月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

20歳のルースが十種競技で8307点のノルウェー新! 七種競技のカリンも6398点のスイス新記録を樹立/WA混成ツアー

4月30日から5月1日にかけ、世界陸連混成ツアー・ゴールドの競技会がイタリア・グロッセートで開催され、男子十種競技はM.ルース(ノルウェー)が8307点で、女子七種競技ではA.カリン(スイス)が6398点で優勝した。いずれも自己ベストで、自国のナショナルレコードを更新した。

男子のルースは現在20歳で、ノルウェーのU20記録保持者。今回は棒高跳(5m05)をはじめ、100m、1500m、110mハードルで自己ベストを更新。走幅跳でも追い風参考ながら自己記録を上回る7m70をマークした。2位は19歳のS.スコテイム(ノルウェー)で8298点。こちらも従来のノルウェー記録を上回った。

女子優勝のカリンは2018年のU20世界選手権で6位に入っている22歳。6011点で2位のS.ジェレヴィーニ(イタリア)に300点以上の差をつけて快勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com