月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界室内選手権代表に橋岡優輝、多田修平、田中希実ら7人派遣


日本陸連は3月11日、ベオグラード世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)への派遣する日本代表選手を発表した。

男子は昨年東京五輪の走幅跳で6位入賞を果たした橋岡優輝(富士通)や、走高跳で決勝進出を果たした戸邉直人(JAL)、100m五輪代表の多田修平(住友電工/60mに出場)ら5人。女子は1500mで8位入賞の田中希実(豊田自動織機TC)と、女子60mハードルに鈴木美帆(長谷川体育施設)が出場する。

代表選手については「大会組織委員会、帰国後は本邦が定める防 疫措置に準じて行動し、派遣選手団の感染リスクを最小限に抑えるよう努める」としている。

■世界室内選手権日本代表
・男子
60m 多田修平(住友電工)
60mH 石川周平(富士通)
60mH 野本周成(愛媛陸協)
走高跳 戸邉直人(JAL)
走幅跳 橋岡優輝(富士通)
・女子
1500m 田中希実(豊田自動織機TC)
60mH 鈴木美帆(長谷川体育施設)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com