HOME お役立ち情報

2022.08.12

【パパママ応援団】古川亜弥さん「バランスのいい食事を心掛けています!」
【パパママ応援団】古川亜弥さん「バランスのいい食事を心掛けています!」

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

第2回目は、中学生と小学生の男の子を持つ古川さん一家にご登場いただきました。陸上経験がないながらも、2人のお子様が陸上競技(かけっこ塾)に取り組み、活躍しています。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第2回 古川亜弥さん/隼羽君(中3)、大智君(小6)

家族メモ
趣味でランニング、ヨガ、フラッグフットボールに取り組むアクティブなママ。陸上経験はないものの、子供たちに寄り添いながら献身的にサポートしている。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

自分で決めた目標に向けて、地道な努力を積み重ね、工夫することができるようになったと感じています。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

栄養をバランス良く摂取できるように心掛けています。調味料は醤油、塩、みりん、味噌がメイン。大会当日は本人の希望でパスタかうどんが多いですね(写真は大会当日のお弁当。うどんはごま油を少し絡め、くっつかないようにしています)。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは?

シューズの消耗の早さは陸上ならではの悩みかもしれません。特にスパイクは高価なものなので、穴が空いたり、サイズアウトしたりすると、出費がかさみます……。

Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか?そのための工夫は?

本人は「できている!」と言っています。疲労を溜めないように練習のオフ日を決め、その時に集中して勉強に取り組んでいるようです。学校以外の勉強方法はオンラインで受けられる学習アプリを小学校5年生から継続しています。

Q.陸上用品はどこで購入していますか?

基本的にスポーツ用品店で買いますが、スパイクが破れた時など、同じサイズ、同デザインならネットショップを利用することもあります。

Q.お子様の進路先はどのように決めていく予定?

文武両道が好ましいですが、本人は陸上主体(環境・指導者など)で考えているそうです。どの進路においても、子供の気持ち次第だと思っています。

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは?

競技についてはありませんが、「疲れを溜めないようにね」とか「ケガをしないようにね」などの声かけはするようにしています。私はヨガをやっているのですが、気持ちや内臓の調子を整えることができるので子供たちにも勧めています。

Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします!

走る速さを競う「競走」ですが、本番までの準備を含め、自分との「競争」になると、集中力がつき、さらに楽しくなるようです! 私は陸上経験がないので、子供たちに細かいアドバイスはしてあげられません。楽しく、自主的に考えて取り組める環境を作ってあげられればいいのかなと思っています。

古川隼羽君(深川三中3東京/フォルテスポーツ)

種目&自己記録
100m 11秒88(追い参11秒52)
200m 24秒55
400m 55秒25

Q.陸上を始めたきっかけ
元々フラッグフットボールをやっていて、足が速くなれたら役に立つかなと思って始めました。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
やればやるだけ強くなれることです。今は部活と並行してクラブにも通っているのですが、以前は勝てなかった選手にも勝てるようになりました。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
フレッド・カーリー選手(米国)です。100mと400mの両方でメダルを獲得するのはすごいと思います。

Q.今後の目標
中学卒業までに100mで11秒2台を出すことと、高校生になるに向け、フォーム改善し、高校生で10秒台が出せるようにビジョンを持って取り組みたいと思います。

※情報は2022年8月12日時点

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第2回目は、中学生と小学生の男の子を持つ古川さん一家にご登場いただきました。陸上経験がないながらも、2人のお子様が陸上競技(かけっこ塾)に取り組み、活躍しています。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第2回 古川亜弥さん/隼羽君(中3)、大智君(小6)

家族メモ 趣味でランニング、ヨガ、フラッグフットボールに取り組むアクティブなママ。陸上経験はないものの、子供たちに寄り添いながら献身的にサポートしている。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 自分で決めた目標に向けて、地道な努力を積み重ね、工夫することができるようになったと感じています。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 栄養をバランス良く摂取できるように心掛けています。調味料は醤油、塩、みりん、味噌がメイン。大会当日は本人の希望でパスタかうどんが多いですね(写真は大会当日のお弁当。うどんはごま油を少し絡め、くっつかないようにしています)。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは? シューズの消耗の早さは陸上ならではの悩みかもしれません。特にスパイクは高価なものなので、穴が空いたり、サイズアウトしたりすると、出費がかさみます……。 Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか?そのための工夫は? 本人は「できている!」と言っています。疲労を溜めないように練習のオフ日を決め、その時に集中して勉強に取り組んでいるようです。学校以外の勉強方法はオンラインで受けられる学習アプリを小学校5年生から継続しています。 Q.陸上用品はどこで購入していますか? 基本的にスポーツ用品店で買いますが、スパイクが破れた時など、同じサイズ、同デザインならネットショップを利用することもあります。 Q.お子様の進路先はどのように決めていく予定? 文武両道が好ましいですが、本人は陸上主体(環境・指導者など)で考えているそうです。どの進路においても、子供の気持ち次第だと思っています。 Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは? 競技についてはありませんが、「疲れを溜めないようにね」とか「ケガをしないようにね」などの声かけはするようにしています。私はヨガをやっているのですが、気持ちや内臓の調子を整えることができるので子供たちにも勧めています。 Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします! 走る速さを競う「競走」ですが、本番までの準備を含め、自分との「競争」になると、集中力がつき、さらに楽しくなるようです! 私は陸上経験がないので、子供たちに細かいアドバイスはしてあげられません。楽しく、自主的に考えて取り組める環境を作ってあげられればいいのかなと思っています。 古川隼羽君(深川三中3東京/フォルテスポーツ) 種目&自己記録 100m 11秒88(追い参11秒52) 200m 24秒55 400m 55秒25 Q.陸上を始めたきっかけ 元々フラッグフットボールをやっていて、足が速くなれたら役に立つかなと思って始めました。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと やればやるだけ強くなれることです。今は部活と並行してクラブにも通っているのですが、以前は勝てなかった選手にも勝てるようになりました。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? フレッド・カーリー選手(米国)です。100mと400mの両方でメダルを獲得するのはすごいと思います。 Q.今後の目標 中学卒業までに100mで11秒2台を出すことと、高校生になるに向け、フォーム改善し、高校生で10秒台が出せるようにビジョンを持って取り組みたいと思います。 ※情報は2022年8月12日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top