月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH黒川和樹が世界陸上の参加標準突破、やり投・北口榛花は61m20でV/木南記念優勝者一覧


アジア大会代表選考会を兼ねた日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念が4月30日、5月1日の2日間行われた。

男子400mハードルでは東京五輪代表の黒川和樹(法大)が48秒90をマークして優勝。オレゴン世界選手権の参加標準記録(48秒90)を突破した。女子やり投では東京五輪ファイナリストの北口榛花(JAL)が61m20をスローしてV。男子やり投はディーン元気(ミズノ)がただ1人80m超えとなる81m91を投げて制している。

男子棒高跳は山本聖途(トヨタ自動車)が5m60でV。同1500mは飯澤千翔(東海大)が日本人学生歴代3位となる3分38秒55をマークして優勝している。

■木南記念優勝一覧
・男子
200m 染谷佳大(大和ハウス) 20秒76(+0.1)
400m 佐藤風雅(那須環境技術センター) 45秒84
800m 川元 奨(スズキ) 1分47秒02=大会新
1500m 飯澤千翔(東海大) 3分38秒55=大会新
110mH ハウ・ニコラス(豪州) 13秒50(+0.8)
    ※3位・石川周平(富士通) 13秒58
400mH 黒川和樹(法大) 48秒90=大会新
棒高跳 山本聖途(トヨタ自動車) 5m60
走幅跳 吉田弘道(神崎郡陸協) 7m88(-0.2)
やり投 ディーン元気(ミズノ) 81m91
十種競技 丸山優真(住友電工) 7807点
・女子
200m 兒玉芽生(ミズノ) 24秒15(+0.9)
400m 久保山晴菜(今村病院) 53秒68
800m 塩見綾乃(岩谷産業) 2分05秒90
1500m ヘレン・エカラレ(豊田自動織機) 4分08秒73
    ※2位・卜部欄(積水化学) 4分13秒95
100mH セレステ・ムッチ(豪州) 13秒08(-0.6)
    ※2位・紫村仁美(静岡陸協) 13秒23
400mH カイラ・バーバー(米国) 57秒45
    ※2位・宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 57秒64
棒高跳 那須眞由(KAGOTANI) 4m20
走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業) 6m43(-0.6)
やり投 北口榛花(JAL) 61m20
七種競技 ヘンプヒル恵(アトレ) 5732点

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com