HOME 国内

2022.09.24

110mH日本記録保持者・泉谷駿介が8m00で走幅跳制す「いつもの感じ」で大台/全日本実業団
110mH日本記録保持者・泉谷駿介が8m00で走幅跳制す「いつもの感じ」で大台/全日本実業団

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)2日目

全日本実業団対抗選手権2日目に行われた男子走幅跳は泉谷駿介(住友電工)が自身初の大台となる8m00(+0.3)をマークして優勝。オレゴン世界選手権代表の橋岡優輝(富士通)、山川夏輝(佐賀スポ協)を抑えた。

110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷。オレゴン世界選手権後に跳躍練習を週1回入れ、欧州遠征で13秒26とブダペスト世界選手権の参加標準記録(13秒28)を突破。その後、帰国して再び跳躍練習をスタートしたが「それほど感覚は良くなかったです」と言う。

前日の雨の中の予選で7m70(-0.9)をマークしていた泉谷。決勝は「いつもと同じ感じ」だったという1回目に8m00(+0.3)を跳んだ。これまで、公認ベストは7m92を持ち、追い風参考で8m09(+3.8)をマークしたことがあったが「特別な感覚はなかった」と振り返り、「今日の一番の目標は8m」と目標達成に表情が和らぐ。

4回目7m97(+1.0)、5回目7m99(+0.3)と3度自己記録を跳ぶなど圧巻のパフォーマンスを見せた泉谷。もともと「好き」だという跳躍への出場は「跳躍をしないようになってハードルの踏み切りも弱くなった感じがある」という理由もある。

高校時代から八種競技でインターハイを優勝し、三段跳でも活躍してきた。ハードルを専門にしたのも大学に入ってから。それだけに「来年は両方やりたい」というのも本音だが、出力が上がっているだけに「走幅跳は1回1回の負荷が大きい」と今回で改めて実感した。2種目するためには「ケガをしない身体作り」が必要だ。

もちろん、110mハードルでファイナル進出を目指すのは変わらない。「もう一段レベルアップしないといけない。インターバルをしっかり刻めるように」と泉谷。これでシーズンオフとなり、この冬も変わらずに基礎体力向上に励む。

◇2位・橋岡「理由はわかっている」ケガの影響シーズン通して響く

東京五輪6位でオレゴン世界選手権ファイナリストの橋岡は2回目に7m95(+0.5)をマークしたものの、それ以外はファウルで2位にとどまった。

オレゴン世界選手権決勝3回目に左足首を圧迫捻挫。「3週間休養して、跳躍練習も1週間前に始めたので万全ではなかったです」と話し、「全部言い訳になりますが」と悔しがる。

シーズン通して春先のケガが影響したかたちで、練習段階から「自分の助走を忘れてしまって、力を入れると崩れてしまう」と技術面でばらつきがあり、最後まで修正しきれずにシーズン終盤を迎えた。残り1戦の出場は「コーチと相談」と橋岡。海外転戦も視野に入れ、「ケガをしない努力をして身体を作っていきたい」と語った。

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)2日目 全日本実業団対抗選手権2日目に行われた男子走幅跳は泉谷駿介(住友電工)が自身初の大台となる8m00(+0.3)をマークして優勝。オレゴン世界選手権代表の橋岡優輝(富士通)、山川夏輝(佐賀スポ協)を抑えた。 110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷。オレゴン世界選手権後に跳躍練習を週1回入れ、欧州遠征で13秒26とブダペスト世界選手権の参加標準記録(13秒28)を突破。その後、帰国して再び跳躍練習をスタートしたが「それほど感覚は良くなかったです」と言う。 前日の雨の中の予選で7m70(-0.9)をマークしていた泉谷。決勝は「いつもと同じ感じ」だったという1回目に8m00(+0.3)を跳んだ。これまで、公認ベストは7m92を持ち、追い風参考で8m09(+3.8)をマークしたことがあったが「特別な感覚はなかった」と振り返り、「今日の一番の目標は8m」と目標達成に表情が和らぐ。 4回目7m97(+1.0)、5回目7m99(+0.3)と3度自己記録を跳ぶなど圧巻のパフォーマンスを見せた泉谷。もともと「好き」だという跳躍への出場は「跳躍をしないようになってハードルの踏み切りも弱くなった感じがある」という理由もある。 高校時代から八種競技でインターハイを優勝し、三段跳でも活躍してきた。ハードルを専門にしたのも大学に入ってから。それだけに「来年は両方やりたい」というのも本音だが、出力が上がっているだけに「走幅跳は1回1回の負荷が大きい」と今回で改めて実感した。2種目するためには「ケガをしない身体作り」が必要だ。 もちろん、110mハードルでファイナル進出を目指すのは変わらない。「もう一段レベルアップしないといけない。インターバルをしっかり刻めるように」と泉谷。これでシーズンオフとなり、この冬も変わらずに基礎体力向上に励む。 ◇2位・橋岡「理由はわかっている」ケガの影響シーズン通して響く 東京五輪6位でオレゴン世界選手権ファイナリストの橋岡は2回目に7m95(+0.5)をマークしたものの、それ以外はファウルで2位にとどまった。 オレゴン世界選手権決勝3回目に左足首を圧迫捻挫。「3週間休養して、跳躍練習も1週間前に始めたので万全ではなかったです」と話し、「全部言い訳になりますが」と悔しがる。 シーズン通して春先のケガが影響したかたちで、練習段階から「自分の助走を忘れてしまって、力を入れると崩れてしまう」と技術面でばらつきがあり、最後まで修正しきれずにシーズン終盤を迎えた。残り1戦の出場は「コーチと相談」と橋岡。海外転戦も視野に入れ、「ケガをしない努力をして身体を作っていきたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top