月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

木村友香が日本歴代6位の15分02秒48世界選手権標準突破!前日表彰式の田中希実15分04秒10


◇エディオン ディスタンスチャレンジin京都2021(12月10日/京都・たけびしスタジアム京都)

京都で行われた記録会女子5000mに有力選手がそろって出場。19年ドーハ世界選手権代表の木村友香(資生堂)が日本歴代6位となる15分02秒48をマークした(2着)。来年のオレゴン世界選手権の参加標準記録(15分10秒00)を突破。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、萩谷楓(エディオン)、田中希実(豊田自動織機TC)、佐藤早也伽(積水化学)に次ぐ5人目となる。

木村のそれまでのベストは17年の15分12秒47で、以降はケガなどもあり昨年は15分51秒92など不調の時期も長かった。今季は9月に15分15秒70をマークして復調気配を見せると、10月のプリンセス駅伝で1区区間新、先月のクイーンズ駅伝では1区2位でチームの2位に貢献した。

前日に日本陸連アスレティックス・アワードに出席していた田中も帰京して出場。15分04秒10と自己6番目の好タイムをマークした。また、3000m障害でも活躍する森智香子(積水化学)が15分21秒42の大幅自己新と、クイーンズ駅伝優勝に貢献した勢いをトラックにも生かした。

同レース1着はカマウ・タビタ・ジェリ(三井住友海上)で15分00秒68。

■女子5000m日本歴代5傑+1
14.52.84 廣中璃梨佳(日本郵政グループ)21.8.2
14.53.22 福士加代子(ワコール)05.7.8
14.55.83 新谷 仁美(積水化学)20.9.20
14.59.36 萩谷  楓(エディオン)21.9.26
14.59.93 田中 希実(豊田自動織機TC)21.7.30
15.02.48 木村 友香(資生堂) 21.12.10

※記事を訂正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com