HOME 国内

2022.09.25

加世田梨花が日本歴代10位の2時間21分55秒 鈴木亜由子、佐藤早也伽も自己新 男子は其田が最上位/ベルリン・マラソン
加世田梨花が日本歴代10位の2時間21分55秒 鈴木亜由子、佐藤早也伽も自己新 男子は其田が最上位/ベルリン・マラソン

9月25日、ドイツ・ベルリンで第48回ベルリン・マラソンが行われ、女子の加世田梨花(ダイハツ)が日本歴代10位の2時間21分55秒で7位に入った。

今年3月の東京以来2度目のマラソンとなった加世田は、スタートから東京五輪代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)とともに16位前後でレースを進め、10kmを33分30秒で通過。中間点を1時間10分33秒で過ぎると、30km付近で、前を走っていた佐藤早也伽を捕らえて13位までに浮上。40km手前で鈴木を振り切ると、残り2kmを7分28秒でカバー。東京でマークした自己記録(2時間28分29秒)を6分以上更新する大幅ベストとなった。

東京五輪以来のマラソンとなった鈴木は終盤で加世田に引き離されたものの、2時間22分02秒の8位でフィニッシュ。鈴木も18年の北海道でマークした自己ベスト(2時間28分32秒)を大きく塗り替えた。また、序盤は加世田らをリードした佐藤早也伽(積水化学)も9位と踏ん張り、2時間22分13秒の自己新でフィニッシュした。

男子では7位の其田健也(JR東日本)が2時間7分14秒、8位の丸山竜也(トヨタ自動車)が2時間7分50秒でいずれも自己記録を更新。9位にも聞谷賢人(トヨタ紡織)が2時間7分56秒で続いた。

今大会の結果、男子の丸山、武田凛太郎(ヤクルト)、女子の加世田、鈴木、大西ひかり(日本郵政グループ)の5名が、来年行われるパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を新たに獲得した。

■女子マラソン日本歴代10傑
2.19.12 野口みずき(グローバリー)  2005. 9.25
2.19.41 渋井 陽子(三井住友海上)  2004. 9.26
2.19.46 高橋 尚子(積水化学)    2001. 9.30
2.20.29 一山 麻緒(ワコール)    2020. 3. 8
2.20.52 松田 瑞生(ダイハツ)    2022. 1.30
2.21.17 新谷 仁美(積水化学)    2022. 3. 6
2.21.36 安藤 友香(スズキ浜松AC) 2017. 3.12
2.21.45 千葉 真子(豊田自動織機)  2003. 1.26
2.21.51 坂本 直子(天満屋)     2003. 1.26
2.21.55 加世田梨花(ダイハツ)    2022. 9.25

9月25日、ドイツ・ベルリンで第48回ベルリン・マラソンが行われ、女子の加世田梨花(ダイハツ)が日本歴代10位の2時間21分55秒で7位に入った。 今年3月の東京以来2度目のマラソンとなった加世田は、スタートから東京五輪代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)とともに16位前後でレースを進め、10kmを33分30秒で通過。中間点を1時間10分33秒で過ぎると、30km付近で、前を走っていた佐藤早也伽を捕らえて13位までに浮上。40km手前で鈴木を振り切ると、残り2kmを7分28秒でカバー。東京でマークした自己記録(2時間28分29秒)を6分以上更新する大幅ベストとなった。 東京五輪以来のマラソンとなった鈴木は終盤で加世田に引き離されたものの、2時間22分02秒の8位でフィニッシュ。鈴木も18年の北海道でマークした自己ベスト(2時間28分32秒)を大きく塗り替えた。また、序盤は加世田らをリードした佐藤早也伽(積水化学)も9位と踏ん張り、2時間22分13秒の自己新でフィニッシュした。 男子では7位の其田健也(JR東日本)が2時間7分14秒、8位の丸山竜也(トヨタ自動車)が2時間7分50秒でいずれも自己記録を更新。9位にも聞谷賢人(トヨタ紡織)が2時間7分56秒で続いた。 今大会の結果、男子の丸山、武田凛太郎(ヤクルト)、女子の加世田、鈴木、大西ひかり(日本郵政グループ)の5名が、来年行われるパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を新たに獲得した。 ■女子マラソン日本歴代10傑 2.19.12 野口みずき(グローバリー)  2005. 9.25 2.19.41 渋井 陽子(三井住友海上)  2004. 9.26 2.19.46 高橋 尚子(積水化学)    2001. 9.30 2.20.29 一山 麻緒(ワコール)    2020. 3. 8 2.20.52 松田 瑞生(ダイハツ)    2022. 1.30 2.21.17 新谷 仁美(積水化学)    2022. 3. 6 2.21.36 安藤 友香(スズキ浜松AC) 2017. 3.12 2.21.45 千葉 真子(豊田自動織機)  2003. 1.26 2.21.51 坂本 直子(天満屋)     2003. 1.26 2.21.55 加世田梨花(ダイハツ)    2022. 9.25

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top