってのけた。 ターゲットは野口みずき(グローバリー)が2005年のベルリンで樹立した日本記録2時間19分12秒。これ以降、日本女子は2時間20分切りを果たせていない。 練習拠点にするTWOLAPS TCの新田良太郎コーチがペースメーカー役を務め、最初の5kmを16分25秒で通過する。野口の日本記録樹立時が16分24秒。1秒遅れるだけの、快調な入りだ。 10km通過は32分45秒へと上げ、日本記録ペースを8秒上回る。中間点は1時間9分09秒。日本人初の2時間18分台すら狙えるハイペースを刻み続けた。 35kmを過ぎて新田コーチが離脱して単独走となったが、最後まで日本新に挑み続けた新谷。日本記録にはあと12秒届かなかったものの、22年3月の東京でマークした2時間21分17秒(当時日本歴代7位)を大幅に更新。チームの先輩である高橋尚子の2時間19分46秒、渋井陽子(三井住友海上)の2時間19分41秒を上回り、歴代2位にジャンプアップした。 次ページ日本歴代10傑&新谷仁美のプロフィール
■女子マラソン日本歴代10傑 2.19.12 野口みずき(グローバリー) 05. 9.25 2.19.24 新谷 仁美(積水化学) 23. 1.15←NEW 2.19.41 渋井 陽子(三井住友海上) 04. 9.26 2.19.46 高橋 尚子(積水化学) 01. 9.30 2.20.29 一山 麻緒(ワコール) 20. 3.08 2.20.52 松田 瑞生(ダイハツ) 22. 1.30 2.21.36 安藤 友香(ワコール) 17. 3.12 2.21.42 細田 あい(エディオン) 22.10.02 2.21.45 千葉 真子(豊田自動織機) 03. 1.26 2.21.51 坂本 直子(天満屋) 03. 1.26 ◎にいや・ひとみ/1988年2月26日生まれ。岡山・総社東中、興譲館高出身。高校時代には全国高校駅伝1区で3年連続区間賞と名を馳せる。豊田自動織機入社1年目の2007年2月の東京で初マラソン初優勝を飾ったが、その後はトラックに専念。11年テグ世界選手権、12年ロンドン五輪、13年モスクワ世界選手権と3大会連続で世界大会に出場し、モスクワ世界選手権では10000mで5位入賞を果たした。 その後、いったんは現役を退いたが、2018年に復帰。19年ドーハ世界選手権10000m11位を経て、20年シーズンには1月にハーフ、12月には10000mで日本新記録を樹立した。21年東京五輪は10000m21位にとどまったが、翌年3月の東京で13年ぶりにマラソンへシフト。当時日本歴代7位に2時間21分17秒をマークして日本人2番手(7位)を占めて、オレゴン世界選手権代表入りを果たした(本番は欠場)。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top