HOME 海外

2022.09.25

王者・キプチョゲが4年ぶり世界新!驚異の37歳は五輪3連覇がターゲット /ベルリン・マラソン
王者・キプチョゲが4年ぶり世界新!驚異の37歳は五輪3連覇がターゲット /ベルリン・マラソン

9月25日、ドイツ・ベルリンで第48回ベルリン・マラソンが行われ、リオ、東京五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が自らの持つ世界記録(2時間1分39秒)を30秒更新する2時間1分09秒で優勝を飾った。

まさに王者による伝説的なレースとなった。キプチョゲは5kmを14分14秒、10kmを28分22秒で通過し、2時間切りを目指すスピードで快走。中間点を59分51秒で通過したあと、25kmが1時間11分08秒とペースを落としたが、主催者が発表するフィニッシュ予測タイムは世界記録を上回るタイムを示していた。

キプチョゲの走りにアンダムラク・ベリフ(エチオピア)だけがついて行ったが、それも26kmまで。以降はキプチョゲの一人旅となり、40kmを1時間54分53秒で通過すると、2位には4分以上の大差をつけていた。両手を広げて笑顔でフィニッシュ。ベルリンでは4度目の優勝となった。

五輪で2度の金メダルを獲得し、18年に世界記録を樹立。また、19年には非公認ながら2時間切りを目指すイベントで1時間59分40秒と人類初の“サブ2”を達成するなど、これまでさまざまな偉業を成し遂げてきた王者キプチョゲ。昨年末のインタビューでは「引退はまったく考えていない」と話し、「ここまでくればオリンピックの3連覇に挑戦することは当然の流れ。この先、何が起こるかは誰にも予測できませんが、人間の能力は無限だと思っています。近道はありません。一歩一歩、地味な努力の積み重ねが大事です」と答えていた。

今年3月の東京マラソンでは2時間2分40秒と日本国内最高タイムで優勝。今年11月に38歳を迎えるが、その勢いは衰える事を知らない。

また、女子でも好記録が誕生。ティギスト・アセファ(エチオピア)が世界歴代3位の2時間15分37秒で優勝。青森山田高を卒業し、日本のスターツに所属するローズメリー・ワンジル(ケニア)が初マラソンながら2時間18分00で2位に入った。

■男子マラソン世界10傑
2.01.09 E.キプチョゲ(ケニア)    2022. 9.25
2.01.41 K.ベケレ(エチオピア)    2019. 9.29
2.02.48 B.レゲセ(エチオピア)    2019. 9.29
2.02.55 M.ゲレメウ(エチオピア)   2019. 4.28
2.02.57 D.キメット(ケニア)     2014. 9.28
2.02.57 T.エキル(ケニア)      2021. 5.16
2.03.00 E.チェベト(ケニア)     2020.12. 6
2.03.04 L.チェロノ(ケニア)     2020.12. 6
2.03.13 E.ムタイ(ケニア)      2014. 9.28
2.03.13 W.キプサング(ケニア)    2016. 9.25
2.03.13 A.キプルト(ケニア)     2022. 3. 6
●マラソン
2.14.04 B.コスゲイ(ケニア)           2019.10.13
2.15.25 P.ラドクリフ(英国)           2003. 4.13
2.15.37 T.アセファ(エチオピア)         2022. 9.25
2.17.01 M.ケイタニー(ケニア)          2017. 4.23
2.17.08 R.チェプンゲティチ(ケニア)       2019. 1.25
2.17.16 P.ジェプチルチル(ケニア)        2020.12. 6
2.17.23 Y.イェフアラウ(エチオピア)       2022. 4.24
2.17.41 W.デゲファ(エチオピア)         2019. 1.25
2.17.43 J.ジェプコスゲイ(ケニア)        2021.10. 3
2.17.45 L.チェムタイ・サルペーター(イスラエル) 2020. 3. 1
2.17.56 T.ディババ(エチオピア)         2017. 4.23

9月25日、ドイツ・ベルリンで第48回ベルリン・マラソンが行われ、リオ、東京五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が自らの持つ世界記録(2時間1分39秒)を30秒更新する2時間1分09秒で優勝を飾った。 まさに王者による伝説的なレースとなった。キプチョゲは5kmを14分14秒、10kmを28分22秒で通過し、2時間切りを目指すスピードで快走。中間点を59分51秒で通過したあと、25kmが1時間11分08秒とペースを落としたが、主催者が発表するフィニッシュ予測タイムは世界記録を上回るタイムを示していた。 キプチョゲの走りにアンダムラク・ベリフ(エチオピア)だけがついて行ったが、それも26kmまで。以降はキプチョゲの一人旅となり、40kmを1時間54分53秒で通過すると、2位には4分以上の大差をつけていた。両手を広げて笑顔でフィニッシュ。ベルリンでは4度目の優勝となった。 五輪で2度の金メダルを獲得し、18年に世界記録を樹立。また、19年には非公認ながら2時間切りを目指すイベントで1時間59分40秒と人類初の“サブ2”を達成するなど、これまでさまざまな偉業を成し遂げてきた王者キプチョゲ。昨年末のインタビューでは「引退はまったく考えていない」と話し、「ここまでくればオリンピックの3連覇に挑戦することは当然の流れ。この先、何が起こるかは誰にも予測できませんが、人間の能力は無限だと思っています。近道はありません。一歩一歩、地味な努力の積み重ねが大事です」と答えていた。 今年3月の東京マラソンでは2時間2分40秒と日本国内最高タイムで優勝。今年11月に38歳を迎えるが、その勢いは衰える事を知らない。 また、女子でも好記録が誕生。ティギスト・アセファ(エチオピア)が世界歴代3位の2時間15分37秒で優勝。青森山田高を卒業し、日本のスターツに所属するローズメリー・ワンジル(ケニア)が初マラソンながら2時間18分00で2位に入った。 ■男子マラソン世界10傑 2.01.09 E.キプチョゲ(ケニア)    2022. 9.25 2.01.41 K.ベケレ(エチオピア)    2019. 9.29 2.02.48 B.レゲセ(エチオピア)    2019. 9.29 2.02.55 M.ゲレメウ(エチオピア)   2019. 4.28 2.02.57 D.キメット(ケニア)     2014. 9.28 2.02.57 T.エキル(ケニア)      2021. 5.16 2.03.00 E.チェベト(ケニア)     2020.12. 6 2.03.04 L.チェロノ(ケニア)     2020.12. 6 2.03.13 E.ムタイ(ケニア)      2014. 9.28 2.03.13 W.キプサング(ケニア)    2016. 9.25 2.03.13 A.キプルト(ケニア)     2022. 3. 6 ●マラソン 2.14.04 B.コスゲイ(ケニア)           2019.10.13 2.15.25 P.ラドクリフ(英国)           2003. 4.13 2.15.37 T.アセファ(エチオピア)         2022. 9.25 2.17.01 M.ケイタニー(ケニア)          2017. 4.23 2.17.08 R.チェプンゲティチ(ケニア)       2019. 1.25 2.17.16 P.ジェプチルチル(ケニア)        2020.12. 6 2.17.23 Y.イェフアラウ(エチオピア)       2022. 4.24 2.17.41 W.デゲファ(エチオピア)         2019. 1.25 2.17.43 J.ジェプコスゲイ(ケニア)        2021.10. 3 2.17.45 L.チェムタイ・サルペーター(イスラエル) 2020. 3. 1 2.17.56 T.ディババ(エチオピア)         2017. 4.23

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top