月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連がベラルーシへの制裁措置 国際競技会開催不可、世界陸上参加認めず

3月10日、WA(世界陸連)の評議会が行われ、ベラルーシ陸連へ制裁を適用することが承認された。ロシアのウクライナ侵攻の影響による。
制裁措置は以下の通り。

・国際競技会、欧州競技会の開催不可
・議会での代表権、または議会の投票を必要とする決定への参加不可
・ベオグラード室内世界選手権、ユージン世界陸選手権を含むWAシリーズ大会への参加資格を認定しない
・連盟の職員によるWAの公式な育成プログラム、専門家プログラムへの関与不可

上記の制裁は直ちに発効し、当面の間継続される。

ロシア陸連については、2015年からドーピングによる資格停止処分が継続中だが、復帰プロセスは継続することが示された。復帰プロセスを中断した場合、過去のドーピング行為に戻るというリスクがあり、それを回避するためプロセスの継続が必要とタスクフォース(特別チーム)から提言され承認された。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com