月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

遠藤日向&塩尻和也が5000mで日本歴代6、7位!世界選手権参加標準記録に迫る


◇エディオン ディスタンスチャレンジin京都2021(12月10日/京都・たけびしスタジアム京都)

京都で行われた記録会の男子5000mで、遠藤日向(住友電工)が13分16秒40、塩尻和也(富士通)が13分16秒53をマーク。それぞれ日本歴代6位、7位にランクインする好記録だったが、来年のオレゴン世界選手権の参加標準記録13分13秒50にはわずかに届かなかった。

遠藤は今年の日本選手権5000mで初優勝を飾ったが、参加標準記録突破とワールドランキング上位に入ることができず東京五輪への出場はかなわなかった。福島・学法石川高を卒業後に住友電工へ。これまで米国などを拠点としていたが、夏以降も日本でレースを重ねていた。これまでのベストは昨年マークした13分18秒99。

塩尻は3000m障害でリオ五輪に出場。近年はケガに苦しみ東京五輪には届かなかった。それでもフラットレースで徐々に調子を戻しており、4月には13分22秒80の自己ベスト、6月にも3000mで7分53秒68をマーク。10000mでも11月に27分45秒18の自己新を出していた。

1着はマサイ・サムウェル(カネボウ)で13分11秒72。城西大の砂岡拓磨が13分19秒96(学生歴代3位)、東京五輪代表の松枝博輝(富士通)は13分28秒26だった。

■男子5000m日本歴代10傑
13.08.40大迫  傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)2015. 7.18
13.12.63鎧坂 哲哉(旭化成) 2015. 7.18
13.13.20松宮 隆行(コニカミノルタ) 2007. 7.28
13.13.40高岡 寿成(鐘紡) 1998. 8. 1
13.13.60佐藤 悠基(日清食品グループ) 2013. 7.13
13.16.40遠藤 日向(住友電工)2021.12.10
13.16.53塩尻 和也(富士通)2021.12.10
13.18.32三津谷 祐(トヨタ自動車九州) 2007. 5.26
13.18.49坂東 悠汰(富士通) 2020.12. 4
13.19.00竹澤 健介(早大3) 2007. 7.28

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com