月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

城西大の砂岡拓磨が日本人学生歴代2位の13分19秒96!竹澤健介の記録に迫る快走


◇エディオン ディスタンスチャレンジin京都2021(12月10日/京都・たけびしスタジアム京都)

京都で行われた記録会の男子5000mで城西大4年の砂岡拓磨が13分19秒96をマーク。この記録は留学生を含めた日本学生歴代4位で、竹澤健介(早大)が2007年にマークした13分19秒00の日本人学生最高に次ぐ同2位に入った。

砂岡は埼玉・聖望学園高出身。今年正月の箱根駅伝では1区7位と好走。10月の箱根駅伝予選会では個人33位フィニッシュもチームは15位で本戦出場を逃した。5000mでは11月に13分29秒95をマークしていたが、その記録を10秒近く更新した。10000mでも28分24秒48の自己記録を持つ。

■男子5000m学生歴代7傑+日本人学生5傑
13.15.15イェゴン・ヴィンセント(東京国際大3)2021.5.9
13.18.74ジョセフ・ラジニ(拓大3)2021.11.14
13.19.00竹澤 健介(早大3) 2007. 7.28
13.19.96砂岡 拓磨(城西大4)2021.12.10
13.20.43高岡 寿成(龍谷大4) 1992. 7. 2
13.20.80大迫  傑(早大4) 2013.11.17
13.21.49上野裕一郎(中大4) 2007. 7.28

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com