月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

6月22日ホクレンDC「世界選手権チャレンジレース」の実施種目と設定ペースが決定!

日本陸連は6月22日(水)に北海道・深川で開催されるホクレン・ディスタンスチャレンジ「20周年記念大会~オレゴン 2022 世界選手権チャレンジレース~」の実施種目と設定ペースを発表した。

同大会は6月26日締め切りとなっているオレゴン世界選手権の参加標準記録突破を目指すもので、女子5000m以外の中長距離種目が参加標準切りの設定ペースとなった。

エントリーリストの発表は6月17日(金)の予定。5月の日本選手権男子10000m優勝者の相澤晃(旭化成)は、自身のSNSで「ホクレンには出場せず、秋冬のトラックに向けてまた頑張ります」と欠場を表明している。

■「20周年記念大会~オレゴン2022世界選手権チャレンジレース~」の実施種目と設定ペース
●女子800m
1分59秒50(世界選手権参加標準記録)

●女子1500m
4分04秒20(世界選手権参加標準記録)

●女子5000m
※世界選手権参加標準記録(15分10秒00)では実施せず

●女子10000m
31分25秒00(世界選手権参加標準記録)

●女子3000mSC
9分30秒00(世界選手権参加標準記録)

●男子800m
1分45秒20(世界選手権参加標準記録)

●男子1500m
3分35秒00(世界選手権参加標準記録)

●男子5000m
13分13秒50(世界選手権参加標準記録)

●男子10000m
ペース設定1 27分28秒00(世界選手権参加標準記録)
ペース設定2 28分00秒00

●男子3000mSC
8分22秒00(世界選手権参加標準記録)

※参加選手の状況により設定ペースは変更される可能性あり

<ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022>
6月22日(水)20周年記念大会 (深川)
7月 2日(土)士別大会
7月 6日(水)深川大会
7月 9日(土)北見大会
7月13日(水)網走大会
7月16日(土)千歳大会

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com