月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2023年の日本選手権も長居で開催!6月1日から4日間、混成は翌週に秋田で実施

日本陸連は6月14日、2023年の日本選手権の開催地を大阪市のヤンマースタジアム長居に決定したことを発表した。同競技場での開催は2021年から3年連続で、今年(6月8日~12日)よりも1週間早い6月1日(木)~4日(日)の日程となる。U20日本選手権も併催で行われる。

合わせて、日本選手権混成競技がその翌週の6月10日(土)~11日(日)、今年と同じ秋田市の秋田県営陸上競技場で行われることも決まった。今年は5月に実施された日本選手権10000mの開催日程・会場は調整中だという。

2023年はハンガリー・ブタペストで世界選手権(8月19日~27日)が行われるほか、中国・広州で世界リレー(5月13日~14日)、タイ・パタヤでアジア選手権(7月12日~16日)、さらに今年の予定から延期になったワールドユニバーシティゲームズ(中国・成都)、アジア大会(中国・杭州/いずれも期日未定)と国際大会が目白押し。2024年のパリ五輪に向けて、重要な1年となる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com