HOME 駅伝

2022.11.05

初V狙う國學院大 前田監督「勝負できる」恩師・大八木監督に「一矢報いたい」/全日本大学駅伝
初V狙う國學院大 前田監督「勝負できる」恩師・大八木監督に「一矢報いたい」/全日本大学駅伝

11月6日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、前回1位から5位までに入った駒大、青学大、順大、國學院大に加え、出雲駅伝で3位に入った中大の指揮官が出席した。

前回4位、そして出雲駅伝で駒大に次ぐ2位に食い込んだ國學院大。初優勝へ好機を迎えている。過去最高レベルの選手層を誇るだけに、「優勝を考えていないわけではない」と前田康弘監督も手応え十分だ。

そのキーマンに挙げるのが平林清澄(2年)。昨年に続いて7区を務める2年生エースについて、「去年はここで駒大の田澤(廉)選手に1分以上やられてしまった」(前田監督)。ただ、1年を経て平林も成長。堂々と渡り合うつもりだ。

勝負は「後半」。そこまでにどれだけ差を抑えられるかがポイントになる。3人まで認められる当日変更では2枚入れる予定で、そのうちの一人は中西大翔(4年)と明言した。キーマンは「出雲に出ていないメンバー」と指揮官。青木瑠郁(1年)、上原琉翔(1年)、嘉数純平(1年)という期待のルーキーが補欠に入っており、デビューの可能性は十分だ。

「8区間しっかり仕事すれば勝負できる。出雲以上にいい状態で臨めます」と言う前田監督。駒大OBの前田監督にとって恩師でもある大八木弘明監督に「一矢報いたい」と宣言すると、大八木監督も「受けて立ちましょう」答えた。

「私自身、楽しみにしている」というほど充実ぶりを漂わせる國學院大。トップ3、そして念願の初優勝へ、節目となる10回目の伊勢路で旋風を巻き起こすかもしれない。

全日本大学駅伝は11月6日(日)8時05分にスタート。名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで、27チームによって争われる。

■シード校(前回上位8校)
駒澤大学   27大会連続29回目
青山学院大学 10大会連続12回目
順天堂大学  6大会連続27回目
國學院大學  8大会連続10回目
東京国際大学 4大会連続4回目
早稲田大学  16大会連続28回目
明治大学   15大会連続16回目
中央大学   2大会連続29回目
■各地区代表校
<北海道>
札幌学院大学 5大会連続29回目
<東北>
東北大学   3大会連続16回目
<関東>
神奈川大学  4大会ぶり18回目
東洋大学   15大会連続30回目
創価大学   初出場
東海大学   9大会連続35回目
大東文化大学 5大会ぶり43回目
中央学院大学 10大会連続16回目
日本大学   2大会ぶり42回目
<北信越>
新潟大学   3大会ぶり13回目
<東海>
皇學館大学  6大会連続6回目
愛知工業大学 3大会ぶり19回目
<関西>
大阪経済大学 2大会連続24回目
関西学院大学 4大会連続12回目
立命館大学  22大会連続34回目
<中国四国>
環太平洋大学 2大会連続3回目
<九州>
第一工科大学 2大会連続26回目
<オープン>
日本学連選抜チーム
東海学連選抜チーム

11月6日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、前回1位から5位までに入った駒大、青学大、順大、國學院大に加え、出雲駅伝で3位に入った中大の指揮官が出席した。 前回4位、そして出雲駅伝で駒大に次ぐ2位に食い込んだ國學院大。初優勝へ好機を迎えている。過去最高レベルの選手層を誇るだけに、「優勝を考えていないわけではない」と前田康弘監督も手応え十分だ。 そのキーマンに挙げるのが平林清澄(2年)。昨年に続いて7区を務める2年生エースについて、「去年はここで駒大の田澤(廉)選手に1分以上やられてしまった」(前田監督)。ただ、1年を経て平林も成長。堂々と渡り合うつもりだ。 勝負は「後半」。そこまでにどれだけ差を抑えられるかがポイントになる。3人まで認められる当日変更では2枚入れる予定で、そのうちの一人は中西大翔(4年)と明言した。キーマンは「出雲に出ていないメンバー」と指揮官。青木瑠郁(1年)、上原琉翔(1年)、嘉数純平(1年)という期待のルーキーが補欠に入っており、デビューの可能性は十分だ。 「8区間しっかり仕事すれば勝負できる。出雲以上にいい状態で臨めます」と言う前田監督。駒大OBの前田監督にとって恩師でもある大八木弘明監督に「一矢報いたい」と宣言すると、大八木監督も「受けて立ちましょう」答えた。 「私自身、楽しみにしている」というほど充実ぶりを漂わせる國學院大。トップ3、そして念願の初優勝へ、節目となる10回目の伊勢路で旋風を巻き起こすかもしれない。 全日本大学駅伝は11月6日(日)8時05分にスタート。名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで、27チームによって争われる。 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学   27大会連続29回目 青山学院大学 10大会連続12回目 順天堂大学  6大会連続27回目 國學院大學  8大会連続10回目 東京国際大学 4大会連続4回目 早稲田大学  16大会連続28回目 明治大学   15大会連続16回目 中央大学   2大会連続29回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学 5大会連続29回目 <東北> 東北大学   3大会連続16回目 <関東> 神奈川大学  4大会ぶり18回目 東洋大学   15大会連続30回目 創価大学   初出場 東海大学   9大会連続35回目 大東文化大学 5大会ぶり43回目 中央学院大学 10大会連続16回目 日本大学   2大会ぶり42回目 <北信越> 新潟大学   3大会ぶり13回目 <東海> 皇學館大学  6大会連続6回目 愛知工業大学 3大会ぶり19回目 <関西> 大阪経済大学 2大会連続24回目 関西学院大学 4大会連続12回目 立命館大学  22大会連続34回目 <中国四国> 環太平洋大学 2大会連続3回目 <九州> 第一工科大学 2大会連続26回目 <オープン> 日本学連選抜チーム 東海学連選抜チーム

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top