月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京マラソン日本人トップの鈴木健吾「妻と一緒に出ると目標にしてきた」不調でも覚悟の出場


3月6日に行われた東京マラソンで2時間5分28秒をマークして日本人トップの4位に入った鈴木健吾(富士通)がオンラインで会見を開いた。

東京マラソンに臨むにあたって「あまり練習ができていなくて調子が良くなかった」という鈴木。レース後に語っていたように、ニューイヤー駅伝後に膝の違和感が出たという。

それに加えて、日本記録保持者になってからは「出る試合全部で注目されて、プレッシャーとなっていた。自分としては挑戦していきたい立場でも、周囲から追われる立場と見られる。自分で自分に重圧をかけていたこともある。苦しかった」と心境を吐露する。

それでも、東京マラソンに出場したのは、強い思いがあったから。

「この1年間、目標としていたのが世界選手権代表。妻(一山麻緒、ワコール)と一緒に東京に2人で出て、そこで世界選手権に一緒に行くことを目標にしてスタートラインに立つことができました」

“女子現役最速のパートナー”について「選手だからこそ大変なことも理解してくれる。ポジティブな影響しかないです」と言う。

本調子であれば、世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)ら錚々たる顔ぶれがそろった海外勢に真っ向から挑む考えもあったが、状態も踏まえて第二集団でしっかりレースを進めた。

「後半ラスト勝負になるとしんどいと思っていたので、ペースメーカーが外れる25kmを大事なポイントにおいて、早い段階で勝機を見出した」

日本記録(2時間4分56秒)を持ち、今回の東京ではそれ以前の大迫傑の日本記録2時間5分29秒も上回り、日本歴代1、2位の記録を持つマラソンランナーとなった鈴木。それでも、「まだ世界から3分も離れています。自分が理想としている選手像は速い選手より強い選手、負けない選手」と言い、「まだ世界と戦う経験は少ないので、日の丸をつけて戦えるようにがんばりたい」と決意を語る。

世界選手権に内定が濃厚で、「世界選手権は順位が大事」と勝負を挑む構え。さらに、パリ五輪に向けても「出場権をつかんで、メダル争いができるように、強さ速さを磨いていきたい」と見据えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com