HOME バックナンバー
オレゴン世界選手権Interview 廣中璃梨佳 見据える場所までの道筋が見えた2度目の世界。
オレゴン世界選手権Interview 廣中璃梨佳 見据える場所までの道筋が見えた2度目の世界。

廣中璃梨佳(22年オレゴン世界選手権)

昨年の東京五輪に続いて、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は女子5000mと10000mの2種目で初の世界選手権代表入りを果たした。「自己ベスト更新」を目指したオレゴンでは、日本記録(14分52秒84)を持つ5000mこそ15分02秒03の予選敗退に終わったが、10000mで狙い通りの自己新となる30分39秒71(日本歴代2位)をマークした。12位で五輪に続いての入賞は果たせなかったが、大きな収穫を得たレースに。思うように走れない時期を乗り越えて立った大舞台。世界と戦えば戦うほど、もっと上へという思いは強くなる。
構成/向永拓史

初の高地合宿を経てオレゴン入り

前半シーズンを終え、廣中が走ったのは日本選手権と世界選手権だけ。レースを絞ったのではなく、春先から調子が上がらず走れなかった。シーズンイン間近の貧血が影響し、5月の日本選手権10000mはぶっつけ本番に。大きな不安を抱えながらも代表権をもぎ取った。

「元々、貧血は持っていて特に夏場はなりやすいんです。少しずつ克服できていたのですが、2020年はすごく苦しんでいました。だから、東京五輪は延期になったことで出られるようになったんです。管理栄養士さんにアドバイスをもらいながら少しずつ工夫して改善してきました。

ただ、再び今年の3月末から4月にかけて、なかなか思うように走れない日々が続きました。朝の集団走でもきつくなって、すぐに息が上がる。検査をすると貧血が発覚しました。というのも、例年2、3月は脚を痛めることが多いのですが、この冬は結構走り込めたんです。その反動だったのかなと思っています。3月までは走り込めていたので、筋力を落とさないようにバイクトレーニングで体力面を維持していました。

トラックに向けてスピードに移行する練習が積めずに、もどかしさも不安も大きかったです。5月の10000mは『自分を信じて走るだけ』と思って臨みました。まずは3位以内にしっかり入ろうということで、5000mまでは溜めて、残りの5000mでしっかり走ってラストに備える。優勝を勝ち取れたのは本当にうれしかったです」

続く6月の日本選手権5000mまでは順調に練習も消化。ただ、コンディションとは「違った不安」があったという。2位に入って2種目で代表入りを決めたが、レース後の涙が印象的だった。

「髙橋(昌彦)監督とも話して、こっちもまずは3位以内に入って切符を取るのが一番だという考えでした。ただ、自分の中では2連覇や、自分らしいレースをしたいという気持ちが強かったんです。それを意識し過ぎるあまり硬くなってしまいました。レース前には一昨年の日本選手権(20年12月※田中希実と一騎打ちに敗れて東京代表即内定ならず)の悔しさを思い出して不安になりました。いろいろな葛藤があって、最終刺激でもレース中でも身体の反応として硬さが出ていたと思います」

何とか代表入りを決めた廣中は、世界選手権に向けて米国ボルダーへ飛んだ。高地合宿は初めてのこと。不安よりも「楽しみ」でいっぱいだったという。

「試合の遠征だけでなく、合宿から海外に行くのが楽しみでした。新しい場所に行くのもワクワク感があります。日程は6月下旬から7月中旬までで、そのまま世界選手権に向かいました。着いたその日と、翌日は酸素が入ってこない感覚がありました。ジョグをするだけでも頭が〝きゅ~っ〟となる感じ。でも、どんどんと慣れていきました。

ボルダーにはいろいろなコースがあるのですが、車で10分ほど行ったところの土のコースを14㎞ほど走ったり、山に向かっていく小川沿いのコースを往復したり、トラック練習は中学校の400mグラウンドを使わせてもらいました。一度だけ、さらにボルダーから1000mほど上がった標高2700 ~ 2800mの場所まで行ってポイント練習をしました。雲が本当に近くにあるんです。そこではさらに空気が薄くて酸素がなかなか入ってこない。かなりきつくてダメージがあるのですが、反面、高地では身体が軽く感じるのでスピードも出ます。ビルドアップ走などは日本にいる時よりもむしろ質の高い練習ができました」

この続きは2022年9月14日発売の『月刊陸上競技10月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

昨年の東京五輪に続いて、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は女子5000mと10000mの2種目で初の世界選手権代表入りを果たした。「自己ベスト更新」を目指したオレゴンでは、日本記録(14分52秒84)を持つ5000mこそ15分02秒03の予選敗退に終わったが、10000mで狙い通りの自己新となる30分39秒71(日本歴代2位)をマークした。12位で五輪に続いての入賞は果たせなかったが、大きな収穫を得たレースに。思うように走れない時期を乗り越えて立った大舞台。世界と戦えば戦うほど、もっと上へという思いは強くなる。 構成/向永拓史

初の高地合宿を経てオレゴン入り

前半シーズンを終え、廣中が走ったのは日本選手権と世界選手権だけ。レースを絞ったのではなく、春先から調子が上がらず走れなかった。シーズンイン間近の貧血が影響し、5月の日本選手権10000mはぶっつけ本番に。大きな不安を抱えながらも代表権をもぎ取った。 「元々、貧血は持っていて特に夏場はなりやすいんです。少しずつ克服できていたのですが、2020年はすごく苦しんでいました。だから、東京五輪は延期になったことで出られるようになったんです。管理栄養士さんにアドバイスをもらいながら少しずつ工夫して改善してきました。 ただ、再び今年の3月末から4月にかけて、なかなか思うように走れない日々が続きました。朝の集団走でもきつくなって、すぐに息が上がる。検査をすると貧血が発覚しました。というのも、例年2、3月は脚を痛めることが多いのですが、この冬は結構走り込めたんです。その反動だったのかなと思っています。3月までは走り込めていたので、筋力を落とさないようにバイクトレーニングで体力面を維持していました。 トラックに向けてスピードに移行する練習が積めずに、もどかしさも不安も大きかったです。5月の10000mは『自分を信じて走るだけ』と思って臨みました。まずは3位以内にしっかり入ろうということで、5000mまでは溜めて、残りの5000mでしっかり走ってラストに備える。優勝を勝ち取れたのは本当にうれしかったです」 続く6月の日本選手権5000mまでは順調に練習も消化。ただ、コンディションとは「違った不安」があったという。2位に入って2種目で代表入りを決めたが、レース後の涙が印象的だった。 「髙橋(昌彦)監督とも話して、こっちもまずは3位以内に入って切符を取るのが一番だという考えでした。ただ、自分の中では2連覇や、自分らしいレースをしたいという気持ちが強かったんです。それを意識し過ぎるあまり硬くなってしまいました。レース前には一昨年の日本選手権(20年12月※田中希実と一騎打ちに敗れて東京代表即内定ならず)の悔しさを思い出して不安になりました。いろいろな葛藤があって、最終刺激でもレース中でも身体の反応として硬さが出ていたと思います」 何とか代表入りを決めた廣中は、世界選手権に向けて米国ボルダーへ飛んだ。高地合宿は初めてのこと。不安よりも「楽しみ」でいっぱいだったという。 「試合の遠征だけでなく、合宿から海外に行くのが楽しみでした。新しい場所に行くのもワクワク感があります。日程は6月下旬から7月中旬までで、そのまま世界選手権に向かいました。着いたその日と、翌日は酸素が入ってこない感覚がありました。ジョグをするだけでも頭が〝きゅ~っ〟となる感じ。でも、どんどんと慣れていきました。 ボルダーにはいろいろなコースがあるのですが、車で10分ほど行ったところの土のコースを14㎞ほど走ったり、山に向かっていく小川沿いのコースを往復したり、トラック練習は中学校の400mグラウンドを使わせてもらいました。一度だけ、さらにボルダーから1000mほど上がった標高2700 ~ 2800mの場所まで行ってポイント練習をしました。雲が本当に近くにあるんです。そこではさらに空気が薄くて酸素がなかなか入ってこない。かなりきつくてダメージがあるのですが、反面、高地では身体が軽く感じるのでスピードも出ます。ビルドアップ走などは日本にいる時よりもむしろ質の高い練習ができました」 この続きは2022年9月14日発売の『月刊陸上競技10月号』をご覧ください。  
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top