月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子800mは川元奨が復活の大会新V 「日本記録、標準突破の準備はできている」/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念が行われ、3組タイムレースで行われた男子800mは、リオ五輪代表で日本記録保持者の川元奨(スズキ)が1分47秒02の大会新記録で2018年の日本選手権以来となるタイトルを獲得。1分45秒台のベストを持つ若手を抑え、復活の狼煙を上げた。

「大会1週間前の600mでベストを約2秒更新していたので、日本記録(1分45秒75)を更新するつもりで臨んだ」と話すように、ペースメーカーが400mを52秒で引っ張る直後を追走。2周目のバックストレートでペースメーカーが外れた後もしっかりリズムを切り替え、後続の追い上げを封じた。それでも「後半もいくぶん余裕があったので、400m手前で少しペースが速く感じて引いてしまったのが結果的にタイムに響いた。せっかくいいペースで進めてくれたのにもったいなかった」と、目指すタイムに届かず悔しさを滲ませた。

川元は好調の要因に冬季練習の充実を挙げる。昨夏のホクレンディスタンスで、2016年以来となる1分45秒台をマークしたあと、秋に主要レースがなかったことなどもあり両アキレス腱横の腱を取り除く手術を決めた。「あのレースでまだやれる自信が出た」と不安要素を取り除き、もう一度世界の舞台で勝負するための英断だった。

約2カ月間のリハビリの後、練習に復帰。「トレーナーさんとも相談しつつ、体型も絞ることで動きも軽くなった。好きな甘いものを控えるなど食生活にも気を配ってきた」と言い、さらにジョグの距離を伸ばすなどスタミナ強化にも取り組んだ。「何年かぶりに脚の痛みなどもなく日本記録を出したシーズンより充実した練習ができている」と笑顔で話す。

今大会で3位に入り、1分45秒85(日本歴代3位)のベストを持つ金子魅玖人(中大)と普段から練習を積む。「質の高い練習ができている」と互いに刺激し合うことでの相乗効果で日本記録更新、1分45秒20のオレゴン世界選手権標準突破を目論む。

次戦に静岡国際を予定しており、「今回をいい刺激練習と捉え、静岡に生かしたい。日本記録、標準突破の準備はできているので、練習の感覚をしっかり本番のレースで活かせるようにしたい」と川元。まだまだ若い選手には負けられない。源や金子ら若手の台頭もあり盛り上がりをみせる男子800m。男子短距離や男女ハードル陣のように誰かが壁を突破することで堰を切ったように、2人、3人と記録を破り、レベル引き上げられる。その先陣となるべく第一人者が再びスパートをかける。
文/花木 雫

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com