月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【展望】木南記念に橋岡優輝、黒川和樹、田中希実、北口榛花ら五輪代表が続々登場 混成にも注目


日本グランプリシリーズ大阪大会「第9回木南道孝記念」が、4月30日、5月1日に大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。

グランプリ種目のうち、男子400m、400mハードル、棒高跳、走幅跳、やり投、十種競技、女子400m、棒高跳、走幅跳、やり投、七種競技はアジア大会(中国・杭州)の代表選考会となる。

男子走幅跳には東京五輪6位の橋岡優輝(富士通)、津波響樹(大塚製薬)、城山正太郎(ゼンリン)がエントリー。橋岡は3月の世界室内選手権で3回ファウルとなったものの、帰国後の屋外初戦となった日大競技会で8m07(+)をマークした。冬季を越えて土台アップを感じているようで、日本記録(8m40)の更新とオレゴン世界選手権の参加標準記録8m22を狙いにいく。

400mには五輪代表のウォルシュ・ジュリアン(富士通)、同4×400mリレー代表の佐藤拳太郎(富士通)、川端魁人(中京大クラブ)らが出場を予定している。出雲陸上300mでは川端が日本歴代6位の32秒56をマークするなど好調だ。

男子棒高跳にも山本聖途(トヨタ自動車)、江島雅紀(富士通)の五輪代表が出場。両者とも好調で、山本はフランスで室内シーズンまで過ごすと、5n71をクリアしている。日本選手権室内で優勝すると、4月16日には屋外で4年ぶりの5m70を跳んでいる。江島は連戦スタイルで、安定して5m60をマーク。大きな跳躍も見せているため、日本記録挑戦を視野に入れる。オレゴン世界選手権の参加標準記録は5m80。やはり日本記録5m83の更新は必須だろう。

黒川和樹(法大)、山内大夢(東邦銀行)、安部孝駿(ヤマダホールディングス)という五輪代表トリオが出場する男子400mハードルも注目。同1500mには日本記録保持者の河村一輝(トーエネック)や前日本記録保持者の荒井七海(Honda)、飯澤千翔(東海大)、館澤亨次(DeNA)らが登録している。

女子800mと3000mには、1500mで日本記録を持つ田中希実(豊田自動織機)がエントリー。1500mと10000mに出場した兵庫リレーカーニバルのように両種目出場はあるか。女子400mハードルは宇都宮絵莉(長谷川体育施設)、イブラヒム愛紗(メイスンワーク)、山本亜美(立命大)らでトップ争いをしそうだ。

兵庫リレーに続いて行われる女子走幅跳には、兵庫で6m60を跳んだ秦澄美鈴(シバタ工業)が出場。男女やり投も有力選手がそろう。男子は東京五輪代表の小南拓人(染めQ)に加え、ディーン元気(ミズノ)、小椋健司(栃木スポーツ協会)といった面々、そして復活を期す新井涼平(スズキ)もエントリーしている。女子では東京五輪ファイナリストで日本記録保持者の北口榛花(日大)、武本紗栄(佐賀県スポーツ協会)、上田百寧(ゼンリン)、佐藤友佳(ニコニコのり)、斉藤真理菜(スズキ)という60mスロワーの競演となる。

男女混成も見応えあり。男子は右代啓祐(国士舘クラブ)、中村明彦(スズキ)のオリンピアンが始動。女子は昨年日本記録を樹立した山﨑有紀(スズキ)、ケガから復活となるヘンプヒル恵(アトレ)による日本初の6000点超え対決が見られるか。

例年よりやや早めの開催。織田記念で行われることの多かった走幅跳ややり投、さらに別会場だった混成種目が行われるなど、これまで以上に注目の大会となりそうだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com